『宋書複音詞研究』


万久富『《宋書》複音詞研究』(鳳凰出版社、2006)を読んで、勉強になりました。487年、沈約という人の書いた、『宋書』という歴史書がありますが、この書物に用いられている熟語に関する研究です。

本書の第五章「《宋書》聯合式同素異序複合詞」の第三節「聯合式同素異序複合詞発展的内在機理」という一節が私の興味を引きました。

漢語では、しばしば同義・類義・反義の2文字を組み合わせて2字の熟語を構成するのですが、その際、第1字目に置かれる文字に関して法則性がある、というおはなしです。「平坦」というときの「平」も「坦」も似たような意味ですが、漢語では「坦平」とはいわない。これは何故か、という問題です。

 張鴻魁「〈世説新語〉并列結構的字序」は、「并列結構の字序は、第一に、そして主には声調により決定される。声調の規則というものが客観的に存在する」といい、「同じ声調に属する字の并列結構においても、字序は自由に置き換えられず、声調の規則の下に、さらにもうひとつの習慣、ないし規則が字順を制約している。字序を制約しているのは、声母の要素であり、我々はこのように声母が字序を制約していることを「声序規則」と呼んでいる」という(『魏晋南北朝漢語研究』281頁、286頁)
張氏は前後の文字の確率統計に基づいて、以下の結論を導き出した、「一般的に「前清後濁」であり、「明」類の字(「明」母、「微」母、「泥」母、「疑」母)は多くの場合、後ろに置かれ、「影」母の字は多くの場合、前に置かれる」など、と。
李思明「中古漢語并列合成詞決定詞素次序諸因素考察」は、「并列合成詞の詞素の配列順序に対して影響をもつのは、まず第一に声調、次に声母で、韻母はいかなる作用も及ぼさない」という(『安慶師範院社会科学学報』1997年、第1期)。 (万久富『《宋書》複音詞研究』より)

本書の著者である、万久富氏は、『宋書』に見えるさまざまな語彙のうち、後世、使用されなくなってしまった語彙を検討しているのですが、その結果、以上の原則から外れるもの(「源淵」「泄漏」など)が、多く淘汰された、という結論を導いています。

漢語の語彙を考えるについて、実に興味深い視点です。同義語・反義語を組み合わせた熟語について、いろいろと考えてみることが出来そうです。

*Webcatによると、所蔵図書館は、7館(本日付)。

広告

「『宋書複音詞研究』」への4件のフィードバック

  1. 声調の規則には声調がことなる字が並ぶ場合にある声調の字のほうが前に来る、といったことも入るのでしょうか?

  2.  そのとおりです。平・上・去・入の順に優先順位があるといわれています。『史記』と『漢書』とを並称する場合、「史(上声)漢(去声)」といいますが、司馬遷と班固のことを並称する場合は、「班(平声)馬(上声)」といいます。声調の順位は、かなり決定的だと考えられます。
     その古い証拠として、『世説新語』排調篇の「諸葛令・王丞相共爭姓族先後、王曰「何不言葛・王、而云王・葛?」令曰「譬言驢馬、不言馬驢、驢寧勝馬邪?」」というのがこれに当たると言われます。
     以上のことは理解していたのですが、声母の清濁に優先順位があること(「前清後濁」)については知りませんでしたので、紹介した次第です。「陰陽」をなぜ「陽陰」といわないのか分かりました。

  3.  陰陽の言いかたにも由来があったんですね!ちなみに双声語や疊韻語は、字の意味はあまり関係がない結果ここではあまり関わらないでしょうか?
     すこしずれますが、陰陽思想は意外とまとめられた本などがない気がしますが、何か先生のおすすめのものはありますでしょうか。
     マーカー派になりましたので万氏のは購入を計画しています。 

  4.  由来と言うよりも、中国語として発音のしやすさから、特定の語順が好まれる、ということです。そういうわけで、双声・畳韻語ももちろんその範囲でしょうね。『聯綿字典』でも当たってみると面白いかも知れません。
     私見ですが、思想とか文学とかは、まとめたり概説したりしても、少しも面白くありません。よく勧められるのは『中国思想文化事典』『岩波講座東洋思想』あたりでしょうね。面白いと感じる論文などがあれば、このブログでいずれ紹介しましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中