戸川芳郎「〈礼統〉と東漢の霊台」


 たまたま借り出した安居香山氏編『讖緯思想の綜合的研究』(国書刊行会, 1984)。科研の報告書であるが、楠山春樹氏・吉川忠夫氏の論文など、非常にレベルが高い。性質上、「これで讖緯思想が網羅される」といったものではないが。

 特に私の目を引いたのが、戸川芳郎氏「〈礼統〉と東漢の霊台」。タイトルのとおり、『礼統』というあまり知られていない礼学文献と、後漢時代の「霊台」と呼ばれる施設を考証した論文。「論文の体をなしていないのではないか」という批判もあるかも知れないが、文献考証が冴えわたり、さすがに考察が緻密。

 類書の用い方に妙味があり、勝村哲也氏の『修文殿御覧』研究(「修文殿御覧天部の復元」、『中国の科学と科学者』京都大学人文科学研究所, 1978)を引用して、類書編纂者たちの心理にせまっている。勝村氏の論文をかつて読んだ時の感動も再現された。

*『讖緯思想の綜合的研究』 Webcat所蔵図書館 62館(本日付)。
*『中国の科学と科学者』 Webcat所蔵図書館 78館(本日付)。

広告

「戸川芳郎「〈礼統〉と東漢の霊台」」への2件のフィードバック

  1. 戸川・勝村氏のをみました。結構硬派ですね。勝村氏の文献の復原には、先生のおっしゃるとおり、感動いたしました。
     上の方のエントリーにかかわるものですが、ウェブに、http://wine.wul.waseda.ac.jp/search*jpn?/X{213972}{21406d}{213a6c}&l=&m=&searchscope=12&Da=&Db=&SORT=D/X{213972}{21406d}{213a6c}&l=&m=&searchscope=12&Da=&Db=&SORT=D&SUBKEY=%9BL%90U%8F@/1%2C4%2C4%2CB/frameset&FF=X{213972}{21406d}{213a6c}&l=&m=&searchscope=12&Da=&Db=&SORT=D&3%2C3%2C
    というのがありました。ここの姚振宗も同じ人物でしょうか?。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中