The Writing of Official History Under the T’ang


『ケンブリッジ中国史』(“The Cambridge History of China”)の編者として、つとに有名な碩学、トゥウィチェット氏の著書、唐代に編纂された歴史記録を網羅的に研究したものです。

Denis Twitchett, 
The Writing of Official History Under the T’ang,
Cambridge University Press, 1992

トゥウィチェット氏が中国の史書に向ける視線は明確です。

 The modern historian concerned with the earlier periods of Chinese history remains heavily dependent on the material contained in the standard dynastic histories. It is therefore essential for him to subject the texts of these works to the most rigorous critical scrutiny, for they are rarely the simple product of a single author or group of compilers that they appear to be at the first sight. (p.3)

単純な史料理解を排除し、史料の複雑さを厳密に吟味しようとするその姿勢は、目録学の精神にも合致します。

その全体は、第1部「官的組織」、第2部「歴史記録の編纂」、第3部「旧唐書」から構成されています。第1部で史書編纂の制度的な枠組みを明瞭に記し、第2部では種々の歴史記録具体的な編纂過程、いずれ正史へと組み上げられるべき諸資料の成り立ちを示し、第3部では『旧唐書』が形成された過程を遡ります。きわめて安定した構成と言えましょう。

もっとも大きな紙幅が割かれているのは第2部で、ここでは唐が国家として編纂した諸記録、「起居注」(第4章)、「内起居注」(第5章)、「時政記」(第6章)、「日暦」(第7章)、「伝記」(第8章)、「諸機構の歴史、類書、及び文書の蒐集」(第9章)、「実録」(第10章)、「国史」(第11章)、といった記録・歴史書の編纂の過程が詳しく論じられています。網羅的な研究にありがちな、単に正史・会要から該当個所を抜いたようなものとは大きく異なり、周到な考察が加えられ、いちいち、うならずにはおれません。

出色は、第9章でしょう。史館に籍を置く史官、そして起居郎などの専門的に記録を司る担当者以外にも、唐代の官僚機構において、さまざまな職務の人々が歴史記録を編纂したことを逐一追っています。たとえば、類書、後に正史の「志」になる記録、壁記など、見落とされがちな部分を詳しく取り上げています。

粛宗の乾元年間(758-760)、柳芳が完成させた『国史』に「志」の部分が含まれていたこと、その後も「志」相当の書物の編輯がさまざまに続けられたことなど、非常に興味深く読みました。

個別の編纂についての細部がしっかり記述されているのみならず、構成がよく練られているため、その細部を通して「唐の公的な歴史編纂」の全体像が浮かびあがります。細部と全体とに向けられた興味のバランスが絶妙の一冊です。

“The Writing of Official History Under the T’ang” Webcat所蔵図書館 17館(本日付)。
薄いのに高い書物です。このシリーズはすべてそうなのですが。こういうものこそ、所属先の図書館、公共図書館に申請して購入してもらいましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中