姚名達、第三の目録学研究書


姚名達(1905-1942)の目録学研究をこれまでも何度か取り上げており、『目録學』と『中國目録學史』についてはすでにお話ししました。

『目録學』と『中國目録學史』の両書を書いた後、姚名達はもう一冊、目録学研究を編集しています。姚名達『中國目録學年表』(商務印書館,國學小叢書,1940)が、それです。

時系列に沿って並べると次のようになります。

  • 1932年 上海事変で商務印書館が被災。姚名達の原稿がすべて焼失。
  • 1933年 姚名達『目録學』(商務印書館,萬有文庫)。
  • 1938年 姚名達『中國目録學史』(商務印書館,中國文化史叢書)。
  • 1940年 姚名達『中國目録學年表』(商務印書館,國學小叢書) 。

姚名達は、学術史を年表のかたちで示すことはきわめて効果的であると信じていました。『中國目録學年表』の序文には、次のようにあります。

 年表の用は、学術史中に在りて尤も顕たり! 蓋し時を同じくして並存すれば、則ち彼と此との交光互影は、一望にして知るべく、先後順序すれば、則ち古今の淵源流派は、参考すること得べし。……。著作の成毀、学者の生平を挙凡せば、学術と関有るの時事は、年月を按じて之を序列すべからざる莫し。之を小にせば則ち一人一書の出没を考すべく、之を大にせば則ち一時一代の大勢を悟るべし。学術の年表有るは、其れ猶お簿記の日記帳有るがごときか。

姚名達自身は年表の起源を『史記』の「十二諸侯年表」に求めていますが、政治ならぬ学術を年表に仕立てようとは、創意工夫にあふれた姚名達らしい発想です。その内容については、あらためて書いてみたいと思います。

*姚名達『中國目録學年表』(商務印書館,國學小叢書,1940) Webcat所蔵図書館 8館(本日付)。
*姚名達『中國目録學年表』(臺灣商務印書館, 人人文庫,1967. 臺1版) Webcat所蔵図書館 7館(本日付)。
*姚名達『中國目録學年表』(臺灣商務印書館, 人人文庫,1971. 臺2版) Webcat所蔵図書館 4館(本日付)。 私の使っているのは、この版です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中