朱起鳳の略伝


先日、ご紹介した、陳玉堂『中国近現代人物名号大辞典』によって、『辞通』を書いた朱起鳳の略伝をメモしておきます。

 朱起鳳(1874-1948)、浙江省海寧の人。アザナは丹九、室名は古歓斎(『古歓斎雑識』の稿本があり、中に章太炎の『菿漢大師聯語』未収の対聯を収める)。光緒十八年の廩生、硤石図書館館長・海寧国学専修館教員などを歴任。
後に、中国同盟会に加入し、武昌革命(1911年)が起こると、鉄道の専門家、徐策は北伐軍に協力して北上し、長江一体に鉄道大隊を組織したが、この時、朱起鳳は秘書に任じられた。民国元年(1912年)、津浦鉄路南局秘書に任じられた。後に、袁世凱討伐運動に参加。
第二次革命(1913年)の失敗後、郷里に退居し、門を閉ざして著述を行った。三十年の年月をかけて巨著『辞通』を完成させた(1982年、重印本の呉文祺「重印前言」に詳しい)。さらに『字類弁証』の著作がある。次男は呉文祺。

大動乱の中で学問・著述を行った、前世紀の学者たちには、本当に頭が下がります。彼らと同じくらいの真剣さで学問に打ち込みたいものです。

呉文祺の「重印前言」は未見ですが、もし有益な記述が有れば、あらためてご紹介します。

*朱起鳳撰『辭通』,續編:呉文祺主編; 呉君恒, 鍾敬華, 呉嘉勳編撰(上海古籍出版社, 1982) Webcat所蔵図書館 77館(本日付)。

広告

「朱起鳳の略伝」への4件のフィードバック

  1. 古勝 隆一先生
                            2012年2月25日
    前略。
    ◎「古飮齋」、「古歡齋」。
    「筆名大王」は「古飮齋」ですか?以下のサイトには「古歡齋」となっています。『古歡齋雜識』なる書物は何処に?

    http://tea.ntue.edu.tw/~sun0761/teach/paper/3-11.htm
    http://www.mh.sinica.edu.tw/MHDocument/PublicationDetail/PublicationDetail_65.pdf

    藤田 吉秋・Eメール・toubokuji@nifty.com

    1. 藤田さま

      ご訂正、ありがとうございます。しばらくの間、調べ物ができない環境に身を置かねばならず、思うようにお答えできませんが、お待ちいただければ、必ずお返事いたします。ご迷惑をおかけしまして、申しわけございません。

      学退上

  2. 古勝 隆一先生
                            2012年2月26日
    前略。
    ◎『古歓斎』が正しいようです。
    『辞通』の「後記」に、

    當以餘年更撰『辭通訂誤』、與『古歡齋讀書雜誌』同時問世、以蓋吾愆焉。

    とありました。また、呉文祺氏「重印前言」には、

    寫作『辭通』的原因、先父『辭通自序』曾簡單地提及。現在根據先父遺著『古歡齋雜識』(未刊)再補充一點資料。

    と記されています。
    さて、「『辞通』撰述の直接の動機」につきまして、先生の訓読は、

    巻中に「徴用して首施両端」なる者有り、以て筆の誤りと為し、これを輒代更正するに、院を合して大いに譁し、

    となっています。しかし、『後漢書』の文章は「首施両端」(『辞通』P.1220)、「徴用」は「❷引用」(『漢語大詞典』3-P.1078)、「更正」は「改正已発表的談話或文章中有関内容或字句上的錯誤」(『漢語大詞典』1-P.527)、「合(古訓・コゾル)」は「全。合城=町全体。合村=村中」、などからあえて訓読すれば、

    巻中に「首施両端」を徴用する者有り、以て筆の誤りと為し、輒ち代わってこれを更正するに、院を合(こぞ)って大いに譁し、

    となると思います。書院中、大騒ぎになったのは、光緒21年、1895年、朱氏22歳、外祖・呉浚宣に代わっての課巻評閲の時。「他日付之梨棗、傳播藝林、未始非曩時一罵之力也。古人謂『美我疢疾、惡我藥石』、斯言豈不信哉」(『古歡齋雜識』)。以上の妄評、どうか「薬石」と思し召してお許し願います。
    藤田 吉秋・Eメール・toubokuji@nifty.com

  3. 藤田さま

    このところ、ずっと多忙にて、お返事差し上げられませんでした。お詫びいたします。

    さて、ご批正、まことにありがとうございます。まず第一に、「古歡齋」の誤字は、もちろん私の誤りです。訂正いたします。次に、「徴用」も私の誤解ですので、訂正いたします。次に「輒代」は『漢語大詞典』に「擅自替代」と釈し、『顏氏家訓』文章篇の「凡代人爲文,皆作彼語,理宜然矣。至於哀傷凶禍之辭,不可輒代」を引きますので、熟語と見まして、訓読すれば「輒(ほしいまま)に代(か)わる」であろうかと思いましたが、「更正」ともども訓読せずにおいた次第です。なお、「更正」「合」の理解は、ご指摘のものとかわりありません。

    誤りのあったところは、訂正いたします。注意深くご検討くださいまして、心より感謝いたします。

    学退上

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中