『辞源』合訂本の思い出


私がもっとも愛する辞書として前回、その名を挙げた『辞源』ですが、これは民国時代に商務印書館が出して以来、長い歴史がありますから、買う時には注意が必要です。

私の推薦している『辞源』は、1979年に出た「修訂本」のことです。それ以前の版、及び台湾から出ているそれらを影印した版は、買わないでください。

1979年の「修訂本」は4冊でしたが、その内容を1冊本にしたのが、くだんの「合訂本」です(1988年が初版。一足早く、香港から1987年に同じ内容の「合訂本」が出ました)。

私はこの「合訂本」を2冊引きつぶし、現在、3代目を使っていますが、製本面から言うと、香港版が一番、長持ちしました。もしコンディションのよい香港版が入手できそうでしたら、お勧めできます。

学部生の頃、初めてこの「合訂本」を買い嬉しくて嬉しくて、毎日、大学に持参していました。ある先生に「『辞源』の1冊本?それだと老眼になった時に困るよ。かさばるけど、4冊本を買うべきだった」と言われました。しかし、当時から、私はその辞書を引きつぶすことを確信していました。

「引きつぶす」といっても、ピンとこないかも知れません。まず、かかっているカバーが破れ、捨てざるを得なくなります。そのうち、堅い表紙が表裏とも外れます。すると、表側の「難検字表」とか、裏側の付録類が1枚1枚外れてゆきます。だんだん薄くなってくるんです。さらに「一」の字の説明とか、索引がとれはじめ、同時に、本が手垢で汚れ、汗臭くなります。こうなると、もう「引きつぶした」状態です。新しい本を購入すべきタイミングと言えましょう。

製本屋に頼んで、ビニールのカバーに付け替えてもらうと、長持ちするかも知れません。一度、試してみるつもりです。

ただ、もしかすると、製本にはこだわらなくてもよいかも知れません。私みたいに『辞源』ばかり引いている人間をあまり見たことはなく、私の使用頻度が多すぎるだけかも知れないので。

【追記】現在、『辞源』の1冊本を新本で求めることはできないようです。商務印書館のホームページを見ると、現在は2冊本になっているようですね。
http://www.cp.com.cn/scrp/bookdetail.cfm?iBookNo=3769&sYc=1-9
これをお買いになるのも、一法ではないかと思います。 ただ、持ち運べませんが。

広告

「『辞源』合訂本の思い出」への4件のフィードバック

  1. 『辞源』合訂本、引きまくっていました。もうひきつぶした状態ですが、だましだまし引いています。私も買った時うれしくって学校にもっていき、先生より同じコメントを頂戴しました。当時は無人島に持って行くなら『辞源』!と思っていました。

    なんだかデジャヴュのようで、ブログを拝見した時はびっくりしました。

    1. 猫頭鷹さん、初めまして、こんちには。思いがけず『辞源』愛好家のお声をうかがえるのは、ネットならではのものですね。同じ思い、同じ経験を共有する方がいらっしゃるのだと思うだけで、うれしくなります。「だましだまし」という感覚は、非常によくわかります。
      さて、ハンドルネームを拝見して、わたしも猫頭鷹さんにびっくりしました。というのは、先日、中国人の先生とご一緒して奈良の平城宮あとを見学していたら、そこにフクロウを肩に乗せたご婦人が散歩なさっていたのです。ペットのフクロウを肩に乗せて散歩する方をはじめて見かけました。中国人の先生は「この鳥は中国語で何というのか?猫頭鷹か?」と私に聞かれました。ご婦人が「コノハズクです」とおっしゃっていたので、コノハズクを中国語で何というのかな、などと迷ってしまい、適切なお返事ができませんでした(後で調べると、コノハズクは「角鸮」というようです)。最近、そんな「猫頭鷹」体験があったので、驚いた次第です。

  2. 学退さま。ご挨拶がおくれました。はじめまして、こんにちは。勢いにかられてのコメントへのご返信ありがとうございます。まだ全部は拝見していないのですが、学退さまのブログをさまよって、気が引き締まったり、うれしくなったりいろいろしております。
    それにしてもコノハズクを肩にとまらせた方とは驚きました。中国人の先生もさぞびっくりなさったことでしょう。角鸮は猫頭鷹よりも少し小型なのですね。
    宵っ張りなので猫頭鷹を俗にいう言い方の“外号”をつけられてから気に入って普段使いし、ちょっと気張った時に猫頭鷹を使っています。中国では言わないようですが木兎とも称しています。
    『辞源』とともに引き倒したのが『漢語大字典 縮印本』です。表紙はもう幽体離脱状態。2代目を用意してはあるのですが、引き倒した辞書の引きやすさにやはり、だましだまし使っています。これも老眼になったら辛いでしょうね。

  3.  猫頭鷹さま、コメントありがとうございます。『漢語大字典』は、人様に紹介できるほどは使ってきませんでしたので、このブログでとりあげたことはないのですが、よい字書だと思います。どうしても引き当てられない字を調べたり、簡便に字体の変遷を見たいときにちょっと引く程度でした。これからは、もっと積極的に使ってみたいと思います。
     今後とも、よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中