『辞源』を三度、通読した男


世の中、すごい人がいるものです。今日は、『辞源』を三度も通読した人のお話です。

その人は、田忠侠氏(1938-)、現職は黒竜江省文史研究館の館員とのことです。彼は、『辞源』(修訂本)を熱愛し、次のように語っています。

 人の生命、以て誕育し成長し興旺し発達し、乃至は延続するを得て、須臾も或いは離るべからざる者は、布帛菽粟、是(これ)なり。学人、既に学術の王国に居り、新知を求めんが為に、異境を探索し、而して宝山に往き、乃ちその源を究め、その委を竟(きわ)めんと欲さば、必ず『辞源』を検す。則ち『辞源』なる者は、学人の布帛菽粟にして、須臾も或いは離るべからざる者なり。
 その滋養に頼りて、乃ち勇力を獲、宝山に至り、その璞を得るなり、その璞を理(おさ)めて宝を焉に取る。是を以て学術文化、これが為に進歩するなり。則ち『辞源』の人類文化の進歩事業を促進せんが為の功、亦た大なるかな!(『辞源通考』自序)

「人類文化」というのは、いかにも大げさであるにせよ、少なくとも中国文化を学ぶ「学人」にとって、『辞源』が不可欠の「布帛菽粟」であるとは、私も首肯するところです。

しかし、この田忠侠さん、ただ『辞源』を愛用する一読者たるにとどまりませんでした。

 固(もと)より然り、師は完人に非ず、経典も亦た完帙には非ざるも、真理は尤も完善たるを須(もち)いる。後学(わたくし)の『辞源』修訂本、その書におけるや、朝夕に誦悉し、未だ嘗て廃離せず、嘉恵を恭承する者は固より多し、然れども亦た偶々その失を見、即ち幽眇を張皇し、罅漏を補苴し、その逮(およ)ばざるを匡(ただ)し、その完善を臻(いた)さんと欲す。(『辞源通考』自序)

こうして、ついに田氏は『辞源』を通読しつつ、『辞源』のキズを修理しようと思い立ちます。そして、実に三度の通読を果たされたというのです。一度目の通読(1979-1986)の成果として『辞源考訂』(東北師範大学出版社, 1989)を、二度目の通読(1987-1990)の成果として『辞源続考』(黒龍江人民出版社, 1992)、そして三度目の通読(1991-1999)の成果として『辞源通考』(福建人民出版社, 2002)を著されたのです(『辞源通考』緒論による)。

『辞源』を愛し、そして『辞源』を愛しているからこそ、人生の多くを『辞源』の考正に捧げられた、田氏の生き様に、同じ『辞源』修訂本を愛用する者として、深い敬意を抱かずにはおれません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中