父か子か


 田忠侠氏のひそみにならい、昨日気づいた『辞源』の誤りを一つ。

 愛用の『辞源』(合訂本)で「鴻荒」の語を調べました。意味は「謂太古,混沌初開之世」とあり、さらに書証が二つ、揚雄『法言』と、そして「魯靈光殿賦」が挙げてあります。

『文選』王文考(逸)「魯靈光殿賦」:“鴻荒朴略,厥状睢盱。”

 さて、『文選』は先秦から六朝までの名家によって著された、韻文・散文の珠玉を集めたものですが、作家の名前は、基本的に姓と字(あざな)で記してあります。姓と名でしか、その人物の名前を知らない場合、案外、不便です。そこで、唐の李善がとても丁寧な注を付けてくれています。たとえば、『文選』冒頭の作品は「班孟堅」による「兩都賦」ですが、この人物に対し、李善は「范曄『後漢書』曰:班固,字孟堅,北地人也。……」と『後漢書』を引いて解説します。これで、「班孟堅」が班固であることが分かるという算段です。

 では、『文選』巻十一に収められる「魯靈光殿賦」の作者、「王文考」は誰なのか? 李善注を見てみましょう。

 范曄『後漢書』曰:王逸,字叔師,南郡宜城人也。子延壽,字文考,有雋才,遊魯作「靈光殿賦」。後蔡邕亦造此賦,未成,及見延壽所為,甚奇之,遂輟翰而止。後溺水死,時年二十餘。
 范曄『後漢書』に曰く:王逸,字は叔師,南郡宜城の人也。子の延壽,字は文考,雋才有り,魯に遊びて「靈光殿賦」を作る。後に蔡邕も亦た此の賦を造るも,未だ成らず,延壽の為す所を見るに及びて,甚だ之を奇とし,遂に翰を輟めて止む。後に水に溺れて死す,時に年二十餘なり。

 落ち着いて読めば、「魯靈光殿賦」の作者が、王逸の息子の王延壽という人物であることが分かります。ところが、『辞源』のこの条を書いた人が慌てていたのか、出だしに「王逸」とあるのに飛びつき、「王文考(逸)」という事実に反する記載が生じたのでしょう。

 この「魯靈光殿賦」はたいへんに有名な作品で、建築を描写した作品としては、中国史上、最高のものです。王延壽は早くに亡くなったため、わずかにこの賦によって知られるのみですが、それさえも有名な父親の手柄とされてしまっては、さぞかし無念なことでしょう。

『千字文』を学び終えて


 私の書いているもう一つのブログ、「文言基礎」では、漢語の文言文を初歩から学びたい人に向けて、ほぼ一年にわたり、『千字文』の学習を続けてきましたが、このほど、2009年11月12日、『千字文』を学び終えました

 『千字文』に登場する1000字の漢字をひとつひとつ『新華字典』で確認し、発音と意味とを覚え、そして『千字文』を暗誦する、というものです。読者の皆さんにご支持いただき、続けられました。学習を終えられた方が何人もいらっしゃいます。

 私は語学教師の経験もないのですが、文言学習の方針は、ある程度、初めから明確でした。それは、「中国語音を無視せず、暗誦を重んずる文言学習」です。そのための理想の教材が『千字文』、というわけです。私の方針を信じて下さり、学習を続けられた方に、心から感謝いたしております。

 学習を終えられた方は、もう、文言文の基礎は固まりました。あとはお好きな読み方で、お好きな文章を読まれ、さらに文言文に親しんでいただくだけです。文言文の世界は、果てしなく広がる海ですから、必要な知識もいろいろです。これらの方をサポートするために、本ブログ「学退筆談」でも、いろいろな話題を取り上げていきたいと思っています。

 これまで取り上げた「目録学」「訓詁学」以外にも、「校勘学」「書誌学」などの本についても書いてゆきたいと思っています。それら文献学的な方法論のみならず、これからは思想や文学、歴史の書物をも語ってゆくつもりです。

 読者の皆様のさらなるご支持をお願いします。

横書きゆえの誤り


 先日、このブログで取り上げた『辞源通考』(福建人民出版社, 2002)には、「技術失誤挙例」という部分があり、『辞源』第1冊には64条、第2冊には47条、第3冊には97条、第4冊には66条と、『辞源』の単純な誤りを指摘しています。

 この「技術失誤挙例」を使って、愛用の『辞源』を訂正してみました。「吉」の音が”ji4″となっている(正しくは”ji2″)ことなど、はっきりとした誤りも多く、訂正は有益でした。そこでひとつ、『辞源』の面白い誤りを知りました。

 それは、「産業」の項目に引かれている『史記』六九、蘇秦列傳の引用です。正しくは「今子釋本而事口舌,困不亦宜乎」とあるべきなのに、「口舌」の二字が、なんと「咶 (口偏に舌)」一字となっているのです!

 これは、縦書きならば決して起こらない類の誤りです。横組みでは、しばしば生じる誤りですが、まさか『辞源』修訂本にそれがあるとは思いませんでした。

 ちなみに、「口舌」の項にも蘇秦列傳の同文が引用されていますが、そこでは誤っていません。

評価ということ


 昨日、ある場所で加藤秀俊氏の講演を拝聴。お話をうかがうのは初めてだったが、思わず身を乗り出した。

 学問の評価という問題をめぐって発せられた、「こんにちほど批評というものがおとろえた時代はない」という警抜な一言に慄然とした。文芸批評・美術批評・建築批評の低迷。学問を評することについても、もちろん、寒々しい状況は同じである。

 加藤氏は「誰が評価するのか」と問いかけられた。各種の賞、各種の助成金がたくさんあるにも関わらず、多くの場合、この「誰が評価するのか」が明らかにならない。

 多くの書評はあっても、書物の核心に斬り込み、読者の印象にのこるほどのものが、どれだけあるだろう。

 「目利き」が口を閉ざしているのが、今日の状況ではないのか。

『辞源通考』


田忠侠氏(1938-)の『辞源』研究は、『辞源考訂』(東北師範大学出版社,1989)、『辞源続考』(黒龍江人民出版社,1992)の二書を経て、『辞源通考』(福建人民出版社,2002)へと結実しました。

 第一の『辞源考訂』で指摘された『辞源』の問題点は、1103点。
第二の『辞源続考』では、1722点。
第三の『辞源通考』では、7175点。

このうち最も新しい『辞源通考』は、前二書の成果を取り入れ、新たに4350点の考証を加えて、集大成としたものです。

田氏の方法は、『辞源』の誤りや不適切な部分を指摘し、入念に検討するというものです。「これを愛することいよいよ深く、これに求むることいよいよ切なり」(『辞源通考』緒論)というわけで、愛するがゆえのことです。問題の条数は7175条ですが、まとめていうと次の15点、とのことです。

  1. 「立目失当」。立項が不適切。
  2. 「音項残缺、致音義不符」。音の項目が欠けており、音と義とが符合しない。
  3. 「釈義欠妥」。釈義が適切でない。
  4. 「釈義不全、或義項闕失」。釈義が完全でない、あるいは義の項目が欠けている。
  5. 「徒挙書証、或概述典故、而失注語義」。ただ書証を挙げたり、あるいは典故を大体述べるだけで、語義の説明がない。
  6. 「溯未及源」。源にまで溯っていない。
  7. 「書証与詞目、釈義不相応」。書証と詞目、釈義とが符合していない。
  8. 「書証時代、作者、書名、巻次、篇目誤称」。書証の時代・作者・署名・巻次・篇目が誤っている。
  9. 「妄改古書、強経合己、不務我注六経、乃欲六経注我」。勝手に古書を改め、本文を自分に合わせて、自分が書物に注釈するのでなく、書物の方が自分に注するような態度をとっている。
  10. 「書証引文不確」。書証の引文が不正確。
  11. 「引書軽視虚詞、時或奪誤」。書物を引用する際、虚詞を軽視し、時として誤りがある。
  12. 「引古書誤施標点」。古書を引用する際、誤って標点を施している。
  13. 「行文失于縝密」。文章が緻密さを欠く。
  14. 「釈文体例不一、亟待厳明」。釈文の体例が一貫しておらず、すぐにも厳格化・明確化する必要がある。
  15. 「技術失誤」。技術上の過誤。

これだけの数の「誤り」があるとすると、『辞源』とはたいへん問題の多い辞書なのではないか、と思われるかもしれません。しかし、それは本書『辞源通考』を見ていただければ分かることですが、すべてが『辞源』の誤りというようなものではなく、むしろ、中国文献学の豊穣さゆえ、多くの問題が潜んでいることを浮き彫りにしていると思われます。

田氏の考証も、すべてが絶対に正しいというわけにもいかぬようですが、これほど多くの問題点を指摘できるだけでも、特異な才能と言うべきでしょう。

*『辞源考訂』(東北師範大学出版社, 1989) Webcat所蔵図書館は11館。
*『辞源続考』(黒龍江人民出版社, 1992) Webcat所蔵図書館は28館。
*『辞源通考』(福建人民出版社, 2002) Webcat所蔵図書館は12館。

『辞源通考』 の続きを読む