『わが子に伝える「絶対語感」』


 外山滋比古『わが子に伝える「絶対語感」』、お母さんのための育児書です。ほこりをかぶっていたのを取り出して読んでみました。

 外山氏は、洞察力に満ちた学者です。ご専門の英文学に基づく斬新な考察には、うならされることが多く、日頃から深い敬意を抱いています。妻の書架に並んでいるこの本も、もちろん気にはなっていました。

 もっとも、「子どもが生まれた頃に、この本を読んでおけば」という後悔はありません。というのは、幼児の学習について、私も同じような考え方をもっており、それを子育てとして実践してきた自負があるからです。

 人間にとって決定的に重要なのは、「ことば」である。この一点こそ、私が外山氏に限りない共感を抱くところです。

こどもの教育では、こころを育む、ということがしきりにいわれます。しかし、いったいどうしたら豊かな心が育つのかについては、かならずしもはっきりしていません。なにもわからないまま、ただこころ、こころと言っているにすぎないのです。(p.40)

 そこで、「こころ」に飛躍する前に、まずよき「ことば」を身につけよ、というわけです。実に頼もしく感じられます。

 外山氏が「耳のことば」と呼ぶものは、気づく人も少なく、特に重要です。

「耳のことば」の軽視は、日本人の特徴といえるでしょう。現代に限らず、昔から、日本人は、耳よりも目のことばを上位においてきたために、欧米人などとくらべると、聴覚的理解力が劣っていると考えられます。つまり、耳がよくないのです。話を「聴く」ことが下手なのです。つまらないことならともかく、こみ入った、むずかしい話を聴くことが、なかなかできないのです。もちろんこれは、耳の訓練を受けていないから、そうなるので、幼いときに、しっかり聴くしつけをしておけば、こんなことにはならないはずです。(p.29)

 そのほかにも、未知の領域を読解できる本物の読書力のこと、素読の効用、話しことばの速度、縦書き横書き問題など、「ことば」にまつわるさまざまな論点を提示しています。総じて、外国語を会得した人にしか考えつかない議論、と思われました。幼児の言語習得のみならず、大人が「ことば」を見直すのによい本です。

 少しばかり残念なのは、本書を構成する四章のうち、私の関心を引くのは、第一章「だれにもある「絶対語感」」、第二章「耳のことば、目のことば」のみであり、第三章と第四章は、「ら抜きことば」をはじめとする「現代のことばの乱れ」を指摘するにすぎず、わざわざ外山氏がおっしゃることでもないように思われたことです。

 *外山滋比古『わが子に伝える「絶対語感」: 頭の良い子に育てる日本語の話し方』(飛鳥新社, 2003) Webcat所蔵館、110館(本日付け)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中