十師友


一、辞源修訂本
心から尊敬できる師匠です。慈愛に富み、どんな疑問にも真摯に答えてくれます。おっしゃることは精確で、軽口をたたくことはありませんが、かといって近寄りがたい先生ではありません。いつでも穏健な口調で答えてくれます。

二、新華字典
円満な人格をもち、子どもから専門家まで、どんな人の相談にものってくれる頼もしい人です。証拠がどうの、歴史がどうのといった、学者ぶった言い方をしないので、軽んじてバカにする半可通が多いのは残念です。本当はものすごい学識を持った方なのに。この人には、漢英双解という名の弟がいて、弟の方はバイリンガルですから、外国人にとっては、よりつきあいやすい人物だといえます。

三、辞通
つきあいを始めた頃は、「うがったことをいう、偏屈な先輩だな」という印象を持ちましたが、よくよく人物を知れば、至極、まっとうなことをいう筋の通った人です。今では、「この角度からの見方は不可欠!」と思って、よく質問します。辞源先生の口からは聞くことのできない古代語の説明をしてくれます。

四、聯綿字典
ものの考え方としては、辞通さんと近い立場の人です。話題が広く、資料を次々と示してくれるお話は、確かに面白いのですが、「眉唾ものかな?」と思わせる時もあります。辞通さんの話を聞いたついでに、ちょっと意見をうかがうことが多いです。

五、古代漢語虚詞詞典
中国語の中でも、難しくて微妙なニュアンスをもつことばに精通しています。賢い人で、説明も的確だとは思いますが、「もう少し教える工夫をしてくれると、もっと気軽に質問できるのにな」と感じています。

六、漢語大詞典
何しろ物知りなので、世界中の学者に頼られていて、人気があります。ただ、辞源先生門下の私としては、個人的には全幅の信頼をおくには至っていません。「収録語彙数が一番多いから、一番優れた辞書だ」と真顔で言う人は、馬鹿だと思っています。

七、辞海
ちゃんとした先輩です。常識的な知識を確認するために質問すると、「これくらいは正確に押さえておけよ!」と力強く答えてくれます。

八、経籍籑詁
堂々たる風格の老先生です。あまりにも格調だかいので、最初は気おされてしまいましたが、朗々たる訓釈に慣れてしまえば、いつ質問しても、「訓詁の真髄に触れることができた」という満足感を得られます。

九、ロングマン米語辞典
外国人にとって分かりやすい説明をしてくれますし、教える工夫にたけた人なので、気軽に英語の質問ができます。教わったことは確実に理解できます。

十、広辞苑
日本語をズバリと説明してくれる人が少ない中で、頼りになります。疑問があれば必ず聞くようにしています。時折、説明のために画いてくれるイラストも上品です。ただ最近は、調べ物をすることが多いので、日本語に関しては、日本国語大辞典さんによく質問します。

広告

「十師友」への6件のフィードバック

  1. 十師友半年ぐらいかけて結構そろえました。ところで以前吉川先生が二十四史を読破したというお話がありました。大量によむときに、辞書を引いたのを書き込む、メモをとりながらが行うなど、どういう作業の仕方が効率がいいかについて知りたいと思ったのですが教えてください。

  2.  二十四史というのは、さすがに大げさですよ。確認してみてください(まっつんさんのブログ、2009年8月20日の記事コメント)。
     私は、そんなにたくさんの分量の本を丁寧に読んだ経験はないのですが、次の方法をおすすめします。
     (1)気になった所などに、濃い鉛筆(B程度)で傍線を引きます。
     (2)本文と緊密に関係していて、非常に有益な知識などを小さな字で書き込みます。
     (3)方向性が決まり、注目すべきポイントが決まれば、マーカーを使います(ただし、長期にわたり同じ方針でマーカーを引き続けるのは、難しいので、よく考えてからの方がよいでしょう)。
     (4)それ以外の重要な調べ物は、B6版のカードに書いてゆきます。
     (5)辞書を引いた時は、特に書き写しません。辞書に印を付ける人もいて(鉛筆やマーカーで)、それもよいと思います。
     あくまで、これは私の方法ですので、万人向きかどうかは分かりません。ご自分の方法を構築してください。そうそう、何をお読みになるのですか?お知らせください。

  3. 実はまっつんさんの積読日記は隠れファンだったりします(本当に勉強になります)。どちらかというと漢書とか档案類とか読みたいとは思っております。ただ結構きまぐれですが・・。

  4. 昭夫さん、了解しました。また、何かありましたら、お知らせください。おっしゃるとおり、まっつんさんの読書には、頭が下がります(まっつんさん、へんなところで噂して申し訳ありません)。

  5.  まっつんさん、ようこそいらっしゃい。お体、大事にいたらず、本当に良かったです。どうぞご自愛下さいませ。
     「十師友」、楽しんでいただけましたか?書いている私も、楽しませてもらいました。擬人化すると、本当に親しい人間のように思えてきます。日々つきあうものですからね。また、コメント下さい。

  6.  風の噂が聞こえてきましたので、恥ずかしげもなく出てきてしまいました(苦笑)。
     xuetui 様、いつもコメントくださってありがとうございます。十師友のお話大変面白いです。私もこのうちの幾人かとお近づきになれましたが、なかなか親しくお付き合いさせていただくまでには至っておりません。それでも円満な『新華字典』さんとは、気軽に遠慮なく、どこでも質問できるぐらいの間柄にはなってたようです。友達感覚で返答してくれるうえに、なかなか音を上げないので、ついつい頼ってしまいます。他の方々とももっと距離が縮まればなと思っております。意外だったのが『広辞苑』で、出会う前は気難しいのかと思っていましたが、仰る通りズバリと教えてくれるので頻繁に質問しています。
     昭夫様、日記をご覧になってくださり、本当にありがとうございます。逆に、私は昭夫様とxuetui様とのやりとりを「勉強になるなぁ」と思って拝見しております。虚心坦懐、熱心に勉強をされている姿に感動しています。昭夫様のご質問のお陰で、xuetui様の読書方法も知ることができましたし。
     積読日記、あれこれ食い散らかし、中途半端を絵に描いたような日記ですが、これからも宜しくお願い致します。ツッコミ大歓迎でございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中