『敦煌経籍叙録』


 1900年、敦煌莫高窟から写本が発見されて以来、110年、敦煌学は大きな発展を遂げ続けています。近年においては、北京大学の栄新江氏、京都大学の高田時雄氏など、大きな影響力を持つ大学者もプレゼンスを示して、敦煌学は活況を呈しています。

  どの学問分野でも同じかと思いますが、学術的な研究が進めば進むほど、分野の細分化が問題として浮かび上がります。その分野全体を見渡すことが難しくなるのです。しかし、中国の学術においては、学術全体を見渡そうとする意志が存在しています。それが「目録学」であり、それゆえにこそ、目録学は「学術の史」と呼ばれるのです。

  敦煌学においても目録学が存在し、目録書が存在します。その代表が、王重民『敦煌古籍叙録』(商務印書館, 1958)です。王重民が欧州で敦煌文献を調査したのは1930年代ですから、この目録にまとめられているのは、その当時の成果を基礎としている、ということになります。このような比較的に若い学問分野においては、研究が日進月歩ですから、いくら優れた目録であったとしても、更新し続けることがどうしても欠かせません。その意味で、「敦煌文献の目録」として、王重民を超えるものが、長く出なかったのは残念なことでしょう。

  このような状況の中、2006年、世に問われたのが、浙江大学の許建平氏の手になる『敦煌經籍叙録』(中華書局)です。ここにいう「經籍」とは、経学の書籍、の謂いであり、この叙録は、敦煌から発見された文献のうち、経部の書物を網羅的に収めたものです。王重民の目録は、67件の経部書を収めていますが、許氏の目録は320件を収めているといいます。この数字を見るだけでも、大きな進展と言えそうです。これまで、経部の書物を見渡すことすら、容易ではなかったわけですから、その一点をとっても、大きな成果であるにちがいありません。

  同書は、著者の博士学位論文として蘭州大学に提出されたもので、1年足らずで書かれたそうです。しかし許氏が「後記」において、「ただ本書を書くためになした準備作業は、かえって私の十年まるまるの日月を費やしたのである!」とあり、その苦心のさまもうかがわれ、心打たれます。そんなに簡単に書かれたものでないことは、本書を見れば分かることです。

  叙録は、写本を整理し、ふさわしい書名を与え、解説を書き、先行研究を周到に紹介しています。著者が特に得意とするのは、複数の機関に分蔵されている写本の断片をつなぎ合わせる「綴合」ですが、目録中に写真を用いて綴合結果を示しているのには、説得力があります。また附録として、経書の篇目から写本の所在を確かめられる表(たとえば、『尚書』堯典に、何種類の敦煌写本が存在するか、一目瞭然、分かる表)や、先行研究の目録がついていることも、学界に資するところ大であるはずです。

  本書の「緒論」は、高い見識に基づいて撰述されており、特にその第2節に敦煌文献を用いた経学研究が総括してあり、一読の価値があります。その発展的な面のみならず、たとえば、呉福熙『敦煌殘卷古文尚書校注』について、はっきりと「退歩」と評しており、学術的に厳正な態度で書かれていることに、好感が持てます。

 *許建平『敦煌經籍叙録』中華書局, 2006年。Webcat所蔵図書館は13館。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中