1905年、楊樹達の日本留学


楊樹達像(湖南大学文学院) 楊樹達(1885-1956)、あざなは遇夫、号は積微、湖南長沙の人。「漢聖」(陳寅恪による)とまで称せられた漢代研究の巨人であり、また、清朝の小学と近代的な文法を繋いだ語言学者でもあります。

 その楊樹達が日記をもとに書いた回想録が面白い、という話は先輩たちから聞いていたのですが、ついつい機会を失していたのを、最近読み始めました。楊樹達『積微翁回憶録・積微居詩文鈔』(上海古籍出版社、1986年)。

 長沙の楊氏の家は、もともと豊かな農家であったそうで、本格的に学問を始めたのは楊樹達の父親の代から、とのこと。幼い頃、楊樹達は家庭教育を受けて育ちました。1897年、13歳の時、長沙に湘水校経堂が設立されると、楊樹達たちは、入学したいと思って見学にゆきますが、払う学費がありません。数学の授業を見ていた楊樹達が、従兄に向かって、「これは簡単だよね」と笑っていたのを学校の人に見つかり、特別試験を受けて特待生になったとのことです。

 同じ年の10月、湖南に時務学堂が作られ、その試験にも合格しています。毎日、午前中4時間は英語の学習、午後の2時間は国語の授業がありましたが、しかし、1日6時間の授業には体力的に耐えられず、やむなく中退。時務学堂自体も、1898年には解散してしまいますから、この時代、学校、受講生とも、中国の教育が不安定であったことが分かります。

 その後、時務学堂に代わって設立された求実書院などで学びますが、1905年、21歳の頃、友人の勧めや従兄の影響もあり、日本留学を希望するようになり、国費留学の試験を受けます。科挙を受けさせたがっていた祖父が反対しますが、「来年の郷試は、必ず戻ってきて受験するから」と説得し、従兄と二人、留学が決まりました。この年、科挙が廃止されてしまいましたから、祖父の願いはかないませんでしたが。

 武昌を経由して上海に至り、そこから船に乗りこみ神戸に上陸、さらに汽車で東京に向かいました。友人の周大椿という人が、先に留学していたので、小石川区三軒町(現在の文京区小日向)にあった彼の借家に同居することになりました。1906年9月、弘文学院大塚分校に入学、翌年の7月に卒業。1908年4月、第一高等学校に設けられた予科に入学し、翌年、卒業。1909年8月、京都に向かい、第三高等学校に入学しますが、1911年、武昌革命が起こり、本国から送られてくるはずの奨学金がストップし、帰国を余儀なくされます。

 6年に及んだ楊樹達の日本留学は、こうして、清朝の終焉とともにあっけなく終わってしまいました。一高予科の頃、皆で日光を旅行したことなどは描かれているものの、日本人との学術的な交流は、留学時期の『回憶録』から、まだうかがえません。しかしながらこの留学体験が、後年、楊樹達と日本人とを深く結びつける契機となったのです。

*楊樹達『積微翁回憶録・積微居詩文鈔』上海古籍出版社(『楊樹達文集』17;楊伯峻主編)、1986年。Webcat所蔵図書館は16館。

広告

「1905年、楊樹達の日本留学」への6件のフィードバック

  1.  楊樹達が入学した正則英語学校(現・正則学園)に勤務していたことがあったのですが、楊樹達のいた痕跡が全く残っていなかったため残念な思いをした記憶があります。

     ある先生が、楊樹達の『詞詮』は英文法の知識より書かれたものではないか?と、推測されていたのですが、英語の学習が楊樹達へ与えた影響はやはり大きいものだったのでしょうか?
     
     ご教授いただければ幸いです。

    1.  正則学園に以前、お勤めでしたか、楊樹達をしのばせるものがないとのことで、確かにそれは残念なことです。

       さて、『詞詮』と英文法との関係についてです。私は、楊樹達が『高等国文法』と『詞詮』の二書を書くことにより(この二書は互いに補い合う関係です)、文法書として、『馬氏文通』を乗り越えようとした、と理解しております。『馬氏文通』は印欧語の文法を規範としたもので、楊樹達も同じ路線です。それゆえ、『高等国文法』『詞詮』も、当然、印欧語の文法を規範としています。

       特に面白いのは、『高等国文法』の「総論」です(正直、この書物の本論に当たる品詞の解説は退屈ですが)。これを読むと、人類の言語の起源についてや、あるいは孤立語、膠着語、屈折語の類別の説明など、言語学に対する造詣の深さを感じさせます。英語を得意としていたのはもちろん、理論にも相当通じていたようです。デンマークの言語学者、Otto Jespersenの理論も紹介されています。

       そのうち、『高等国文法』の総論についても、このブログで書いてみたいと思っております。

  2.  丁寧なご返信ありがとうございます。
     
     楊樹達は尊敬する学者の一人でして『積微居小学金石論叢』や『積微居小學述林』所収の論文に啓蒙されたことがあります。

     また、大学院で『漢代婚喪禮俗考』を使用した演習授業があり、このときはまだ楊樹達文集が出ていなかったため、商務印書館の古い本を使用していたなんてことも思い出しました。

     『詞詮』は古典の助字?虚字?を解釈する際に大変恩恵を受けていまして、先生の書かれた楊樹達の記事を見て、恥を承知でお聞きしたしだいです。

     今後とも無知をさらすこととなると思いますが、なにとぞご寛恕下さいませ。

  3. 中国上海の大学で働いている、中国のものですが、今日、偶然先生のこのページを目にしまして、たいへん驚きました。
    先生の読書の多彩さ、書かれたもの多彩さなど、たいへん感銘を受けました。
    私はかつて日本に留学して、中日の文化交流・交渉(主に近現代)に興味をもち、今の個人研究もそれを一つの課題に
    しています。今日、先生の楊樹達に関するものを読んで、勉強になりました。感謝します。

  4. 潘先生、偶然にご覧いただいたとのことで、たいへん嬉しく存じます。久仰、久仰。

    このページは、自分の学生に向けて書いているものでありまして、決して、広く一般の日本人読者に向けてというわけでなく、ましてや専門家のために書いているものでもありません。そうではありますが、先生のような専家の方のお目に触れ、ご意見いただけることることは、この上ない喜びです。

    ただ、楊樹達先生のご学問を含め、中国の学者の書かれた文章をこれまでに読んだ量が少なく、中国の学者の学問に対する理解は限られていることは残念です。よりよく理解し、よりよい文章を書くよう、努力いたします。

    以前、余嘉錫先生の著書を日本語訳したことがありまして、それをさらに発展させるべく、プロジェクトもしております。万一、ご協力をお願いできるようでしたら、ご連絡ください。http://yujiaxi.wordpress.com/

    また、小生の個人ページもご覧くだされば幸いです。http://kogachi.wordpress.com/

    ご来日の際は、ぜひご一報ください。ご光臨、ありがたく存じます。 古勝隆一

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中