「二つの封面」の答え


 【推理】初版は本文が簡化字であったので、それに見合った封面でしたが、第2版以降は本文を繁体字に変更したため、あらためて周祖謨氏に依頼して書いてもらったものでしょう(ただし、まだ第2版を実見していないので、この推理は誤っているかも知れません)。

 ただそれだけの話なのですが、思ったことなどを少し。

 【印象】中国の書物の場合、題簽は名のある人に書いてもらうことが多いですが、その際、芸術的な効果が優先され、個々の文字の形に拘泥することは少ないように思います。たとえば、『現代漢語詞典』の題簽は郭沫若氏(1892-1978)の揮毫とのことですが、「現」「語」「詞」が簡化されていない字で、うるさく言うと「典」も異体字です。また、ポスト郭沫若時代に題簽を多く手がけた啓功氏(1912-2005)も、簡化字版の書籍に対して繁体字の題簽を多く書かれています。それとは別に、繁体字の書籍に対して、簡化字の題簽が書いてある例も少なくありません。そういう一般的な事情を考慮すると、『音韻學教程』の場合、少しこだわり過ぎなのかな、という印象を持ちました。唐氏は簡化字が嫌いなのかもしれない、それが封面を変更した主な理由なのではないか、と勘ぐっています。現代漢語詞典

【補一】背表紙には「音韵學教程」と書名が表記されています。これは単純な誤記かも知れません。奥付(”版本记录”)では、正しく「音韻學教程」となっています。

【補二】初版の「学」字は、簡化字の規範に従ったものというよりは繁体字「學」をくずしたものに見えます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中