日本の大学図書館における中国書の貧弱さ


 このブログ、「学退筆談」では、中国学を研究する際に必要と思われる中国書を紹介するよう、心がけています。もちろん、私個人の一面的な見方ではありますが、どうでもいいような書物、欠陥の大きな書物は避けているつもりです。

 書物を読む時、皆さんは書店で購入されますか?それとも図書館を利用されますか?「蔵書派」と「図書館派」の分かれ目です。大部分の方は、自分の蔵書と図書館の図書の両方をご利用のことと思います。

 大学生には、自分の通う大学の図書館を十分に活用してもらいたいと思います。大学の蔵書の豊かさは、それぞれの大学の力を測るメルクマールのひとつです。同じような授業料を払うなら、優秀な図書館を持つ大学に通った方が断然よいにちがいありませんし、また、同じ大学に通うなら、図書館の資料をより多く使いこなすことを目指すべきでしょう。

 そういう意味で、このブログで書物を紹介するたびに、大学図書館の連合目録、Webcatの所蔵状況をメモしてあります。皆さんの通う大学、将来、通いたい大学に、書物があるのかどうかを、こまめにチェックしてもらいたいと思っています。必要な書物がない場合は、図書館に申請書を出して、購入を促すべきです。

 しかしこのメモも、だんだんと苦痛になってきました。というのは、私の紹介する書物を所蔵する図書館が、あまりにも少ないからです。最近、紹介した書物の所蔵館数を見てください。

  • 中国社会科学院語言研究所古代漢語研究室『古代漢語虚詞詞典』商務印書館,1999年。Webcat所蔵図書館は39館。
  • 郑慧生『校勘杂志 : 附司马法校注』河南大学出版社,2007年。Webcat所蔵館は,2館。
  • 彭林『中国古代礼儀文明』中華書局(文史知識文庫),2004年。 Webcat所蔵館は,11館。
  • 錢玄,錢興奇編著『三禮辭典』江蘇古籍出版社,1993年,Webcat所蔵館は32館。
  • 張金泉,許建平『敦煌音義滙考』杭州大學出版社,1996年。Webcat所蔵図書館は26館。
  • 許建平『敦煌經籍叙録』中華書局,2006年。Webcat所蔵図書館は13館。
  • 楊樹達『積微翁回憶録・積微居詩文鈔』上海古籍出版社,1986年。Webcat所蔵図書館は16館。
  • 唐作藩『音韵学教程』,北京大学出版社,1987年。Webcat所蔵館は5館。
  • 唐作藩『音韻學教程』第2版,北京大學出版社,1991年。Webcat所蔵館は12館。
  • 唐作藩『音韻學教程』第3版,北京大學出版社,2002年。Webcat所蔵館は0館。
  • 『啓功口述歴史』北京師範大学出版社,2004年。Webcat所蔵館は0館。

 日本の大学図書館の中国書蒐集に、このような穴があるとは思いませんでした。とても残念なことです。中国書の蒐集が軽んじられているのでしょうか。学生の皆さんにというより、大学図書館の関係者に対する問題提起です。

広告

「日本の大学図書館における中国書の貧弱さ」への2件のフィードバック

  1. 中国の大学の図書館も同じですよ(むしろ日本のよりひどいかもしれません)。
    普通、読みたい本は大学の図書館で見つけれないならば、われらは『新浪愛問共享資料』というwebsiteでダウンロードします。
    学退さまに述べられた本には、郑慧生『校勘杂志 : 附司马法校注』と張金泉,許建平『敦煌音義滙考』を除く、あそこですべてダウンロードできます。よろしければ、ぜひ利用してみましょう。

  2. 茨木さま、

    コメントをお寄せくださいまして、ありがとうございます。ご紹介くださったサイトが存在することは、存じております。ただし、著作権の問題があるものが含まれることには、どうぞご注意くださいますよう。

    また、PDF版が手軽にウェブ上で得られるからといって、図書館が本を収集しなくてよいことにはなりません。大学図書館が、学術上、重要な書籍を収集すべきであることに、ほとんど疑いはないものと考えます。

    学退復

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中