『北朝礼制法系研究』


 李書吉『北朝礼制法系研究』(人民出版社、2002年)は、中国の北朝時代における礼制と法体系を論じた書物です。北魏の制度の解釈に大きな紙幅が割かれています。

  • 绪论
  • 第一章 北魏孝文帝托周改制 第一节 关于礼制的缘起及相关问题概述 第二节 孝文帝改制前北魏的国家形态和政治治理 第三节 孝文帝以“齐美于殷周” 小结
  • 第二章 北朝周典化礼制体系 第一节 以圆丘大祭为核心的北朝祭祀 第二节 以服制为重点的终丧制度的改革 第三节 重定姓氏指导下的婚制改革 第四节 以尊老举贤为主要内容的巡狩乡饮之礼 第五节 礼制孝本位的回归 第六节 北朝礼制的特点和基本精神  小结
  • 第三章 北朝礼学系统 第一节 佛教心性的缘起及其流传 第二节 心性说的佛道、佛儒南北二系 第三节 南北义疏之学与礼学 第四节 南北二系三教在礼制轨道上的归宗及三礼的著述 小结
  • 第四章 南北朝时期的法律北系 第一节 北魏前礼法的发展以及二者关系概述 第二节 北朝以礼入法及中华法系的基本奠定 第三节 中华法系为什么能奠定于北朝 小结
  • 第五章 对中华法系的基本认识 第一节 从《太和律》至《唐律疏议》的脉系传承 第二节 《唐律疏议》中的礼制内容 第三节 法系判例案由分析
  • 附论

  鮮卑族の拓跋部の出身である、北魏の皇帝たちがどのように北中国を支配し、その国家を漢化していったのか、孝文帝(在位471-499)に焦点を当てて、その前後の脈絡を丁寧に追っています。

 孝文帝は父、献文帝の後見人でもあった馮太后の影響を強く受けて漢化をすすめました。馮太后は漢人であって(十六国の北燕の皇室の子孫です)、わずか5歳で即位した孝文帝を後見したのですから、影響が決定的であったのは理解できます。鮮卑では、皇帝が即位する前にその実母を殺す習慣でしたから、このようなわきからの影響が成り立ち得たのです。

 異民族であった鮮卑は、漢族との協調をとるために、漢化せざるを得ませんでした。これは、すでに陳寅恪(1890-1969)が論じたことでした。著者である李書吉氏の論点は、「鮮卑を漢化するためには、彼らに礼を守らせるしかなかった。そして彼らに礼を守らせるには、法律によって強制するしかなかった。それには中央集権的な発想と手段を用いるほかなかった」というものです。その議論は非常に明快で、首肯するところが数多くありました。

 ストーリーは単純ですが、多くの資料によって裏付けをとりながら、北魏の律から『唐律』へ、そして『唐律』から後世へ、とつながる、中国の律令制度の展望を示しています。中国の歴史は長いので、およそありとあらゆるものには「前代からの継承」の面があり、礼や法の体系も、まさにその例です。しかし北魏におけるそれは、単なる継承ではなく、「漢民族/異民族」の強烈な対立があったからこそ、新たな体系として生まれ変わり、それが中国史上、画期的であった、というわけです。

 隋唐の国家制度設計に与えた影響力から考えると、南朝よりも北朝の方がはるかに大きかった、というのは、陳寅恪も論じ、銭穆も論じたことですが、李書吉氏の議論もなかなか堂々たるものです。「北魏なかりせば、日本の律令制度輸入もなかったかも知れない」、との感想を受けました。興味深い一冊でした。

 *李書吉『北朝礼制法系研究』(人民出版社、2002年)。Webcat所蔵館は、13館。(本日付け)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中