殷墟にて


安陽の発掘現場
安陽の発掘現場

 漢字の初期の姿、甲骨文字。19世紀末に初めて発見されましたが、後にそれらの甲骨が、殷代晩期の都である、河南省北部の安陽、少屯村から出たことが明らかになり、1928年からその発掘が始まりました。殷墟と呼ばれる場所です。殷墟は2006年、世界文化遺産に指定され、多くの観光客を集めています。

 河南省に足を踏み入れたからには、是非とも殷墟を見学したいものだと思っていましたので、河南大学の先生に案内を乞い、この地に臨むことができたことは幸せでした。

 まずは、中国社会科学院考古研究所(考古所)に向かいました。河南大学の先生の友人がここに勤務しておられるからです。考古所は北京に本拠を置きますが、中国考古学上、殷墟が特別に重要な地位を占めるため、ここにも拠点があるのです。所が所有する車輌も、北京ナンバーです。

 殷墟の発掘は、民国時代、中央研究院歴史語言研究所(史語所)が行っていましたが、解放後は中国社会科学院考古所が責任を持って発掘を継続しています。今でも、毎年のように大きな発見があるそうです。

 そのおかげで、発掘中の遺跡も拝見することができました。広大な敷地にそのサイトはあります。掘りかえされた発掘現場をよく見ると、土を築き固める「夯土(夯築)」と呼ばれる技術を使って作られた壁が、層を成しているのが分かります。何よりショッキングなのは、掘り起こされたばかりの人骨が置かれてあることでした。それにしても、このような現場を案内していただけたのは、ありがたいことです。

甲骨を廃棄した穴
甲骨を廃棄した穴

 殷墟博物苑という博物館も見学しました。ここは観光客も多いところで、展示も充実しており、この地から掘り出された青銅器、甲骨が多く展示されています。ほかにも、甲骨の廃棄されていた穴のひとつを再現した展示、人骨を埋めた様子を再現したもの、有名な「婦好墓」を再現したものなど、広く殷墟を楽しめるように設計されています。特に、甲骨を廃棄した穴を見て、想像した以上に、数えられないほどの甲骨がまるでゴミのように大量に捨てられていたことを知りました。ただ私がこの方面に疎いだけなのですが、大きな穴に捨てられた甲骨の累積に圧倒されました。これをはじめて掘り起こした人々は、どれほど感動したことか。

 それにしても思うのは、殷代が実に残酷な時代であった、ということです。大量の殉死、人間の頭を盛るための青銅器。大量の人骨を見ていると、この時代、どれだけ人命が軽んじられていたのか、いやでも思い知らされます。

 以前、台湾の中央研究院史語所を訪問していたころ、日本から来た歯学部の先生の通訳としてその方のお供をし、史語所の所有する殷墟出土の頭蓋骨をたくさん見たのを思い出しました。その先生は、「顎の骨と歯を見れば、人種の系統は簡単に分かる」と言い、また「この歯をこの顎にはめるのは、間違い」と言いながら、パズルのようにどんどん「正しい」状態に戻してゆかれました。思えばあれらの骨も、もとは無残に殺されて埋められた殷の人々のものなのでしょう。

 これほどに人命を軽視した、殷の晩期。名君とされる高宗も、どんな君主だったか、知れたものではありません。殷の滅亡は、すでに命運、定まっていたというべきでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中