『漢字古音手冊』増訂本


漢字の上古音、中古音をちょっと確認したいときに便利な郭錫良『漢字古音手冊』。以前、「文言基礎」で『千字文』を読んだときに、ご紹介しました。王力の学説に基づいて漢字音を分析し、推定音価を記しています。

今年、その増訂本が出版されました。郭錫良編著『漢字古音手冊(增訂本)』、商務印書館、2010年8月。中国の友人にたずねたところ、「ずいぶん収録字数が増えているらしい」とのことでしたので、一冊、買い求めました。

ページ数は、旧版(北京大学出版社、1986年)が345ページ、增訂版が535ページと、厚くなっています。収録字数は、旧版が8000字程度、增訂版は11000字程度、とのこと(「增訂本前言」による)。また旧版では、中古音については、『広韻』の反切のみをとっていましたが、增訂版は、『広韻』に載らない反切を『集韻』からとっており、情報が豊富になっています。さらに、誤植なども訂正してあるようです。

『説文解字』の部首、540部を覚えようと思い立った私は、まず、その540部の部首の発音を確認しました。手順は、まず大徐本と呼ばれる系統の『説文解字』に見える反切を抜き出し、それに対応する現代音を求め、さらに本書、『漢字古音手冊』を利用して、上古音の声母と韻部とを確かめる、というものです。段注も適宜、参照しました。

非常に好都合なことに、この增訂本では、「『説文解字』の収録字はすべて収録した」(「增訂本前言」)と言っており、『説文』収録字を調べるのに便利です。ただし、私が540字について当たってみたところ、『説文』収録字をすべて収めてあるわけではなく、落ちている字もかなりの数ありました。「㸚 lǐ」「𣎵 pò」「𠑹 gǔ」など。さほど大きな問題でもありませんが。

買ってすぐにこれほど酷使するとは思いませんでしたが、さっそく大活躍してくれました。少しくたびれてしまいましたが、よく手になじむようになりました。

なお、郭氏の「增訂本前言」は29ページに及ぶ長文であり、専門的な内容で読みごたえはあるのですが、読むのにちょっと苦労しました。

*郭錫良編著『漢字古音手冊(增訂本)』、商務印書館、2010年8月、Webcat所蔵館は0館(本日付)。日本の大学図書館では、まだ登録が済んでいないのでしょうか。

広告

「『漢字古音手冊』増訂本」への2件のフィードバック

  1. 増訂本、自分も買いました。ネットを通じて入手した旧版がめくるのが大変だったため、重宝してます。540部は春休みに集中してやってみようかなと計画してます。新版をみて思った蛇足の感想ですが、中国の書籍はとくに精装本はデザインがうまく落ち着いているものが多い気がします。江戸時代ころは日本の方が書籍の装丁に趣向があったと思うのですが、現代では逆になっているようなところが面白いなと思います。

  2. 昭夫さま、コメントありがとうございます。両方、お持ちということですから、比較ができますね。気づいた点があれば、ご指摘下さい。
    装丁の話は、完全に趣味に属することですが、私は大陸の80年代くらいの本が好きです。それも平装本。紙は確かに悪かったのですが、愛着が持てます。今のコンピュータで組んだ紙面には愛着が持てず、紙も分厚すぎると感じることが多いです。
    説文の部首は、一気に覚えられるものではないので、少しずつやったほうがよいです。何となく眺めているだけでも違いますよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中