『説文』540部の序列


『説文』540部を憶える!」という計画を立ててましたが、一朝一夕に憶えられるものでもありません。方針は、2つです。

  1. 順番を音読し、暗誦する。
  2. 順番を頭で理解する。

1については、お二人の読者の協力を得て、まず540部の現代音を確かめ、一覧にするところまで終わりました。こうしてネット上に載せておけば、憶えたい人は誰でも知識を得ることができるので、まんざら無駄でもないでしょう。

2については、よい方法があります。それは、段玉裁の力を借りることです。『説文』第15篇の上は、許慎の序文と目録から成っていますが、その目録は、第1部「一」から第540部「亥」までを列記しています。この目録はもともと『説文』についていたものでしょうが、それに段玉裁が注をつけており、その序列の意味を説いているのです。これを読めば、どんな基準で部首が並べられているのか、分かる仕組みです。

こじつけめいたところも多々あるので、素直でない人は、受け入れられないかも知れませんが、記憶のためには、「こじつけ」がかなり重要なのです。眉につばをつけずに、段玉裁の意見を聞きましょう。

第1篇を例に取ります。まず第1部「一」から。段玉裁は何とも言っていませんが、『説文』の本文に「道立於一」とありますから、ここからすべてが始まるのです。それを承けて第2部「丄」、楷書では「上」と書きますが、古文の形は短い横線と長い横線を上下に重ねたものなので、「一」を承けて登場します。段玉裁は「蒙」という言葉でそれを表現しています。第3部「示」は、古文の「上」に従う形。第4部「三」は、「示」の下の部分を横にしたもの。第5部「王」は「三」を承けたもので、第6部「玉」も同じ(「玉」の篆文には点がありません)。第7部「玨」は、「玉」を二つ並べた形(段玉裁は「並之重之」と表現)。第8部「气」は、第4部の「三」を変形した形(小篆の「气」は三本線で書く)。第9部「士」は、「王」(「一」で「三」を貫く形)を承け、十と一を合わせた形(『説文』に「十一に従う」とあります)。第10部「丨」は、「王」「玉」の縦線。第11部「屮」は、「丨」を承ける。第12部「艸」は「屮」を並べた形。第13部「蓐」は「艸」を承ける。第14部「茻」は「艸」を重ねた形。

以上で、第1篇に収める14の部首の序列が説明されました。「丨」は、「一」や「三」や「王」と同じく、第1篇にあるんだな、そして「丨」から派生した「屮」や「艸」も同じ第1篇だな、と、このように思い出すことができたら、しめたものです。索引なしでも、クサカンムリにたどり着けるのです。

ただ全ての部首の配列をこのように説明できるわけではなく、第2篇に見える第25部「哭」と第26部「走」の間を形の観点から説明することはできません。段玉裁は、「有形不相蒙者」と言っています。このあたりは、あきらめるしかないようです。一度、540部にわたって、この部分を通読なさると、大体の脈絡がつかめると思います。

今年の更新は、これにて終わりとさせていただきます。今年も、読者の皆様のご愛顧を賜りまして、ここまで続けることができました。来年もよろしくお願いいたします。これをもって、年末年始の挨拶とさせていただきます。

広告

「熊」の古音はクマなのか?


熊

「熊」字は、『説文』の部首字、540のうちの一つ(第381)。十篇上に見えます。

熊、熊獸、似豕。山居冬蟄。从能、炎省聲。

「能」(『説文』部首の第380)は「熊屬」とありますから、「从能」の部分はよいのですが、問題は「炎省聲」です。「炎」と「熊」の発音に共通性がある、と『説文』は言っているわけです。

ですが「炎」と「熊」とは、現代音で言えばyán/xióng、中古音で言えば于廉切(-mで終わる音)/羽弓切(-ŋで終わる音)、日本漢字音でもエム/ユウと、かなり異なる音です。

古音も「炎」は談部(段氏の8部。*am)、「熊」の中古音「羽弓切」ならば蒸部(段氏の6部。*əŋ)のはず。段玉裁は『説文』の「炎省聲」に基づき、「熊」の古音は8部だと理解しているようです。

どうなのだろうか、などと、ぼんやり思っていましたら、たまたま、洪颺「“熊”字的上古読音之古文字材料補証」(『遼寧師範大学学報(社会科学版)』vol.33,no.5, 2010年9月)という、まさに私の疑問に答えてくれそうな論文に出会いました。

それによると、「熊」の読音問題は清朝に始まり、談部派と蒸部派が対立。近現代では、侵部派(*-əm)が李新魁ら、蒸部派が王力・陳復華・何九盈ら。1920年代にカールグレンが「-mから-ŋへと変化した」と主張して(「上古中国音当中的幾個問題」、『中国科学研究院歴史語言研究所集刊』1930-1)、陸志韋・王静如らもこれを支持。現在は、カールグレン説の支持者が多いそうです。陸志韋と王静如によると、この変化が生じたのは「周か春秋以前で、秦の地方ではそれよりもやや遅れた」ということです。

洪颺氏によると、楚地(湖北省・湖南省)から近年、出土している文献には、侵部と蒸部の交渉が多い、とのこと。たとえば、現行の『老子』では「勝」(蒸部)と書く字を郭店や馬王堆の『老子』では「朕」(侵部)に書く例が多いことなど。洪氏はもともと侵部だった字が後に蒸部に入っていった、と考えているようです。

洪氏は『説文』「炎省聲」の説は信じられないとして退けますが(おそらく両者の主母音が異なるからでしょうが)、「許慎の方言では(「熊」字に)-mの名残が保存されていたのかもしれない」と言っています。

それにしても、洪氏が引用する李新魁氏の説(『李新魁語言学論集』中華書局、1994年)に、「熊」の古音を説明しようとして、「閩方言ではhimあるいはhom、朝鮮漢字音ではkom、日本語では音を借りてkumaと読む」と言って、h, kなどを「熊」字上古音の声母の名残、-mをその韻尾の名残と見ているのには、仰天しました。閩方言はともかく、朝鮮のkomや日本のクマは、まさか漢字音由来ではないはずです。

徐仙民


 劉師培『經學教科書』は、未完の書ながら、経学史を知るのによい手引きですが、その第19課「三國南北朝隋唐之春秋學」に、魏晋時代の『春秋穀梁傳』解釈を説明する、次の一文があります。

説『穀梁』者、有唐固・麋信・孔衍・江熙・程闡・徐先民・徐乾・劉瑤・胡訥十數家、范寧集衆家之説成『穀梁集解』。

 范寧「春秋穀梁傳序」の「釋『穀梁傳』者雖近十家、皆膚淺末學不經師匠」という文句があり、それを唐の楊士勛『春秋穀梁疏』が解釈したものが、この劉師培の説明のもとになっていますので、引用して対照してみます。

近十家者、魏晉已來注『穀梁』者、有尹更始・唐固・麋信・孔演・江熙・程闡・徐仙民・徐乾・劉瑤・胡訥之等、故曰「近十家」也。

 両者には幾つかの異同がありますが、いま注目したいのは、「徐仙民」(劉氏は「徐先民」と表記)です。この人は徐邈という東晋時代の学者で、あざなは「仙民」(『經典釋文』叙録、及び『晉書』に書いてあります)。経書に「反切」をつけ、その読音を明らかにしたことで知られ、『経典釈文』には彼の説がとても多く引用されています。

 ところが、数年前に出版された陳居淵氏の『経学教科書』注(上海古籍出版社、2006年)には、「徐先民、范寧『春秋穀梁傳序考證』作「徐仙民」、生平事跡不詳」(p.74)とあります。『春秋穀梁傳序考證』というのは不正確ですし、また徐邈のことだとも気づいていないようです。この注は完成度の低いものですので、お読みになる際にはご注意を。

 それはそうと、『隋書』経籍志に「『史記音義』十二卷、宋中散大夫徐野民撰」という書物があります。現存しませんが、裴駰『史記集解』に「徐廣」としてたくさん引用されています。『史記』の読音と訓詁を明らかにしたものです。

 この徐野民『史記音義』については、銭大昕『廿二史考異』巻三十四の『隋書』経籍志の考異に、次のようにいいます。

即徐廣。隋人避諱、因稱其字。然廣又有『晉紀』四十五卷、『車服雜注』一卷、却稱名不稱字、蓋唐時修史不出一手、故多駁文。又如「民」字、避唐諱、例當作「人」、…、此徐野民仍用本字、則由後來校書者妄改、又不能盡改也。

 徐廣は、名(廣が隋の煬帝の名)も字(民が唐の太宗の名)も、隋唐の帝王の諱に当たってしまった、珍しい人です。

 もうお察しのように、上に挙げた徐邈(あざなは仙民)と徐広(あざなは野民)、兄弟です。徐広は、『晉書』卷八十二に、伝が立てられていて「徐廣字野民,東莞姑幕人,侍中邈之弟也」とありますから、徐邈が兄で、徐広が弟。『晉書』卷九十一の儒林傳には徐邈の伝があり、兄弟ともに当時の名士でした。兄弟で経学と史学とを分担して研究し、「音義」をつけた、という点に興味をひかれました。

『説文入門』


『説文入門』(頼惟勤監修、説文会編、大修館書店、1983年)は、『説文解字』および『説文解字注』を読む上での最高の手引きであり、日本はもちろん、中国にもこれに比肩する『説文』の入門書は存在せず、また今後ともこれをしのぐものが、どこからか現れるとも思えません。『説文』を学ぼうとする者が、読んで理解すべき書物です。

この『説文入門』、全体が問答形式で成り立っており、頼氏と学生とのやりとりを眼前に彷彿とさせるもので、楽しく読むことができます。ただ内容が非常に高度なので、さらっと読んでも理解はし難いと思います(特に第2章「段玉裁の『説文解字注』」)。何度もくりかえし読んで、内容を理解することが大切でしょう。その中から、印象的な話を抜いておきたいと思います。

 「形・音・義」の「形」は、見ればそうなっているという性質のものですから、見損なったらそれは自分自身の失態であることがはっきりしています。また「義」は、それをはっきりさせようとしているのですから、誰でも一応は納得の行くところまで追究するに違いありません。これに対して「音」は、常識の線で間に合わせてしまう。またそれでも別に良心にとがめるところがない、というのが大方の傾向だと思います。しかしそれでは困るので、わかる限り、とことん「音」を究明すべきだということを主張するわけです。(p.105)

「形」「義」の研究もそれほど容易でないことは当然ですが、日本漢学の「小学」において、やはり「音」はないがしろにされているように見えます。「音」を疎略にしても「良心にとがめるところがない」というのは、今でも状況はだいたいその通りです。

以前、「音韻学を学んだところで、それで古典が読めるようになるわけではない。だから、古典読みに音韻学は要らない」と言う方に出会ったことがあります。そうおっしゃる方は、きっと、「良心にとがめるところ」があったからこそ、そのような言い方をされたのでは、と憶測します。私も小学家ではありませんが、やはり古典を読むためにも「音」は大切だろう、と思います。

さて私はことあるごとに、本書を若い人に勧めますが、それをわきで聞いている中堅の学者が、「頼先生の『中国古典を読むために』も良いよ」と言葉をつぐことがあります。一方、私は、『中国古典を読むために―中国語学史講義』を面白いと思ったことは一度もありませんし、人様に勧めたこともありません。頼氏自身、「本講義はもともと倉石武四郎先生の「中国小学史」を粉本として、早稲田大学で講述したものである」(本書の序)と言ってはいますが、その内容は、かなり退屈な小学史の概説です。

『説文入門』こそが、頼惟勤氏を通じ、倉石武四郎の遺徳を伝える書物であるように思うのですが、読者諸賢はどのような感想をお持ちでしょうか。

説文部首読音校誤


頃者、埼玉縣上尾人馬寸先生持以臺灣萬卷樓圖書出版『圏點段注説文』注音批正吾所音『説文』部首、乃指出四十四條岐異之處。諍友可貴、不勝感謝!岐異之處、屬於吾誤者固然居多、而間有或因『圏點』注音之誤、或因所據反切之不同、或因兩岸讀音之差異而出者。茲謹録馬先生所舉四十四條如下、並付以按語。其讀音姑以『漢語大字典』為準、不見責以違臺灣讀書音為幸。俟博雅君子正之! 庚寅年孟冬、學退識於洛南簡齋。

  • 37行(戸庚切)  hang2→xing2 吾誤、宜正。
  • 80𦘒(尼輒切)   nie4→nie1 『漢語大字典』音nie4。
  • 84臤(苦閑切)  xian2→qian1 從『説文』「古文以為賢字」則音xian2、然已有苦閑切、宜從。今正。
  • 98𡕥(火劣切)   xue4→xie4 『漢語大字典』音xue4。
  • 102盾(食閏切) dun4→shun3 『漢語大字典』云:音dun4、舊讀shun3。兩可、不改。
  • 113𥄕(模結切) mo4→mie4 『漢語大字典』音mo4。
  • 116瞿(九遇切) ju4→qu2 九遇切則其音為ju4。
  • 122冓(古候切) gou1→gou4 吾誤、宜正。
  • 142角(古岳切) jiao3→jue2 古岳切、今音可音jue2、亦可音jiao3。今不改。
  • 178皀(*皮及切) pi2→pi4 『廣韻』彼側切、則音bi1、『顏氏家訓』引『通俗文』方力切、亦幫母職韻、同。大徐皮及切、並母緝韻、而『廣韻』無此音。今從『廣韻』及『通俗文』音bi1。
  • 183倉(七岡切) cang2→cang1 吾誤、宜正。
  • 188冂(古熒切) jiong3→jiong1 吾誤、宜正。
  • 193畗(芳逼切) fu2→bi1 『漢語大字典』據『集韻』房六切音fu2。
  • 197麥(莫獲切) mai4→mo4 『漢語大字典』音mai4。
  • 218𠌶(況于切) xu1→hua1 段玉裁曰「此與下文華音義皆同」、彼據段説為呼瓜切、此一説。然段氏亦依大徐音此字為況于切、則為xu1、此又一説、倶不誤。今不改。
  • 219華(戸瓜切) hua2→hua1 段玉裁曰「戸瓜切、又呼瓜切」。吾依戸瓜切為陽平、彼依呼瓜切為陰平、倶可。今不改。
  • 241夕(祥易切) xi1→xi4 『漢語大字典』音xi1。
  • 243毌(古丸切) guan1→guan4 吾誤、宜正。
  • 274疒(女戹切) ne4→chuang2 『漢語大字典』音ne4。
  • 284白(旁陌切) bo2→bai2 旁陌切可音bo2、亦可音bai2、然讀bai2為勝、今改。
  • 292北(傅墨切) bei3→bo4 『漢語大字典』讀為bei3。
  • 319覞(古萈切/段:弋笑切) yao4→jian4 大徐音古萈切、則音jian4。段氏曰「應弋笑切」、則為yao4。今從段氏。『漢語大字典』亦音yao4。
  • 329𥄉(古堯切) jiao1→xiao1 『漢語大字典』音jiao1。
  • 341卯(去京切/玉篇:子兮切) qing1→ji3 段氏云「今『説文』去京切。…。此蓋淺人臆以卿讀讀之。…。『玉篇』子兮切」、則彼用『玉篇』讀音。『漢語大字典』音qing1。
  • 356危(魚為切) wei1→wei2 危為疑母、然今音為陰平、此音見於『漢語大字典』。
  • 384黑(呼北切) hei1→he4 『漢語大字典』音hei1。
  • 392夭(於兆切) yao1→yao3 夭為上聲、然今音為yao1、此音見於『漢語大字典』。
  • 417灥(詳遵切) xun2→qun2 『漢語大字典』音xun2。疑彼誤。
  • 453我(五可切) wo3→e3 『漢語大字典』音wo3。
  • 460曲(丘玉切) qu3→qu1 中古「彎曲」「樂曲」倶為丘玉切、發音無別。今不改。
  • 464弜(其兩切) qiang3→jiang4 其兩切可為qiang3、亦可為jiang4。然『漢語大字典』音jiang4、今依改。
  • 470率(所律切) shuai4→shuo4 此疑彼誤。
  • 473蟲(直弓切) chong1→chong2 吾誤、宜正。
  • 475它(託何切) ta1→tuo1 今音為ta1、然讀為tuo1較雅、今依彼改。
  • 478卵(盧管切) luan3→ruan3 卵無讀日母者、彼誤。
  • 482堇(巨斤切) qin2→jin3 渠吝切為jin3、彼不據巨斤切。
  • 493几(居履切) ji3→ji1 吾誤、宜正。
  • 494且(千也切) qie3→ju1 段氏音此字為「子余切、又千也切」。前音則為ju1、後音則為qie3。大徐只有後音、此不必改。
  • 498車(尺遮切) che1→ju1 九魚切讀為ju1、「居」「據」是也。尺遮切、宜音che1。
  • 505叕(陟劣切) chuo4→zhuo2 吾誤、宜正。
  • 508六(力竹切) liu4→lu4 力竹切可音lu4 、亦可音liu4、此不必改。
  • 511禸(人九切) rou2→rou3 『漢語大字典』音rou2、音rou3疑誤。
  • 512嘼(許救切) xu4→xie4 音xu4音xie4倶誤、許救切宜音chu4。
  • 528𠫓(他骨切) tu1→tu2 『漢語大字典』音tu1。