『老子』の学び方


 『老子』はなかなか難しい本です。「薄い」というのがくせ者で、たとえば、訳のこなれた小川環樹訳(中公文庫、1973年)を読めば、1時間くらいで読み終えることができ、しかも、意味は通ったようにも思えるのですが、なかなか「読んだ」という以上の印象をもつにはいたらない人が多いようです。

 一方、いろいろと考えて読めば、ものすごく時間をかけて読むこともできますが、結局、何年も向き合った上、「分からん」となってしまう人もいます。そういう意味で、「読み方の難しい書物」だと思います。

 『老子』というテクストを支えている思考を生み出した背景がおぼろげながらでも分からないと、読んでも分からないという、思想的な難しさも、もちろんあります。「道」「聖人」のような概念をある程度まで近しく理解できないと、全体的に意味不明になるのかも知れません。

 アプローチは多々ありえます。まず、伝統的には、「注釈=解釈を通じて読む」読み方があります。しかし、実際問題、王弼も河上公も、そうとうに難しいので、あまり実用的ではありません。『韓非子』の喩老・解老篇を読むのは、意外によいヒントを得られる手かも知れません。

 また、異本どうしを比較する、「校勘学的」な方法も伝統的なやり方でしょう。ただ、この方法は、万人向けではありませんし、差のないところには意識が向かないという欠点があります。

 次に、英訳を読む方法があります(英語が堪能であれば、の話ですが)。曖昧模糊とした『老子』の原文に、5w1h的な要素が補ってあるので、像を結ぶことができます。寺田寅彦は、ドイツ語訳を読んで眼を開いたそうです。

 次に、さまざまな日本語訳や解説をたくさん読んで、日本語的な理解から出発するというやり方です。これがもっとも敷居の低いやり方で、多くの「漢文好き」が採用している方法です。しかし、敷居が低いだけに、自分なりの理解に至るのは困難で、たんなる「受け売り」になります。それゆえ、専門家になりたい人には勧めにくいのですが、『老子』くらい難解な対象の場合には、「方便」として積極的に使えるかも知れません。まず、日本語として理解した上で、次に原文に立ち向かう、という段取りですが、残念ながら、往々にして「日本語/原文」の差が曖昧となり、「知ったかぶり」に堕するのが普通です。

 私がよいと思うのは、陳鼓応(『老子註譯及評介』中華書局、1984年)などの中国の訳注を1冊読み、そして『老子』を中国音で聴いてみずから音読し、はじめから中国語として理解した上で、次に王弼注に進み、さらに自分なりに『老子』像を考え、その上で日本語訳を含めた諸家の議論を参照する、というものです。

 しかし、これはあまりにハードルが多く、高く、とにかく大変すぎて、学生にやらせようとしても、まだ効果があがっていません。これは自分が実践した方法で、自分なりには効果をあげましたが、万人に有効だとは思えない感じです。

 「中国古典の学び方」は、このブログの中心的な関心事なのですが、今年は個人的に、大陸に赴いて『老子』を講ずる予定もあり、最近、特に『老子』の読み方を再考しているところです。

『王勃集』の断簡


『王勃集』上野本
『王勃集』上野本

『書法漢学研究』(第8号、2011年1月)という雑誌に載った論文を読みました。道坂昭廣氏「伝橘逸勢筆「詩序切」と上野本『王勃集』の関係について」と題された論文です。

『王勃集』は、我が国に古く伝えられた、唐の早熟の詩人、王勃(649-677)の詩文集であり、中国の本はその全貌を伝えていないので、日本に伝存している唐写本の残簡はたいへんに貴重なものです。道坂氏の論文(p.16)に従い、以下、列記します。

  • 「詩序」1巻として正倉院に伝わる41篇の「序」。
  • 上野本(上野尚一氏蔵)。唐の『王勃集』の巻28に相当。
  • 富岡本(「東博本」と呼ばれる。東京国立博物館現蔵)。唐の『王勃集』の巻29、30に相当。
  • 神田本(東京国立博物館現蔵)。巻29の残巻。

以上は、内藤湖南らが紹介して、すでに明らかになっていたことですが、道坂氏は、熱海市にあるMOA美術館が所蔵する『翰墨城』という手鑑(古筆を集めて貼り合わせたもの)の中に「橘逸勢の筆」と称される古筆切があることに注目され、そして、これこそが「上野本」から切り取られた、『王勃集』巻28の断片である、と論証されています。

わずかに3行を残すのみのこの断簡が、「陸□□墓誌」の銘文であることが、道坂氏の力によって論証されたのは、喜ばしい限りで、素晴らしい考証に敬意を表します。紙の裏(紙背)に書かれた仏書を根拠にした推理には、殊に切れ味を感じました。

ただ、この銘文にはいくつか読みがたいところがあります。道坂氏はこの断簡を「…泉不廻。悠々蒼天,此何人哉。先王有制,何為王摧〔其二〕。昔殷三仁,同謂哲達。士誘物誰,是顧生死。嗟乎弊俗,情變久矣。吾子隕…」と読まれ、この釈読は間違いないはずですが、「達」の字が韻を踏まないことは、特に不審です。いくつか誤字があるように思われますが、如何でしょう。

ともかくも、このように「上野本」から切り取られた断簡が見いだされたことは、たいへんに興味深く、京博にて現在開催中の展覧会、「筆墨精神」を展観する上でも、大きな楽しみとなります。開催期間中にまた足を運び、もう一度『王勃集』をながめてこようと思っております。

岩波文庫『老子』の新版・旧版


 「功成り名遂ぐ」のエントリにて述べたように、『老子』の諸本には多様なものが存在し、なかなか複雑なものです。少なくとも、漢籍の中では複雑な方だと思います。

 最近、蜂屋邦夫氏が訳された岩波文庫の『老子』は、「王弼本」(「正統道蔵」所収のもの)を底本にしつつも、「河上公本」「馬王堆帛書」「郭店楚簡」を含む、他の系統の本文にも目配りがきいており、『老子』を読んでみようかという方は、一読なさるとよいと思います。

 詳しい注と、詳しい解説のついた、アカデミックな著作です。最近の岩波文庫は、単に閲読の便をはかるという以上に、アカデミックな方向を目指しているのかも知れません。本書といい、『高僧伝』といい、注と解説が充実しています。

 ただ、「王弼本」を底本とする原文と、訓読とが一致していないので、はじめ、戸惑うことがあるかもしれませんが、そこは「慣れ」です。

 一方、武内義雄が戦前に訳した「旧」岩波文庫の『老子』は、「河上公本」に基づくものですから、日本文化に関心のある方などは、これも手もとに置かれるとよいのではないでしょうか。以前、復刊もされましたし、古書店などで入手できるはずです。

 「新」岩波文庫本『老子』については、そのうち、詳しく紹介してみたいと思います。

功成り名遂ぐ


  「功成り名遂ぐ」という国語は、『老子』第9章の「功成名遂身退、天之道」に基づく成語です。

 持而盈之,不如其已。揣而鋭之,不可長保。金玉滿堂,莫之能守。富貴而驕,自遺其咎。功成名遂身退,天之道。

  しかしながら、国語辞書のたぐいでこの語を検しても、その出典として『老子』を明示しているものは、ほとんどないようです。なぜでしょうか?その理由について、明確な答えがあるわけではありませんが、私の見通しは、次のようなものです。

  伝統的に言って、『老子』の有力な本文系統が二つ、あります。魏の王弼が注をつけた「王弼本」と、河上公なる謎の人物が注をつけた「河上公本」です。

 それ以外に、近年、注目を集めている本文として、1970年代に湖南省から発見された前漢の写本、「馬王堆帛書」の甲本・乙本、1990年代に湖北省から発見された戦国時代の写本、「郭店楚簡」の甲本・乙本・丙本があります。ただし、「郭店楚簡」は、現行の『老子』81章の一部を収めるだけです。

 専門的に言うと、これほど簡単にはまとめられませんが、一応、「王弼本」、「河上公本」、「馬王堆帛書」、「郭店楚簡」くらいを頭に入れておくと、『老子』の本文の話は分かりやすくなるはずです。

 それぞれの本に文字の異同があるので、一口に『老子』といっても、どの本が根拠とされているかにより、議論が食い違うことがあります。

 さて、「功成り名遂ぐ」に話をもどしますと、この文句は、「河上公本」にしか、見えない本文なのです。「王弼本」にも、「馬王堆帛書」にも、「郭店楚簡」にも、見えません。「王弼本」では、この部分、「功遂身退,天之道」となっています。

 「功成名遂」の語が「河上公本」にしかない、という事実から、「日本では、伝統的に、(王弼本ではなく)河上公本が伝承された」ことが、推測できます。また、現在、日本に伝わっている『老子』の古写本は、すべて「河上公本」であり、「王弼本」の古写本は一つもありません。このことからも、日本では古くから河上公本が伝承されたことが確認できます。

 ことほどさように、日本の『老子』と言えば、「河上公本」なのです。しかし、近年、「河上公本」と「王弼本」の勢力関係は、完全に逆転したようです。たとえば、現在市販され、よく読まれている『老子』の訳本の底本は、ほとんどすべて「王弼本」である、という状況にあります。

 国語辞書の編纂者は、「王弼本」重視の流れを見て取り、さらにそこに「河上公本」に対する中国古典学者の「貶意」を読み取り、「功成り名遂ぐ」が『老子』(河上公本)に基づくという事実の指摘を避けているのではないか、というのが、私の推測です。邪推かも知れませんが。

 『日本国語大辞典』では、「功成り名遂ぐ」「功成り名遂げて身退くは天の道なり」の両項を立て、さすがに後者については、『老子』に基づくむね明記していますが、かえって前者に対して口を閉ざしているのは、やはり奇妙です。

 なお、「河上公本」は、文献学的な価値の低いものなどでは決してなく、私見に拠れば、「王弼本」以上に尊ぶべきものです。何しろ、「王弼本」には、古写本も宋版もないのですから。

 このような「王弼本」重視の状況にあって、たとえば日本文学を専攻する方が、能の〈舟弁慶〉の「功成り名遂げて、身退くは、天の道」の出典を調べようと『老子』を当たっても、これを検出するのは、容易ではないかも知れません。

文字を説解する


許慎『説文解字』には永元12年(100)の自序が見えており、それ以前に完成していたことが分かります。のちに彼の息子、許沖の手により、建光元年(121)9月20日、漢の安帝に献上されました。

もちろん『説文解字』以前にも、漢字学習のための書物はありました。『漢書』芸文志には、「六芸略」の「小学家」として、以下の書物を並べています。

  • 『史籀』十五篇。
  • 『八體六技』。
  • 『蒼頡』一篇。
  • 『凡將』一篇。
  • 『急就』一篇。
  • 『元尚』一篇。
  • 『訓纂』一篇。
  • 『別字』十三篇。
  • 『蒼頡傳』一篇。
  • 揚雄『蒼頡訓纂』一篇。
  • 杜林『蒼頡訓纂』一篇。
  • 杜林『蒼頡故』一篇。

『史籀篇』『蒼頡篇』『急就篇』といったところが、前漢時代の識字書の定番でしょうか。『史籀篇』の冒頭の句は「大史籀書」、『蒼頡篇』の冒頭の句は「蒼頡作書」、『急就篇』の冒頭の句は「急就奇觚與衆異」。何のことはない、どれも、冒頭の2字ほどをつまんで書名としたに過ぎません。非常に簡単なものだったわけです。

それに比べると、『説文解字』というのは、非常に凝った命名です。この4字は、修辞で言う「互文」になっています。よく知られる互文は、「日進月歩」「天長地久」でしょう。「日月」ごとに「進歩」する、「天地」が「長久」である、という、それぞれ一つのことを言っているのですが、わざと分割して「日進/月歩」「天長/地久」と表現するのです。

さて、「説文解字」なる語も、一見、「文を説く」「字を解く」と二つのことを述べているようですが、実は「文字」を「説解」する、という一つのことを述べたものです。なかなか心憎い書名です。後に顔師古が書いた『匡謬正俗』という書の名も、これを意識したものに違いありません。

なお、この『説文解字』なる書名、許慎がみずから命名したもののはずですが、どういうわけか、許慎の序文には見えず、かえって息子、許沖の上奏文に「慎博問通人、考之於逵、作『説文解字』」と見えるのです。「逵」とは、許慎の師であった大学者、賈逵のこと。それはともかく、許沖の上奏文に書名が見えることについて、段玉裁は次のように言っています。

この書物の名は、許沖の上奏文にしか見えない。まず「説文」といったうえで、さらに「解字」というが、それは古いものを「文」といい、今のものを「字」というのだ。「文字」と言えば、古文・籀文・小篆の三体を含む。「説解」と言えば、指事・象形・形声・会意・転注・仮借の六書をすべて含む。字ごとに、まず義を説解し、次に形を説解し、次に音を説解している。「説」とは、釈すること。「解」とは、判ずること。後世では、省略したかたちで、単に『説文』と呼んでいる。

許慎は『説文』ではなく、『説文解字』と名付けたのです。想像力を刺激される、すてきな書名です。「文」とは何か、「字」とは何かについても、さまざまな議論があるようで、理解は一致していません。後世の学者たちは、それぞれ「書名に込められた許慎の意図」に思いをいたし、それを探ろうとしてきたわけです。

文字を説解する の続きを読む

「筆墨精神」


IMG_0030 京都国立博物館にて、現在開催中(会期:2011年1月8日-2月20日)の展示会「筆墨精神-中国書画の世界」を観覧してきました。

とにかく、会場に立ち入るなり、唐以前の写本のみで第1室が埋められており、これには圧倒されました。それも、近代にもたらされたもののみならず、遣唐使が将来した「古渡り」のものも多くありました。これほどの充実ぶりは予期していませんでした。以下にそれらを列記します。

  • 『法華経』『大智度論』(中国・南北朝時代、5世紀。*クチャ出土。京博)
  • 『三国志』呉志巻12(中国・南北朝時代、5世紀。トルファン出土。書道博物館)
  • 『三国志』呉志巻12(中国・南北朝時代、5世紀。トルファン出土。上野家)
  • 『三国志』呉志巻20(中国・南北朝時代、5世紀。楼蘭出土。書道博物館)
  • 『真草千字文』(中国・隋-唐時代、7世紀)
  • 『漢書』楊雄伝(中国・唐時代、7世紀。上野家)
  • 『世説新書』巻6(中国・唐時代、7世紀。京博)
  • 『玉篇』巻9(中国・唐時代、7-8世紀)
  • 『毛詩正義』秦風(中国・唐時代、7-8世紀。京都市)
  • 『王勃集』巻28(中国・唐時代、7-8世紀。上野家)
  • 『冥報記』(中国・唐時代、8世紀。高山寺)
  • 『文選』「弁命論」(中国・唐時代、8世紀。上野家)

私の関心は、もちろん、初めて眼にする写本『真草千字文』でした。予想よりも、わずかに小さく感じましたが、しかしながら、予想以上に力強い筆でした。写真は見慣れているはずなのに、やはり実物は違うもの、と、感銘を受けました。できることなら、啓功氏にも見てもらいたかったものです。

そのとなりには、宋拓の智永『真草千字文』(隋時代、6世紀。京博(上野コレクション))が並べてありました。この拓本は、「関中本」と呼ばれるもので、写本とともに「神疲守真志滿逐物意移」の行から「浮渭據涇宮殿磐鬱樓觀」の行までの部分を開いて展示してありました。

「比較検討せよ」という趣向なのでしょう。どう見ても、同一の人の書写したもので、また、写本を摸本と見るのも根拠を欠きますので、写本を智永のものと認めて差し支えないように思いますが、展示の解説および図録の解説では、そうとは断定していません。断定を避けるのはかまわないのですが、写本を「隋-唐時代、7世紀」とし、拓本を「隋時代、6世紀」(もちろん、これは石に刻された時期ではなく、その底本が書写された年代、の意ですが)として並べられると、さすがに首をひねります。そろそろ、「智永のものだ」と本当のことを言ってもよい時期ではないでしょうか?そうすれば、すっきりするのですが。

以前、『真草千字文』とともに触れた唐写本『世説新書』も出品されており、しかも、予期せぬ唐写の単疏本『毛詩正義』(これは、京都文化博物館で以前見たことがありましたが、何度でも見たい!)や朱子自筆『論語集註』草稿も出品されており、満足しました。

ほかにも篆刻家、園田湖城のコレクションや作品を大量に列品し、大いに楽しめる展示会でした。入場者も多く、にぎわっていましたよ。

「筆墨精神」 の続きを読む

なぜ『説文』を学ぶのか?


なぜ『説文』を学ぶのか?

  1. 『説文解字』は、漢字を体系立てて説明した書物の元祖であるからです。
  2. 『説文解字』には、「萬物咸覩、靡不兼載」と許慎がみずから誇るように、主要な漢字が網羅的に収められているからです。
  3. 『説文解字』は後世の漢字学の古典・基礎であり、漢字をあつかう以上、避けては通れないからです。

なぜ『説文解字』540部を憶えるのか?

    1. 『説文解字』をまがりなりにも理解するには、その部首の理解が不可欠だからです。
    2. 540の部首は、許慎の思想に基づき配列されているので、序列を知ることで、『説文解字』の全体像を理解できるからです。

・許慎は「方以類聚、物以羣分。同條牽屬、共理通貫」と言っている。つまり、序列に脈絡がある。阿辻哲次『漢字学』(東海大学出版会、1985年)、第1部、「『説文解字』の構成―文字のコスモロジー」に詳しい。たとえば:
・すべての根源であると許慎が考える「一」で始まる。
・巻頭の第1篇に「天」、巻末に近い第13篇に「地」(部首としては「土」)を配し、中間部分の第8篇に「人」を配す。
・第14篇の末には、十干・十二支を配し、「亥」で締めくくる。

  1. 『説文解字』所収のどんな難字でも、字の要素を『説文解字』の指示どおりに分解すると、540部という部品に還元できるからです。
  2. 裏を返せば、540部を知っていれば、すべての『説文』所収字の構造を理解できるからです。

(附)効用として、索引なしに目当ての文字にたどりつくことができるようになります。

なぜ『説文解字注』に頼るのか?

  1. 段玉裁の『説文解字注』という清朝考証学の粋と言うべき著作の登場により、『説文解字』自体の偉大さがより明確になったからです。
  2. 清朝考証学により明らかになった古音の研究成果を、本書を通じて理解する必要があるからです。

個人的な感想

  1. 『説文解字』は、目録学に似ています。まさに分類の思想です。
  2. 『説文解字』は、類書・百科事典に似ています。実用的な知の分類、という意味で。
  3. 『説文解字』は、よくできた地図に似ています。これなしに漢字の世界を旅するのは、無謀です。
  4. 自分が目録学をやっているせいか、索引を使ってしか『説文解字』を利用できないのは、情けないと感じます(頭に全体像が描けていない状態、すなわち、無知)。序列を憶えて、「『説文解字』の思想」を身につけたいと思っています。

2010 in review


The stats helper monkeys at WordPress.com mulled over how this blog did in 2010, and here’s a high level summary of its overall blog health:

Healthy blog!

The Blog-Health-o-Meter™ reads Wow.

Crunchy numbers

Featured image

A helper monkey made this abstract painting, inspired by your stats.

The average container ship can carry about 4,500 containers. This blog was viewed about 15,000 times in 2010. If each view were a shipping container, your blog would have filled about 3 fully loaded ships.

In 2010, there were 78 new posts, growing the total archive of this blog to 125 posts. There were 54 pictures uploaded, taking up a total of 45mb. That’s about 1 pictures per week.

The busiest day of the year was December 5th with 250 views. The most popular post that day was 『説文』540部.

Where did they come from?

The top referring sites in 2010 were blog.livedoor.jp, d.hatena.ne.jp, ancientchina.blog74.fc2.com, a.hatena.ne.jp, and twitter.com.

Some visitors came searching, mostly for xuetui, 学退筆談, 文言文, 啓功, and 陶鴻慶.

Attractions in 2010

These are the posts and pages that got the most views in 2010.

1

『説文』540部 November 2010
26 comments

2

唐作藩「破読音的処理問題」 June 2010
13 comments

3

Xuetui April 2010

4

読書雑誌 April 2010

5

首施とは何ぞや?『辞通』編纂始末 September 2009
10 comments