想像を絶する大震災


2011年3月11日に三陸沖で発生した大震災は、東北の地域のすべてを覆し、関東の人々の暮らしを傷つけました。同じ日本人として、たいへんにつらいことです。この震災の被害に遭って命を落とされた多数の方々のご冥福をお祈りしております。また今なお避難所において苦しんでいらっしゃる何十万人もの被災者の方々が、なんとかこの苦難を乗り越えられますことをも、お祈りいたします。

このような天災に対して、人文学は無力であります。被災された方々の暮らしが穏やかで平安なものとなる日が訪れますよう、ただただ祈念いたしております。

この間、多くの外国の友人たちが、気遣いをくださいました。深く深く、お礼を申し上げるとともに、日本に向けられた世界の人々の温かい眼を代表するものだと、私は信じております。

中国の先生からいただいた言葉に「天災人禍,普世同悲」とありました。「天災」のあまりの過酷さに苦しみつつ、「人禍」のもたらすかもしれぬ底知れぬ不安におののきます。

普段、時世とは距離を置く、我が「学退筆談」ですが、今回ばかりは沈黙することができませんでした。再び、被災者の方々へのお祈りをさせていただきます。 学退拜

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中