一部なのか三部なのか


三日ほど前から『説文解字』段玉裁注を読み始めまして、第一篇上「玉部」上を進行しているところです。

第一篇は、過去に二度は読んだ部分で、今回、三度目です。『説文』段注の大事なことは、初めの部分に書いてある。そう信じて、初めのところばかり、繰り返し読んでおります。「示部」は古代の習俗と礼との関係を詳しくうかがわせ、「玉部」は中国文明の玉に対する尊重を色濃く反映しています。段注では、ともに三礼を詳しく参照しており、経学的な観点からも興味深く読むことができるのは、もともと分かったことです。

しかし、今回ばかりは、全巻読破を目指しているのです。

「初めの部分は数回読んだ」とはいうものの、肝腎の内容をずいぶん忘れており、今回も新鮮な驚きが多いことは、かつは嬉しくかつは寂しく、といったところでしょうか。

その中の大きな驚きを紹介するとともに、一方で個人的な備忘録としたい一文があります。第一上「玉部」、「玖」字。

玖,石之次玉黑色者。从王,久聲〔段注:陸德明引『說文』紀又反。『唐韻』舉友切。古音在一部。『詩』久字在一部,孔子『易傳』久在三部〕。

「玉石混淆」という熟語から分かるように、玉と石とは峻別されるものの、しかしながら、やはり両者の中間のようなものもあります。『説文』によると、「玖」とは、石でありながら玉に似たもの、しかも黒いのだそうですが、その語の「古音」が問題です。段氏は「『詩』久字在一部,孔子『易傳』久在三部」と。

段注では、「某字志之曰古音第幾部」(第一篇上「一部」、「一」字注)と宣言するように、段玉裁の考えた17分類に基づき、古音(『詩経』の大昔から漢代まで行われたと考えられる漢字音)の分類を明記してます。『説文』所載字のすべての音について、段氏は「部」を記しているわけですが、「玖」字については、「一部」であるとしつつも、「『詩経』では「久」の字は第一部に在ったが、孔子が書いた『易伝』では「久」の字は第三部に在った」と言っているのです。

漢字の発音の符号たる「諧声符」が同じであれば、古音は同部、というのが、上古音の常識で、「久」が第一部ならば、その「久」を声符として含む「玖」も第一部、「久」が第三部なら「玖」も第三部、となります。

『詩経』の時代であれ、孔子の時代であれ、「古音」は変化していない、というのが、段玉裁が生きた当時、というよりは、段玉裁の常識です。にもかかわらず、「久」字について言えば、段玉裁は「『詩経』と『易伝』とでは、所属する部が一致していない」と言って、その間の亀裂を示しているのです。

段玉裁には、『説文解字注』のほかに、『六書音均表(Liushuyinyunbiao, りくしょおんいんひょう)』という著作があり、これは『説文解字注』にも付録としてつけられています。あわせて五つの表からなるこの書物こそが、段氏の古音研究の真髄です。その第4は「詩經韵分十七部表」、『詩経』の押韻を分析したもの。第5が「羣經韵分十七部表」、『詩経』以外の先秦典籍の押韻を分析したもの。

「『詩経』では「久」の字は第一部に在ったが、孔子が書いた『易伝』では「久」の字は第三部に在った」。この段氏の主張を、二つの表について見てみましょう。調べてみると、「詩經韵分十七部表」では「久」字は「第一部」に収められて、『詩経』の「旄丘」「六月」「蓼莪」の詩で、押韻が確認されています。そして、他方の「羣經韵分十七部表」では「第三部」に収められ、『易』の臨卦の彖伝、乾卦の象伝、大過の象伝、離卦の象伝において、他の三部の字との押韻が確認されています。

一例だけ、乾卦の象伝の押韻を段玉裁の指摘に従って見ておきます。青色で強調した文字が押韻字です。

「潛龍勿用」,陽在下也。「見龍在田」,德施普也。「終日乾乾」,反復也。「或躍在淵」,進无也。「飛龍在天」,大人也。「亢龍有悔」,盈不可也。「用九」,天德不可為也。

「道」「咎」「造」「首」は、いずれも第三部に所属する上声字です。段玉裁は、「久」がこれらの字と押韻していることを指摘しているのです。

『詩経』と『易伝』では、「久」の所属部が異なる。これは、「古音において、一つの字は一つの部に帰属した」と考える段玉裁の考えを揺るがすものであったように思えます。それゆえ、私は「驚いた」わけです。

なお、第五篇下「久部」に収める、「久」字について、段玉裁は「古音在一部」としか言っておらず、場合によって第三部の所属字と認められることを言っていません。しかし、『説文』段注の第一篇上にある「玖」字においては、これをはっきりと明言しているのです。

こういうことからも、「段注の初めの部分を熱心に読むべき」という私の考えも認められるべき、と、言えましょうか?

冗談はさておきまして、上に挙げたような例、いや例外は、注意深く読みさえすれば、きっと段注の到る処に見られるのでしょう。そのようなわけで心を入れ替えて、「段注の全巻読破」を目指す、これが当面の目標である、そう申し上げておきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中