いにしえに泥(なず)むな


引き続き、『説文解字注』を読んでおり、篇一下、「艸」部を進行中。

「苞」の字義について、許慎は次のように解釈します。

苞,艸也。南陽㠯爲𧆓𡳐。从艸,包聲。
苞、草である。南陽の地ではそれで草履を作る。艸を構成要素とし、音は「包」。

これに対し、段玉裁は異を唱えます。私なりに段氏の意を汲んでまとめると、以下のようになります。

「苞」の本義が草だなんて、おかしい。『詩経』小雅、「斯干」の詩に「如竹苞矣、如松茂矣」とあって、それを毛公が「苞、本也」、つまり「根本」と解釈したのこそが本義だ。

一方、この字は仮借として「包」、包む、くるむ、意としても経典に用いられた。

またさらに「藨」、アブラガヤの仮借としても、「苞」字は経典に用いられた。「苞、艸也」という説解はそれをいうわけだろうし、アブラガヤは草履の材料でもある。これは仮借の義なのだが、もしそれを本義だと思っていたならば、許君はきっと「苞、藨也」と説いたに違いない。

もともと、許君は「苞,本也。從艸,包聲」と書いたはずなのだ。

段玉裁は、この説解、「後人の妄改ではないか?」と疑ったようにも思われます。

「淺人妄竄改之」「後人妄增」などというのは、段玉裁の口癖であり、伝本を無視して自説を貫き、本文を改める時の決まり文句です。

しかし、「苞」字の注では、この決まり文句を口にしていません。かえって、以下のようなことを言っているのです。

蓋艸木既難多識,文字古今屢變,雖曰至精,豈能無誤。善學古者不泥於古可也。
思うに、(孔子が「多く鳥獸草木の名を識る」というのは建前であって)草木の名は多く知るのが難しい上に、文字は時代によって頻繁に変遷するのだから、すばらしく精確であるものですら、誤りを犯すことを免れない。いにしえを学ぶことに長けた者は、いにしえに拘泥しなければ、それでよいのだ。

これは何を言っているのでしょうか?「至精」とは何なのでしょうか?私は、「至精」は許慎『説文』を指していると思います。段玉裁は、この説解を書いた人物が許慎であるか、それとも浅はかな後人であるか、決めがたかったのではないでしょうか。それでも段氏は、この説解に関して、どちらかというと許慎を疑う方向に傾いているように思えます。

「いにしえに泥むな」。言い換えれば「許慎にこだわるな」ということになるでしょう。

段注が許慎の誤りを指摘した例は少なくないのですが、この「善學古者不泥於古可也」という言葉は、特に心にのこりました。

広告

易州龍興観『老子』の无と無


龍興観碑の无
龍興観碑の无

六朝時代、儒教経典のうち、『易』のみは(「無」ではなく)「无」の字を用いた、とのこと、すでに紹介いたしました。

『老子』において「無」は核心的な概念ですが、では、その用字法はどのようになっているのでしょうか。

唐代の『老子』の例として、景龍2年(708)、易州(今の河北省保定)の龍興観という道観(道教寺院)に立てられた石のテクスト、「景龍二年易州龍興観道德經碑」を挙げることができます。この碑の本文は無注本ではあるものの、河上公注本に属する本文を持つと言われており、朱謙之『老子校釈』(中華書局、1963)の底本にもなっています。

この碑は「道経」(『老子』の第1章から第37章まで)を石の表(碑陽と呼びます)に刻し、「徳経」(同、第38章から第81章まで)を裏(碑陰と呼びます)に刻しています。

「無」に着目してその拓本を見ると、奇妙なことに、「道経」についてはすべて「无」字を用い、「徳経」については、途中(64章)までは「無」字を用い、69章より後は「无」字を用いてあります。

『説文』によれば、「无」は「虛无の道」であるとのこと。「無」よりもさらに奥深そうな雰囲気です。「道経」は、「徳経」に比してもなお根源的である、とする立場に拠り、特に「无」字を用いたのかも知れません(「徳経」の69章より後の部分になぜ「无」を用いたのかについては、別途、考察が必要ですが)。

「景龍二年易州龍興観道德經碑」が『老子』テクスト中の善本であることは確かでありますが、このような「遊び心」があったり、また、字句も他の本と比べて相当に個性的です。それゆえ、『老子校釈』を利用する際には、他本への配慮が必要でしょう。

朱謙之の『老子校釈』では、「無/无」の使い分けについても、底本である「景龍二年易州龍興観道德經碑」を忠実に再現しています。つまり、第1章から第37章まで、そして第69章から第80章の各章には、「无」が用いられ、第38章から第64章までの各章には「無」が用いられています。同書をお持ちの方は、ご確認ください。

『老子校釈』では、第1章「无名」に注して魏稼孫と言う人の説を引いて、「景龍二年易州龍興観道德經碑」の「道経」部分はすべて「无」に作り、「徳経」部分の前半は「無」に、「行无行」(69章)より後はまた「无」に作る旨、すでに述べています。

易州龍興観『老子』の无と無 の続きを読む

三体石経、「無」の古文


三体石経の「無」
三体石経の「無」

三体石経とは、三国時代、魏の正始年間(240-249)に立てられた「石製の儒教経典」です。三字石経・魏石経・正始石経とも呼ばれます。『尚書』『春秋』『左伝』の、三つの経典が刻されました。それぞれの文字を、古文・篆文・隷書の三つの書体により書き分けている点に特徴があります。古文字の史料としてもたいへんに貴重なものです。

もともとは洛陽の太学の前に立てられましたが、後にだんだんと失われてしまいました。現在では、部分的に残石が存在するばかりですが、孫海波編『魏三字石経集録』(台湾藝文印書館、1975)にて、その一部の拓本を見ることができます。

「無」字に関しては、幸いなことに、『尚書』無逸篇の「亂罰罪、殺辜」部分の二か所の「無」字の拓本が残存していました。それによると、「無」の古文・篆文・隷書の関係は、以下のようになっています。

  • 古文は「亡」の篆文と似た形。
  • 篆文は「𣠮」(『説文』亡部の「無」)。
  • 隷書は「無」。

『説文』では、「亡」と「𣠮」とを異なる字としていますが、三体石経では同じ字と考えていた可能性もあります。もしそうであるとすると、石経の本文を定めた学者が、問題の字の発音をどう考えていたのか、気になるところです。「亡」は段玉裁の10部で、「𣠮」は5部。

「亡/𣠮」の関係は、もちろん、「明母(*m-)の双声」、「だから音が近いので通ずる」と理解してすませることはできますが、それを主張するためには、三体石経の残存部分全体に検討を加え、「三体石経における用字の規範意識」を論ずる必要があるでしょう。

あるいは石経の本文を定めた学者は、古文には「𣠮」(『説文』亡部の「無」)に相当する字が存在しないため、やむを得ざる処置として、異なる字であることを知りながら「亡」によって空白を埋めたものかも知れません。

「無」。ますますもって、謎の多い文字です。

ただ『易』のみ无字を用いる


易内皆作无字
易内皆作无字

前回、書きましたとおり、段玉裁は「無」と「无」には少し意味の違いがある、と言っています。意味の違いはさておき、「無」「无」の違いを考える際に考慮すべき、もう一つの面白い経学上のテーゼがあります。

それは、「儒教経典のうち、『易』のみが「无」字を用いる」というものです。段玉裁は「无」字に注して「今六經惟『易』用此字」と言っています。

この説のもとになっているのは、6世紀末に陸徳明が書いた『経典釈文』であるらしく思われます。『経典釈文』は『易』の乾卦の「无咎(とが無し)」を釈して、次のようにいっています。

无、音無。『易』内皆作此字。『説文』云:「奇字無也。通於无者、虚无道也。王述説:天屈西北為无」。
无、音は「無」。『易』のなかではすべてこの「无」字に作る。『説文』に「(「无」は)奇字の「無」である。「元」に通じるもので、虚無の道である。王育の説によると、天が西北に傾いているのを「无」という」とある。

『経典釈文』の「通於无」は「通於元」の誤り、「王述」は「王育」の誤り。訳では正しておきました(すでに先人の指摘があります)。

陸徳明は、「无」と「無」とを区別し、(他の経書と異なり)『易』ではすべて「无」の字を用いている、と指摘しているわけです。陸徳明は南朝の人ですから、南朝の『易』の写本は「无」字を用いていたというわけでしょう。

後に唐代においては、「『易』では「无」を用い、他の経では「無」を用いる」という規範意識が、すでに成立していたようです。唐の開成二年に立てられ、西安の「碑林」に現存してもいる「開成石経」は、唐王朝公認の経書本文ですが、これを見ると、『易』については「无」を用い、他の経については「無」を用いています。

甚だしい例は、『左伝』襄公九年のそれです。姜氏の言として、『易』の「隨,元亨利貞,无咎」を引用するのですが、その「无咎」をわざわざ「無咎」と書き換えているのです。

こうして見ると、「无は無の簡体字だ」と無造作に言えないことは明らかでしょう。

ただ、段玉裁が「今六經惟『易』用此字」と言った「今」の語を正当にとらえるならば、『易』とその他の経の間に見える「无/無」の使い分けは、歴史的に形成されて現在に伝わったものに過ぎず、そこに聖人の微意を読み込む必要はないはずです。

「無」と「无」


「无」というのは、「」の簡体字。「」は画数が多いから、省略したのだろう。中国語を習いたてのころ、そう思っていました。

「无」
「无」

その理解があながち誤りというわけでもないのですが、『説文』を学ぶ以上、知る必要があるのは、「无」字がすでに『説文』(第十二篇下、「亡」部)に「」の「奇字」として載っていることです。

无,奇字也。通於元者,虛无道也。王育説:天屈西北爲无。

「无」とは、奇字の「」である。「元」に通じるもので(「元」の第二画を貫く形)、虚无の道である。王育の説では、天が西北に傾いているのを「无」という、とする。

「亡」部の「」と「无」との関係は、常識的に理解するなら、小篆と奇字の関係であり、形の相違に過ぎないのですが、段玉裁はさらに深読みをしてます。

『玉篇』に「无とは、虚无である」と言う。奇字の「无」と篆文の「」は、意味も少しだけ異なる。許慎は(「虚无の道である」と言って)「无」字の意味を説いているのであり、単に形の違いを言っているのではない。

『説文』では「亡」部の「」は「亡」と訓じられ、「亡」は「逃也」と訓じられますから、人や動物が逃げていなくなること。「虚无」、からっぽの「无」とは、意味が少し違う、と言うのでしょう。

「無」と「無」


「無」とは何か?考え始めると、夜も眠ることができません。『老子』第40章にいう「天下之物、生於有、有生於無」とは、どういうことなのか?蜂屋邦夫先生の説明では「「有」は四十二章の「一」「二」「三」に相当し、「無」は「道」に相当する。「道」は形容のしようがないから「無」と言ったのであり、「無」は何もないことではない」(岩波文庫『老子』p.194)とします。道家思想のキーワード、「無」。なかなか難解です。

この「無」、意味のみならず、漢字自体にも問題を抱えています。

「亡」部の「無」
「亡」部の「無」

『説文解字』には、もちろん「の字が載っており、第十二篇下の「亡」部に「無」と「亡」を構成要素とする文字を載せ、次のようにいいます(この字は無理に楷書で示せば「𣠮」なのですが、便宜上、「」と色をつけて表記します)。

,亡也。从亡、無聲。
」とは、消えてなくなること。「亡」を要素とし、発音は「無」。

「亡を要素とし、発音は無」であるというのですから、「」以外に「無」がある道理です。はたして、その「無」は、第六上の「林」部に載っているのです。

「林」部の「無」
「林」部の「無」

無,豐也。从林、𡘲。𡘲,或説規模字。从大、𠦜。𠦜,數之積也;林者,木之多也。無與庶同意。『商書』曰:「庶草繁無」。

「無」とは豊かであること。「林」と「𡘲」とを要素とする。「𡘲」は一説によると、「規模」(の「模」と同じ)である、と。(𡘲は)「大」と「𠦜」とを要素とする。「𠦜」は数が多く積み重なっていることで、「林」とは木が多いこと。「無」と「庶」とは、(多いという)意味が同じである。『尚書』商書に「庶草繁無」とある。

段玉裁は、「無という字は、もともと草木が茂るという意味だったが、隸書で書くときに、有をこの(「亡」を含まない)無で代用するようになり、一方、草木が茂る方は、「廡」や「蕪」を用いるようになった」というようなことを言っています。

「無」は植物が多いことで、「」は人が逃げていなくなり、物がなくなること。二つの文字がともに「無」と書かれることに、不思議な感覚を抱きます。

「無」と「無」 の続きを読む