肉と野菜のスープ


2400年前のスープが入っていた鼎
2400年前のスープが入っていた鼎

読者の方からのお求めに応じ、『説文解字』第1篇下、「艸部」の「芼」字、段玉裁注の解釈を試みます。ちょうど、「艸部」の段注を読んでいたところでしたし、また、『周礼』にも関心を持ち始めていたので、もってこいの話題です。

『説文』に「芼,艸覆蔓。从艸,毛聲。《詩》曰:「左右芼之」」と。その段注に集約された、経学上の問題が焦点です。

段玉裁は、次のように言います。師の戴震(1724-1777)の『毛鄭詩考正』をながながと引用するのに目を引かれます。

 《毛鄭詩考正》曰:「芼,菜之烹於肉湇者也。禮:羹、芼、菹、醢,凡四物,肉謂之羹、菜謂之芼、肉謂之醢、菜謂之菹。菹、醢生爲之,是爲醢人豆實。芼則湇烹之,與羹相從,實諸鉶。《儀禮》:「鉶芼,牛藿、羊苦、豕薇」;(《禮記》昏義)「牲用魚,芼之以蘋藻」;「内則」:「雉、兔,皆有芼」,是也。孔沖遠疑四豆之實無荇,不知《詩》明言芼,非菹也」。

玉裁按:芼字本義是艸覆蔓,故從艸毛,會意。因之《爾雅》曰「搴也」,毛公曰「擇也」,皆於從毛得解。搴之而擇之,而以爲菜釀,義實相成。《詩》禮本無不合。

あえて上に引いた段注を訳出することはしませんが(後の文章を読んでいただければ、大体の意味は分かっていただけるはずです)、ただ、この議論を理解するためには、『説文』に引かれた『詩経』周南、「関雎」の詩の「左右芼之」の一句が経学上、熱い関心を集めたことを知る必要があるでしょう。

「參差荇菜、左右芼之」。「高く低くふぞろいに生えたアサザ」、それをいったい、どうするというのでしょうか?戴震の説を核心として、諸家の解釈を意訳します(お手数ですが、原文は皆さんご確認ください)。

【毛公】「芼」というのは、「選び取る」こと。

【鄭玄】天子のキサキは、お供え物に用いるアサザを摘み終えたが、必ずキサキを支える女官がいて助け(「左右」というのは助ける、ということ)、よいアサザを選び取ってくれる、という意味。

【孔穎達】アサザを摘むのはむろん、供え物とするためだが、『周礼』天官の醢人(祭祀に供える発酵食品を掌る)の「4種のタカツキ(四豆)」の供え物の中にはアサザがない。『周礼』のこの箇所には殷の礼を用いているが、一方この「關雎」の詩は周初の事実を書いたから、アサザが見えるのだ。

【戴震】「芼」の意味には、いろいろと説があって、「抜き取る」説(『爾雅』とその注釈)や、「煮てお供え物にする」説(呂祖謙 『讀詩記』引董氏)などがあるが、どれも「芼」の字をながめて訓詁を生み出したにすぎない。

そうではなく、「芼」とは、野菜を動物性のスープで煮ることなのだ。なんとなれば、礼には羹・芼・菹・醢の四つの供え物があるが、このうち、動物性のスープを羹といい、植物を加えたスープを芼という。動物性の発酵食品を醢といい、植物性の発酵食品を菹という。発酵食品(菹・醢)は「豆」と呼ばれる種類のタカツキに盛る。一方、羹・芼はスープなのだから、タカツキなんかには盛らず、「鉶」と呼ばれる蓋付きの鼎に入れて供えるのだ。つまり、「食器から見る視点」が重要なのだ。

ところが、この道理が分からぬ者がいる。孔穎達だ。『周礼』天官の醢人の「4種のタカツキ」に盛る供え物の中にアサザが含まれないからといって、「『周礼』は殷の礼を用いているが、一方この「關雎」の詩は周初の事実を書いたから、アサザが見える」などと言っている。「植物を加えたスープ」という「芼」の字義を見落としたが故に、『詩経』で明瞭に「芼(野菜入りスープ)」と言っており「菹(野菜の発酵食品)」とは言っていない、という点に、孔穎達は気づかなかったのだ。アサザをてっきり発酵食品に加工する食材と思い込み、スープにするとは思い至らなかったわけだ。

『儀礼』公食大夫礼に「鉶に入れる野菜入りスープは、牛肉と豆の葉スープ、羊肉と苦菜スープ、豚肉とカラスノエンドウのスープ」とあり、『礼記』昏義に「供え物には魚を用い、水草と一緒にスープにする」とあり、『礼記』内則に「雉と兔は、いずれも野菜とともにスープにする」などとある(、それらにすべて「芼」と言っている)のは、どれも「芼」が野菜入りスープである証拠だ。

【段玉裁】「芼」の本義は草が地面を覆って生えている、ということだから、クサカンムリと「毛」との会意だ。『爾雅』の「引き抜く」や毛公の「選び取る」などの説は、いずれも「毛」から生じた解釈だろう。たくさん生えている草を引き抜いて選び取り、その野菜で和えるというわけで、この「芼」字の字義が完成するのだ。どの解釈を欠いても「芼」の全体像は結ばれない。『詩経』と礼は、そもそも義が合しないわけがないのだ。

戴震は、礼学に基づいて、『詩経』解釈史から生まれた「選び取る」などといった「芼」字の理解をはっきりと否定します。歴代の詩経学との対立はきわめて明確です。『爾雅』さえも否定するのです。

一方、戴震の弟子である段玉裁は、『詩経』の解釈史と、「過激派」戴震の説とを、なんと調和させてしまっています。「『詩経』と礼学とは、そもそも矛盾はしない(《詩》禮本無不合)」とは、実は、「『詩経』の解釈学と礼学とは矛盾しない」という主張であり、苦し紛れともいうべき着地点です。師匠の説と歴代の学説を折衷する必要があったのでしょう。段氏は『説文解字注』において『爾雅』をおおむね否定しない立場を取っており、戴氏の態度とはおのずから異なるのです。

さて、戴震が孔沖遠、すなわち孔穎達を否定したこと、上述の通りですが、それではなぜ孔穎達『毛詩正義』は「『周礼』天官の醢人」にこだわったのか?それにはわけがあります。

『詩経』関雎の「參差荇菜、左右流之」に対する鄭玄の「箋」に「言后妃將共荇菜之葅、必有助而求之者」とあるのです。鄭玄がすでに「參差荇菜」は「葅」に用いるものだと言っている以上、「葅(菹)」、発酵食品、は『周礼』醢人の管轄です。つまり孔穎達は、鄭玄の示した方向に従ったにすぎません。そうだとすると、戴震の孔穎達批判とは、その実、鄭玄に向けられたものであること、疑いを容れません。それをことさら孔穎達のせいにするのは、中正を失したものというべきでしょう。

今回は、経学上、相当に入り組んだ話題を取り上げましたが、それにしても、「学退筆談」のような零細ブログであっても、楽しみにしてくださる読者、期待してくださる読者がいらっしゃる、というのは、大変な励みになります。今後とも、大いにご意見をお寄せください。

【補】 写真は、2010年11月に陝西省の咸陽飛行場の工事現場から発見された、犬のスープが入った鼎。2400年前の秦の墓に収められていたそうで、中国古代のスープの実物が見つかったのは、これが初めてとのこと。よほど密閉性の高い容器だったのでしょう。新聞記事のリンクをお示しします。

http://www.chinadaily.com.cn/dfpd/hlj/2011-04/01/content_12261714.htm

広告

「肉と野菜のスープ」への4件のフィードバック

  1. 古勝 隆一先生
                            2011年7月24日
    前略。
    ◎「肉と野菜のスープ」。
    胸の空く議論を拝聴いたしました。どうか、「説芼」のみならず、今後も段氏の肉声を聞く心地のする議論をお聞かせ願います。
    ところで、戴震の生年は、雍正元年・西暦1723年ではないでしょうか?
    藤田 吉秋・Eメール・toubokuji@nifty.com

  2. 藤田吉秋様

    どうも、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

    戴震の生年につきましては、確認いたしますが、少々お時間をください。よろしくお願いいたします。 古勝隆一

  3. 藤田吉秋様

    戴震の生年を調べてみました。段玉裁『東原年譜』によると、「世宗憲皇帝元年癸卯、先生生」「先生以十二月己巳生邑里之居第」ということです。世宗憲皇帝は雍正帝で、その元年は西暦1723年に当たります。戴氏の生まれた十二月己巳は、中暦では雍正元年12月24日、これを西暦に換算すると1724年1月19日、となります。旧暦の年末に生まれたので、旧暦と西暦とのずれが生じています。西暦で言えば、1724年というのは誤りではありませんでした。 古勝隆一

  4. 古勝 隆一先生
                            2011年7月25日
    拝復。
    ◎「戴震の生年」。
    Wikiには「戴震(1724年1月19日-1777年7月1日)」としてありました。
    「段玉裁先生年譜」に「乾隆42年5月27日、戴東原卒于京師。先生少東原十二歳」とあったので、1735年生まれの段氏より12歳年長だとすると1723年生まれか、と考えました。
    『戴震集』(2009年6月・上海古籍出版社)前言には「生於雍正元年(公元一七二三年)」とした上で、「他生於雍正元年十二月己巳、當公元一七二四年一月」と注記がありました。
    今後はWikiの方式に変わって行くのでしょうか・・・。
    藤田 吉秋
    Eメール・toubokuji@nifty.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中