先学を語る-頼惟勤先生


東方学会の学会誌『東方学』は、優れた学術論文を載せるのはもちろん、「座談会」「追悼」といった学界消息も紹介しています。「座談会」は毎回、楽しみにしております。

今回、『東方学』第122号(2011年7月)の座談会は、頼惟勤(らい・つとむ、1922-1999)先生のお人柄・ご学問について、生前に交流のあった学者たちが語る、という趣向です。石川忠久・佐藤保・戸川芳郎・直井文子・藤山和子・松本昭・水田紀久・平山久雄の諸先生が、座談会に加わっていらっしゃいます(平山先生は「紙上参加」ということです)。

頼先生については、『説文入門』をこのブログで取り上げたこともありますし、汲古書院から、3冊の著作集が出されており、大きく後学に裨益しています。

  • 『中國音韻論集』(頼惟勤著作集1) 汲古書院,1989年
  • 『中國古典論集』(頼惟勤著作集2)汲古書院,1989年
  • 『日本漢學論集』(頼惟勤著作集3)汲古書院,2003年

私は頼先生にお目にかかったことはなく、ご高名をうかがうばかりでしたので、紙数にして30ページにも及ぶこの座談会の内容には関心を持ちました。

その内容は、読者の皆さんにそれぞれ図書館でお読みいただくとしまして、頼先生が参加なさり、また主催された読書会の様子が紹介されていたのを、興味深く読みましたので、紹介します。

一つは、昭和27年ごろから、近藤光男・山井湧・頼惟勤・石川忠久の諸先生が始められたという読書会です。初期は『戴震文集』を読み、後に『資治通鑑』『入蜀記』『桟雲峡雨日記』『礼記』を読まれ、何と35年ほども継続された、とのこと。1970年に平凡社から出された中国古典文学大系『資治通鑑』は、この成果とのことですが、恥ずかしながら、これまで気がつきませんでした。

また、『説文入門』の母体となっている説文読書会についても、面白い紹介がありました。頼先生は「略年譜」の昭和45年の「説文読書会の主催」の項目に、「”女子大亡国論”への回答のつもりとして」と書かれた、とのエピソードです(p.149)。「略年譜」は、もともと『お茶の水女子大学中国文学会報』第6号に載せられたものですが、今回、修訂を加えて『東方学』に転載されました。ただ、当時の「女子大亡国論」なるものがどういうものか知らないので、正しい解釈はできません。

やはり頼先生のご学問というのも、読書会を離れてはありえなかったのだな、と感慨を深くしました。

私事ながら、この8月、北京師範大学の人文宗教高等研究院に赴き、『老子』の読書会を開催してきました。中国には、日本の大学の文学部で行われているような「演習」形式の本読みの授業は少なく、学者同士の読書会も多くないようです。そういうわけで、「日本式の読書会を紹介してくれ」という中国の先生の要請を受け、今回、出講した次第です。

いままで、読書会というのはあまりにもあたりまえのもので、その意義を明確に意識したことさえなかったのですが、やはり、日本漢学のすぐれた伝統のひとつなのでしょう。帰国後、この「先学を語る」を読み、あらためて読書会という学術的な習慣のありがたさを感じました。