日本に目録学なし


「日本に目録学なし」。この強烈なアンチテーゼには一瞬にして引き込まれました。日本学には暗い者ではありますが、それでも、これまで眼に触れた書物から推すなら、きっと日本には目録学はなかったのだろう、と肯きたい気分になります。

このことばは、内藤湖南「敬首和尚の典籍概見」冒頭の一句です。『内藤湖南全集』第12巻(筑摩書房、1970年)所収。

 日本に目録學なし。目録や解題の書は相應に古き世より之あり、漢籍にては日本國現在書目、佛書にては八家の將來録などより、信西入道の藏書目、清原業忠の本朝書籍目録、これらは古書を考ふる者の缺くべからずとする所にして、徳川時代に入りては林道春父子の日本書籍考、經典題説が解題の嚆矢となりしより、遂に支那人をして其の名著に驚かしめたる經籍訪古志のごとき者さへ出づるに至りたり。故に目録の書は觀るべき者少しとせざれども、目録學の書に至りては、殆ど之あるを見ず。

 されば一人にても半人にても、此間に目録學らしき者を爲したる人あらば、之を空谷の跫音とせざる能はざるなり。余は敬首和上の「典籍概見」を以て、我邦に於ける殆ど唯一の目録學書として推薦せざるを得ず。

この一文を読み、是非とも『典籍概見』を一読したくなりました。宝暦年間に出された版本は珍しい本ですが、幸い、汲古書院が出した次の叢書に影印が収められていて、現在では容易に見ることができます。長澤規矩也・阿部隆一編『日本書目大成』第三巻(汲古書院、1979年)所収。

その解題を引いておきましょう。

典籍概見 釋敬首(隨縁道人)撰 釋天心筆記 釋大梁校 寶暦四年〔1754〕四月刊本 半一冊
寶暦四年芝増上寺僧大梁序、題言、同年海雲跋。道書・儒書・私史・國史・野史に渉って、分類綱目ならびに各類中の代表作について説明し、学び方、讀み方を記したもの。
著者は浄土宗の僧、晩年、下谷に瓔珞庵を結び、書庫真如院に數萬の古書を藏した。寛延元年〔1748〕寂、六十六歳。跋末に「和泉屋新八」と刊者の名を刻入した傳本がある。

本文わずかに27葉の薄い本ですから、すぐに読み終わりましたが、痛快な読後感、確かに素晴らしい書物です。目録学を理解し、そしてその目録学を応用して万巻の書籍を読み解いた、その跡をありありと示しています。同時代の中国には敬首和尚ほどの見識を有した学者が幾らもいたことでしょうが、日本ではおそらく唯一人ではなかったのでしょうか。

よい師、よい友がいて、よい学問ができるのは、当然です。しかし敬首和尚は、独学してこの境地にいたったものか、と想像されます。数万巻の蔵書とは理想的な環境でしょうが、それにしても、よい師もなく、みずからの力で漢籍をここまで読み解けたとすれば、それは驚異的です。「絶せる炯眼を具して、博覽の餘に自然に著述源流の學を、髣髴として把捉し得たる者」と湖南が激賞する道理です。

ただ、「其書は自ら筆を執りて記述したるにあらずして、其の弟子天心の筆記に成り、而も其の歿後に刊行せられたれば、往々筆者の誤と見ゆる處あり」と湖南も言うとおり、首を傾げてしまうようなところもあります。

それらの瑕疵は畢竟、敬首和尚が自分で書いたものではなく弟子の編輯になる、という経緯に由来するのでしょう。敬首の弟子の一人、海雲が書いた跋文は、その間の苦悩を濃くにじませています。

蓋し此書は、先師二三の小子の為めに、漫説せる一時の茶話を、天心の録せるものにて、刊定の書にしもあらず。豈にはからんや、今日壽梓の舉あらむとは。夫れ先師非常の識にして、其述する處多しといへども、帳中に秘して、さらに人間に流行することを許し玉はざりき。然るに此書の如き、梁子の手に落ちて、先づ世に行はるるものは、それ幸とせんか、また不幸とせんか。既でに上木の功畢れり、何かんともすることあたはず、看了一過して、ただ先師の説なる事を証明するのみ。

「もう出版の仕事は終わってしまった、もうどうすることもできない」。敬首の学識が正しく反映されていない、という思いが、弟子の海雲にあったに違いありません。しかし、後世の我々にとって、この書物がまがりなりにも出版されたことは「幸」とすべきでしょう。そうでなければ、敬首和尚という卓越した学者がいたことすら、知られずに終わったのですから。

今となっては、外典に関する敬首和尚の学識をうかがうよすがは、『典籍概見』のみです。この点については、残念というほかありません。ただ『国書総目録』を見ると、『阿弥陀経』の注釈などが写本として伝えられているようですから、余力があればいずれ読んでみたいものです。

藩札の学問


對嵐山房雅會記念寫眞
對嵐山房雅會記念寫眞

筑摩叢書に収められている神田喜一郎『敦煌學五十年』(筑摩書房、1970)に、「大谷瑩誠先生と東洋學」の一文があります(p.171-182)。

浄土真宗大谷派連枝、大谷大学学長でもあった大谷瑩誠師(1887-1948)の十七回忌法要に際しての記念講演ということで、神田氏は、大谷師の東洋學を概観した上で、次のように述べています。

大谷先生が御興味をお持ちになりました學問は、大體、以上お話いたしましたような諸方面にわたるように窺うのでありますが、それは、明治の末期から大正の初にかけて、とくに京都の地を中心として勃興いたしました新しい中國學の傾向と一致しているのであります。

その時代の中國學の指導者でありました内藤湖南先生とか狩野君山先生とかは、學問は世界的のものでなければならないということを、よく申されました。とくに狩野先生は、私どもに對して藩札の學問であってはならないと教えられたものであります。昔、江戸時代、日本全國が澤山の藩に分かれておりましたとき、各藩ではそれぞれ紙幣を發行いたしました。それが藩札であります。藩札は、その藩内では金銀同樣に通用いたしますが、藩外へ一步出ますと全くただの紙切れにすぎない、そういう性質のものであります。これに對して、金銀ならば、どこの藩でも同じように通用いたします。

狩野先生は、學問はすべからく金銀のように世界中どこへ出しても通用するものでなければならないということを仰言ったのであります。

いったい日本では、昔から漢學という長い傳統のある學問がありまして、これは、非常に尊いものであり、價値のあるものでありますが、しかしながら、この漢學は、長い鎖國時代に發達いたしましたもので、これをそのまま中國へ出しては通用いたしません。

内藤湖生や狩野先生は、それではいけないと考えられたのでありまして、京都に新しく勃興しました中國學は、こういう大きな理念のもとに發達したものであります。大谷先生は全くこれに御共鳴になったのであります。(p.177-178)

いまこそ、「新しい中國學」草創の理念を想起すべき秋ではないのでしょうか。

藩札の学問 の続きを読む

青木保『異文化理解』


青木保氏(1938-)の『異文化理解』(岩波書店、2001年7月、岩波新書)を読みました。 10年前に書かれたものでありながら、新刊のように読んでも違和感がありません。2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件に言及しないのを不思議に感じたくらいです。

著者はアジア文化研究の大家で文化庁長官も務められた方、紹介するまでもありません。青木氏が書かれたほかの書物もいくつか読みましたが、常に豊富な経験と確かな視座にもとづいて書かれており、本書もまた実に信頼のおける一冊であると感じられました。しかも、一般になじみのないアジア研究を分かりやすく紹介される執筆態度は、我々後進のアジア学者をも鼓舞してくれるようです。

興味深く思われた一節を紹介しましょう。

日本人はどうも自己完結的というのか、外来文化を日本文化の中で消化しようとしてしまう。外から伝わった文化の要素でもいつのまにか日本文化になってしまっているということが多く、それで、逆に異文化をあまり意識しないのではないでしょうか。異文化に対する憧れも軽蔑もあるのですが、日常生活の中で異文化に対する無関心というものが、いかに大きな誤解とか差別とか、逆に外国での日本に対する悪感情を生むかということを意識しないで行動している場合が多いと思います。(p.105)

私自身の研究する中国学についていうと、我が国は古代以来、大陸文化の影響を受けてきたために、相当に深く、我が国の文化の中に大陸文化の一部が根付いているのは、周知のことです。では、「漢字」「漢文」は日本文化なのか、否か?ここで意見が分かれるのです。私自身は、「漢字、漢文はそもそも外国文化であり、日本に来た後も、せいぜい外来文化である」という一点を堅持しており、「訓点を振られた中国文は、中国語でなく日本語である」と主張する日本文学の研究者と議論したこともあります。また、日本の中国学研究者にも、中国古典研究を外国文化研究として明確に認識しない人がいることも事実です。「外来文化を日本文化の中で消化しようとしてしまう」傾向は、研究の世界にいても、常日頃、実感するところです。

青木氏の透徹した「異文化理解」ならびに日本理解には、至るところで肯かせられます。異文化を研究してみようという人や、留学に出ようという若者は一読すべき書物でありましょうし、「異文化」に関心を持つ者ならば、大いなる感慨をもって本書に接し得ることでしょう。

しかし、一般向けの書物としてはどうでしょうか。異文化、ひるがえっては我が国の文化を体当たりで知ろうとする者でないかぎり、読み通したとしてもその小さな断面を見るに過ぎないようにも思われます。語り口が柔らかで、分かりやすいが故に、さらにそう心配になりました。人それぞれに「自分なりの異文化理解」があるからこそ、問題を矮小化してしまうものなのかも知れません。

せめて、「ステレオタイプ」を痛烈に批判する著者の次のことばだけでも、より多くの人の胸に響くとよいのですが。

 ステレオタイプ的理解というのは、異文化や他者に対する極端な理解の仕方ですから、常にそこには人間を人間としてみる視点が欠けています。相手が何々教徒、何民族、何人と聞いただけでまともに相手を見、現実を捉えようとする耳目は完全にふさがれてしまう。何ともやり切れない浅はかな行ないだと思うのですが、いまだに私たちはそこからのがれられないでいるのです。(p.119)

『新華字典』第11版には、まいりました


待ちに待った『新華字典』(《新华字典》)第11版。第10版が2004年1月の発行でしたから、昨年くらいから「そろそろか」と待っていたのです。その第11版が2011年6月に出版され、東京あたりの書店では7月に売りだしたそうですが、私が入手したのは8月に入ってから北京の書店にて。『新華字典』を購入する時はいつもそうなのですが、嬉しくてたまりません。

私は学部生の頃から、『新華字典』を「中国古典を読むための字書」として使い続けています。そして今では、学生たちをはじめとする「中国古典を学びたい人々」に対して、この『新華字典』を強く推薦しています(身近な人には、強要しているといった方が正しいかも知れません)。これ一冊で、たいていのことが分かってしまいます。

「『新華字典』一冊をもとに『千字文』を暗誦する」試みとして、「文言基礎」というサイトも作りました。おかげさまで、多くの方の支持を得ることができました。

漢字には、複数の読音が存在するものが多くあり、多音字と呼ばれます。常用字には特にその傾向がうかがわれるので、常用字の多い『千字文』にも「読音問題」がつきまといます。そういうわけで『千字文』を暗誦するといっても、まず、読音がどれなのか、字書にあたって調べる必要があるのです。「文言基礎」でもこの問題を念入りに検討しました。

しかし、初心者が読音を正しく選択するのは至難です。そこで、『千字文』を読む際にかぎり、次のような単純明快な方策を立てました。「『新華字典』で第一に挙げている読音を採る」、というものです。

第10版の凡例の第2条に次のように言います。

一个字头有几个音的,就列为几个字头,各在注音前面分别用(一)(二)(三)等表明次第,注解之末附列有其余的音及其所见页码。

第10版においては、多音字につき番号が振ってあったので、機械的にその第一の音を採る、というわけです。もちろん、この方法がうまくゆかない例もありましたが、大方針としては有効です。というのは、多音字の場合、「音」(読音)と「義」(意味)が対応しており、「本義」(その字本来の意味)には「本音」(本来の音)が対応し、「派生義」にはそれ以外の音が対応するという原則がまずあり、『新華字典』も大体においてその原則に則っているからです。「本義」において字を用いる傾向のある『千字文』には、これが有効というわけなのです。

たとえば、『千字文』の「雲騰致雨,露結為霜」のうち、「雨」「露」「為」は多音字であり、それぞれ『新華字典』にて(一)と表記してあるyu3、lu4、wei2の音を選べばよいわけです。

ところが第11版では、この序列が取り消されてしまっています。第11版の凡例の第2条に次のように言います。

一个字头有几个音的,就列为几个字头,各在注解之末附列其余的音及其所见页码,按音序连排。

多音字のすべての読音が平等に羅列されています。「優先順位」が抹消され、「本義」「本音」を見分ける手がかりを失ってしまったわけです。

『新華字典』第11版は、初学者にとっては使いづらい工具書になってしまいました。「文言基礎」も方針を考え直すか、あるいは「第10版を使い続けることを推奨する」かしかないようです。頭の痛いところです。