『新華字典』第11版には、まいりました


待ちに待った『新華字典』(《新华字典》)第11版。第10版が2004年1月の発行でしたから、昨年くらいから「そろそろか」と待っていたのです。その第11版が2011年6月に出版され、東京あたりの書店では7月に売りだしたそうですが、私が入手したのは8月に入ってから北京の書店にて。『新華字典』を購入する時はいつもそうなのですが、嬉しくてたまりません。

私は学部生の頃から、『新華字典』を「中国古典を読むための字書」として使い続けています。そして今では、学生たちをはじめとする「中国古典を学びたい人々」に対して、この『新華字典』を強く推薦しています(身近な人には、強要しているといった方が正しいかも知れません)。これ一冊で、たいていのことが分かってしまいます。

「『新華字典』一冊をもとに『千字文』を暗誦する」試みとして、「文言基礎」というサイトも作りました。おかげさまで、多くの方の支持を得ることができました。

漢字には、複数の読音が存在するものが多くあり、多音字と呼ばれます。常用字には特にその傾向がうかがわれるので、常用字の多い『千字文』にも「読音問題」がつきまといます。そういうわけで『千字文』を暗誦するといっても、まず、読音がどれなのか、字書にあたって調べる必要があるのです。「文言基礎」でもこの問題を念入りに検討しました。

しかし、初心者が読音を正しく選択するのは至難です。そこで、『千字文』を読む際にかぎり、次のような単純明快な方策を立てました。「『新華字典』で第一に挙げている読音を採る」、というものです。

第10版の凡例の第2条に次のように言います。

一个字头有几个音的,就列为几个字头,各在注音前面分别用(一)(二)(三)等表明次第,注解之末附列有其余的音及其所见页码。

第10版においては、多音字につき番号が振ってあったので、機械的にその第一の音を採る、というわけです。もちろん、この方法がうまくゆかない例もありましたが、大方針としては有効です。というのは、多音字の場合、「音」(読音)と「義」(意味)が対応しており、「本義」(その字本来の意味)には「本音」(本来の音)が対応し、「派生義」にはそれ以外の音が対応するという原則がまずあり、『新華字典』も大体においてその原則に則っているからです。「本義」において字を用いる傾向のある『千字文』には、これが有効というわけなのです。

たとえば、『千字文』の「雲騰致雨,露結為霜」のうち、「雨」「露」「為」は多音字であり、それぞれ『新華字典』にて(一)と表記してあるyu3、lu4、wei2の音を選べばよいわけです。

ところが第11版では、この序列が取り消されてしまっています。第11版の凡例の第2条に次のように言います。

一个字头有几个音的,就列为几个字头,各在注解之末附列其余的音及其所见页码,按音序连排。

多音字のすべての読音が平等に羅列されています。「優先順位」が抹消され、「本義」「本音」を見分ける手がかりを失ってしまったわけです。

『新華字典』第11版は、初学者にとっては使いづらい工具書になってしまいました。「文言基礎」も方針を考え直すか、あるいは「第10版を使い続けることを推奨する」かしかないようです。頭の痛いところです。

広告

「『新華字典』第11版には、まいりました」への6件のフィードバック

  1. 新華字典第10版を、運好く内山書店で買うことが出来ました。大事に使います。ありがとうございました!

  2. Frannyさま

    コメントくださいまして、ありがとうございました。第10版は、良いですね。私も大切に使っております。

    学退より

  3. 中国語学習者です。先日《新华字典》第11版を買いました。中国人の友人たちにはあの小学生が使うやつね。とみんなニヤニヤ、ちょっとバカにしたような表情をします。しかし、この字典はもしかしたら、すばらしいものじゃないのだろうか?と思いいろいろ調べているうちにここにたどり着きました。私は現代中国語を勉強する為に買ったのですが、『千字文』から始める文言基礎。すばらしいです!漢字の素養はこのようにして身につけるべきだと確信しました。第11版には上記のような問題があるのですね。早速、第10版を注文しました。私は中国の書籍は当当網で買っていますが、まだ第10版買えるようです。《新华字典》から世界が広がりそうです。ありがとうございました。

  4. 迷典さま、はじめまして。当サイトを訪れてくださいまして、まことにありがとうございます。『新華字典』を縁として、ここに来てくださったわけですね。

    それにしても、誰に勧められるでもなく、ご自分で『新華字典』のよさに気がつかれたのですか?驚きました。私を含め、多くの人は、「勧められるままに使っているうちに…」、というくちなので。

    ちょっとバカにしたような、というのは、手に取るように分かります。しかしながら、今後、使い続けていただければ、きっとお分かりになると思いますが、知れば知るほど、よい字書なのです。私のまわりでも、相当たくさんの方が愛用していますよ。

    また、これを機に、古典にもご関心をおもちいただければ、私としてはうれしく存じます。

    学退より

  5. 私が『新華字典』が素晴らしいと思った理由はこうです。
    中国語は一字一字の漢字に支配されていると感じています。その一字の漢字の意味を知る上での字書。とても簡潔で、中国語らしい風格をもっている。片手で持てるコンパクトさ。ちょっと調べるのに適した便利さ。中国の小学生なら誰でも持っている。4億5千万部以上の発行数。価格はその時の一斤の豚肉の値段から決められている。
    実用的であり、実績もあり、そしてストーリーもある。完璧です。
    私にとっては世界で一番好きな辞書です。
    この縁をきっかけに文言基礎『千字文』からご指導のとおりやっていきたいと思います。
    今後とも宜しくお願いいたします。

  6. 迷典さま、

    お挙げになった理由は、それぞれごもっともと存じます。また、『千字文』も学ばれるとのことで、たいへん嬉しく存じます。ご質問いただければ、できるかぎり、誠実にお答えさせていただきます。こちらこそ、よろしくお願いいたします。

    学退より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中