青木保『異文化理解』


青木保氏(1938-)の『異文化理解』(岩波書店、2001年7月、岩波新書)を読みました。 10年前に書かれたものでありながら、新刊のように読んでも違和感がありません。2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件に言及しないのを不思議に感じたくらいです。

著者はアジア文化研究の大家で文化庁長官も務められた方、紹介するまでもありません。青木氏が書かれたほかの書物もいくつか読みましたが、常に豊富な経験と確かな視座にもとづいて書かれており、本書もまた実に信頼のおける一冊であると感じられました。しかも、一般になじみのないアジア研究を分かりやすく紹介される執筆態度は、我々後進のアジア学者をも鼓舞してくれるようです。

興味深く思われた一節を紹介しましょう。

日本人はどうも自己完結的というのか、外来文化を日本文化の中で消化しようとしてしまう。外から伝わった文化の要素でもいつのまにか日本文化になってしまっているということが多く、それで、逆に異文化をあまり意識しないのではないでしょうか。異文化に対する憧れも軽蔑もあるのですが、日常生活の中で異文化に対する無関心というものが、いかに大きな誤解とか差別とか、逆に外国での日本に対する悪感情を生むかということを意識しないで行動している場合が多いと思います。(p.105)

私自身の研究する中国学についていうと、我が国は古代以来、大陸文化の影響を受けてきたために、相当に深く、我が国の文化の中に大陸文化の一部が根付いているのは、周知のことです。では、「漢字」「漢文」は日本文化なのか、否か?ここで意見が分かれるのです。私自身は、「漢字、漢文はそもそも外国文化であり、日本に来た後も、せいぜい外来文化である」という一点を堅持しており、「訓点を振られた中国文は、中国語でなく日本語である」と主張する日本文学の研究者と議論したこともあります。また、日本の中国学研究者にも、中国古典研究を外国文化研究として明確に認識しない人がいることも事実です。「外来文化を日本文化の中で消化しようとしてしまう」傾向は、研究の世界にいても、常日頃、実感するところです。

青木氏の透徹した「異文化理解」ならびに日本理解には、至るところで肯かせられます。異文化を研究してみようという人や、留学に出ようという若者は一読すべき書物でありましょうし、「異文化」に関心を持つ者ならば、大いなる感慨をもって本書に接し得ることでしょう。

しかし、一般向けの書物としてはどうでしょうか。異文化、ひるがえっては我が国の文化を体当たりで知ろうとする者でないかぎり、読み通したとしてもその小さな断面を見るに過ぎないようにも思われます。語り口が柔らかで、分かりやすいが故に、さらにそう心配になりました。人それぞれに「自分なりの異文化理解」があるからこそ、問題を矮小化してしまうものなのかも知れません。

せめて、「ステレオタイプ」を痛烈に批判する著者の次のことばだけでも、より多くの人の胸に響くとよいのですが。

 ステレオタイプ的理解というのは、異文化や他者に対する極端な理解の仕方ですから、常にそこには人間を人間としてみる視点が欠けています。相手が何々教徒、何民族、何人と聞いただけでまともに相手を見、現実を捉えようとする耳目は完全にふさがれてしまう。何ともやり切れない浅はかな行ないだと思うのですが、いまだに私たちはそこからのがれられないでいるのです。(p.119)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中