日本に目録学なし


「日本に目録学なし」。この強烈なアンチテーゼには一瞬にして引き込まれました。日本学には暗い者ではありますが、それでも、これまで眼に触れた書物から推すなら、きっと日本には目録学はなかったのだろう、と肯きたい気分になります。

このことばは、内藤湖南「敬首和尚の典籍概見」冒頭の一句です。『内藤湖南全集』第12巻(筑摩書房、1970年)所収。

 日本に目録學なし。目録や解題の書は相應に古き世より之あり、漢籍にては日本國現在書目、佛書にては八家の將來録などより、信西入道の藏書目、清原業忠の本朝書籍目録、これらは古書を考ふる者の缺くべからずとする所にして、徳川時代に入りては林道春父子の日本書籍考、經典題説が解題の嚆矢となりしより、遂に支那人をして其の名著に驚かしめたる經籍訪古志のごとき者さへ出づるに至りたり。故に目録の書は觀るべき者少しとせざれども、目録學の書に至りては、殆ど之あるを見ず。

 されば一人にても半人にても、此間に目録學らしき者を爲したる人あらば、之を空谷の跫音とせざる能はざるなり。余は敬首和上の「典籍概見」を以て、我邦に於ける殆ど唯一の目録學書として推薦せざるを得ず。

この一文を読み、是非とも『典籍概見』を一読したくなりました。宝暦年間に出された版本は珍しい本ですが、幸い、汲古書院が出した次の叢書に影印が収められていて、現在では容易に見ることができます。長澤規矩也・阿部隆一編『日本書目大成』第三巻(汲古書院、1979年)所収。

その解題を引いておきましょう。

典籍概見 釋敬首(隨縁道人)撰 釋天心筆記 釋大梁校 寶暦四年〔1754〕四月刊本 半一冊
寶暦四年芝増上寺僧大梁序、題言、同年海雲跋。道書・儒書・私史・國史・野史に渉って、分類綱目ならびに各類中の代表作について説明し、学び方、讀み方を記したもの。
著者は浄土宗の僧、晩年、下谷に瓔珞庵を結び、書庫真如院に數萬の古書を藏した。寛延元年〔1748〕寂、六十六歳。跋末に「和泉屋新八」と刊者の名を刻入した傳本がある。

本文わずかに27葉の薄い本ですから、すぐに読み終わりましたが、痛快な読後感、確かに素晴らしい書物です。目録学を理解し、そしてその目録学を応用して万巻の書籍を読み解いた、その跡をありありと示しています。同時代の中国には敬首和尚ほどの見識を有した学者が幾らもいたことでしょうが、日本ではおそらく唯一人ではなかったのでしょうか。

よい師、よい友がいて、よい学問ができるのは、当然です。しかし敬首和尚は、独学してこの境地にいたったものか、と想像されます。数万巻の蔵書とは理想的な環境でしょうが、それにしても、よい師もなく、みずからの力で漢籍をここまで読み解けたとすれば、それは驚異的です。「絶せる炯眼を具して、博覽の餘に自然に著述源流の學を、髣髴として把捉し得たる者」と湖南が激賞する道理です。

ただ、「其書は自ら筆を執りて記述したるにあらずして、其の弟子天心の筆記に成り、而も其の歿後に刊行せられたれば、往々筆者の誤と見ゆる處あり」と湖南も言うとおり、首を傾げてしまうようなところもあります。

それらの瑕疵は畢竟、敬首和尚が自分で書いたものではなく弟子の編輯になる、という経緯に由来するのでしょう。敬首の弟子の一人、海雲が書いた跋文は、その間の苦悩を濃くにじませています。

蓋し此書は、先師二三の小子の為めに、漫説せる一時の茶話を、天心の録せるものにて、刊定の書にしもあらず。豈にはからんや、今日壽梓の舉あらむとは。夫れ先師非常の識にして、其述する處多しといへども、帳中に秘して、さらに人間に流行することを許し玉はざりき。然るに此書の如き、梁子の手に落ちて、先づ世に行はるるものは、それ幸とせんか、また不幸とせんか。既でに上木の功畢れり、何かんともすることあたはず、看了一過して、ただ先師の説なる事を証明するのみ。

「もう出版の仕事は終わってしまった、もうどうすることもできない」。敬首の学識が正しく反映されていない、という思いが、弟子の海雲にあったに違いありません。しかし、後世の我々にとって、この書物がまがりなりにも出版されたことは「幸」とすべきでしょう。そうでなければ、敬首和尚という卓越した学者がいたことすら、知られずに終わったのですから。

今となっては、外典に関する敬首和尚の学識をうかがうよすがは、『典籍概見』のみです。この点については、残念というほかありません。ただ『国書総目録』を見ると、『阿弥陀経』の注釈などが写本として伝えられているようですから、余力があればいずれ読んでみたいものです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中