東洋文庫蔵古抄本『史記』夏本紀


国宝『史記』
東洋文庫蔵、国宝『史記』

東洋文庫ミュージアムは、2011年10月20日にオープンしたばかりの美術館で、東洋文庫の至宝を観覧者に供しています。「国宝の間」がしつらえられ、国宝の古抄本『史記』が出陳されているというので、参観してきました。

しかし、せっかく実物を拝見するのですから、その前に少し勉強しました。「財団法人東洋文庫所蔵 岩崎文庫善本画像データベース」から大いなる益を受けました。そこから、この抄本の書誌を転載いたします。

【書名】史記一百三十巻 存夏本紀第二、秦本紀第五

【編著者】漢司馬遷撰 劉宋裴駰集解

【書写事項】天養二年(1145)鈔本(二巻別筆)

【巻冊】巻子二軸

【書誌事項】原装表紙、改装縹色唐紙銀二重菱花卉文表紙、紫檀丸軸、本文楮交斐紙 原表紙28.1㎝×12.0㎝(天地截落あり)裏書「史記二 乙九十六箱」、後補表紙書題簽「史記 夏本紀」 1紙28.5×51.0㎝全17紙(全長779㎝)烏糸単辺界高21.9〜22.0㎝ 有界毎紙21行毎行18〜19字内外 〔鎌倉初期〕朱筆ヲコト点(古紀伝点)、〔鎌倉初期〕墨筆返点・片仮名・四声点、〔南北朝〕別墨筆返点 印記「高山寺」

【解題】本書は、『高山寺聖教目録(建長目録)』(鎌倉中期写)の第九十六乙箱に「史記十二巻 史記十巻不具」と記されている何れかの原本である高山寺旧蔵本である。(『岩崎文庫貴重書解題Ⅳ』p.72)]

【請求記号】一〇-999

この「岩崎文庫善本画像データベース」はたいへんにありがたいもので、書誌のみならず、本全体の画像をも公開してくださっています。古抄本『史記』(夏本紀第二、秦本紀第五)については、109枚の画像がありましたので、すべてダウンロードさせてもらいました。

ところが、この画像は少し混乱していました。半日ほどの時間を費やし、自分で整理してみたところ、「夏本紀」の部分に大きな欠落があることに気がつきました。それは、『史記』の正文で言うと、以下の部分です。

田下上,賦下中三錯。貢璆、鐵、銀、鏤、砮、磬,熊、羆、狐、貍、織皮。西傾因桓是來,浮于潛,踰于沔,入于渭,亂于河。黑水西河惟雍州:弱水既西,涇屬渭汭。漆、沮既從,去邠度漆、沮,即此二水。」灃水所同。 荊、岐已旅,終南、敦物至于鳥鼠。原隰厎績,至于都野。三危既度,三苗大序。其土黃壤。田上上,賦中下。貢璆、琳、琅玕。浮于積石,至于龍門西河,會于渭汭。織皮昆侖、析支、渠搜,西戎即序。道九山:汧及岐至于荊山,踰于河;壺口、雷首至于太嶽;砥柱、析城 至于王屋;太行、常山至于碣石,入于海;西傾、朱圉、鳥鼠至于太華;熊 耳、外方、桐柏至于負尾;道嶓冢,至于荊山;內方至于大別;汶山之陽至衡 山,過九江,至于敷淺原。道九川:弱水至於合黎,餘波入于流沙。道黑水,至于三危,入于南海。道河積石,至于龍門,南至華陰,

以上の知識を基に、美術館に赴いて本を参観したところ、写真が欠けていた部分についても、本文は確かに備わっていることを知ることができました。いずれ写真を補っていただければ、完全な資料を電子的に見ることができます。将来の補訂を待ちましょう。

「高山寺」の朱印から知られるように、この『史記』はもと京都栂尾(とがのお)の高山寺に伝わっていたものです。しかしこの東洋文庫本以外に、高山寺には今なお「殷本紀第三」「周本紀第四」の2巻が伝えられています。これは高山寺典籍文書綜合調査團編『高山寺古訓點資料』第1(東京大學出版會,1980年)に影印ならびに翻刻が見えます。

東洋文庫のものと併せて4巻あり、これらが同じ時期に高山寺に蔵されていたものであることは間違いないでしょうが、書写された時期が一致しない可能性もあり、互いにどういう関係にあるのか、興味があります。

それ以外にも、この宝物をじっくりと拝見し、いろいろと問いが湧いてきましたので、いずれ考えがまとまれば、書いてみたいものです。 東洋文庫蔵の国宝、古抄本『史記』夏本紀の全文を拝見することができた幸せは何物にもかえがたく、幸せに思いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中