顧千里の生き方


最近、なぜか顧千里(1766-1835)のことが妙に気にかかり、台湾出張の間も顧千里の年譜一冊を読みながら過ごしていました。李慶氏『顧千里研究』(上海古籍出版社、1989年)を久しぶりに取り出して読んだのです。

顧千里の事跡が綿密に調べ上げられており、完成度の高い年譜であり、そればかりでなく、この書物を読むことで顧氏の学問と人生が浮かび上がるように書かれています。初めて読んだ時の感動が今回もよみがえりました。

その中でも、最も心にのこったのは、嘉慶5年(1800)の年末、35歳の顧氏が地元の蘇州を離れて杭州へと旅立つに際して、古くからの親友である戈襄が彼に贈った文章です。阮元(1764-1849)が十三経注疏の校勘を行うための一員として、顧千里を杭州に招いたのです。誇り高い仕事ではありますが、とかく純粋にすぎて人と合わない顧氏の性格を、戈襄は深く憂慮しました。

顧子行端潔、性剛果、故出語恒觸人。醉後議事、尤中時要、而慢易人尤甚。即不慢人、習見者多徙席以辟。余之交顧子以此、而顧子之不合於世亦以此。今使顧子游而遂降其操、易其貞、非吾顧子矣。不降且易、則恐其識顧子者少、而遂至不能容也。況游士之紛雜瑣碎、此推彼翼、互譽交進、舉世一趨。乃所異者、獨吾顧子爾。顧子於游士之中下者、固奴畜之。其上者、亦非眉目間人、遇之當必有揮斥。不則、亦談笑置之、不與之同也、決矣。人見顧子之獨異、而妬且恨、又決矣。顧子誠明哲、其不能暢達所懷、而或幾乎有所沮止也、又決矣。(『半樹齋文』卷10「贈顧子游序」)

潔癖で、みずから持するところの高い顧千里が、杭州という未知の地でうまくやっていけるのか?それは、不可能であると思える。顧千里の性格は、杭州の人士との摩擦を必ず引き起こす。とはいえ、阮元のこの招きを断るわけにもゆかない。いかんともしがたい…。旅立つ顧千里に、戈襄はそのような序を贈りました。

これを読んだ顧千里は何を思ったのでしょうか。

戈襄が序を書いた二年後、嘉慶7年の暮れ、杭州の地でたくさんの学者と闘い、疲れた顧千里は、蘇州に戻りました。果たして戈襄の予言が的中したわけです。しかし、このことは戈襄のみならず、顧千里自身にもあらかじめ分かっていたことであったのかもしれません。

そのいさかいが事前に予測され得るものであったとはいえ、いったん事が大きくなると、もう後には引き返せません。杭州滞在中の二年間に蓄積された摩擦は、顧千里の生涯に大きな影を落としました。段玉裁(1735-1815)との対立がよく知られますが、それはやがて、親友の黄丕烈(1763-1825)との交友を破壊することにさえなりました。

私は近頃、そのような顧千里の生涯に思いを寄せてしまいます。校勘学の天才でありながら、ほかの学者との衝突ばかり繰り返した彼の人生は、一体、何であったのか?著作らしい著作も遺さず、他人のための校書に明け暮れた意味はあったのか?そういった疑問は、古典を学ぶ後輩であり、しかも人と合うことの少ない、自分が抱くべきものであるように思えるのです。

楊守敬、宋版『尚書注疏』を買う


『日本訪書志』は楊守敬(1839-1915)の手になる目録。清国の駐日公使の随員として日本に滞在中(1880-1884)、みずから購入した書物を書き留めたものです。

その巻一に、昨日紹介した『尚書注疏』が「『尚書注疏』二十巻〔宋槧本〕」として載っています。話が面白いので、紹介しておきます。直訳ではなく、意を補ってあります。訳文中に出てくる「八行本」というのが、くだんの宋版のことです。

『尚書注疏』の「十行本」は、明代になってもまだ版木が伝えられており、世に伝本が多かったが、この「八行本」は中国ではなくなっていた。ただ日本の山井鼎『七経孟子考文』がこの「八行本」を見て明刊本を校勘しており、その誤りをいろいろ正している。しかし、「八行本」の原書は海外にあるので、学者たちが「八行本」の異文を(山井に依拠して)引証する時は、半信半疑といったところであった。

私は日本に赴き、この本の探索に力を尽くし、しばらくして西京、大阪あたりの蔵書家のもとにあると聞いた。私が書店に仲介してもらい手紙を送って購入を申し出たところ、四度にわたる交渉の結果にも関わらず、値段の面で折り合わなかった。

駐日の外交官の任期も終わって帰国することとなり、神戸に立ち寄ったが、みずから車に乗って大阪まで出向いてその本を物色してきた。所蔵者はまだ「奇貨、おくべし」と思って売ろうとしなかったが、私も日本の古籍は眼にした以上、かならずや買い取ろうという気構えだ。ましてやこの宋版の経書は海内の孤本であり、すんでのところで逃そうものなら、この残念な気持ちをずっと持ち続けることになる。運のよいことに、帰りの旅費がまだ余っていたので、ちょっと無理をして金を払い、書物を抱えて神戸に戻った。

そのとき同行していた人たちは、私が勝手に一人で大阪に行ったのが怪しからんといって怒っていた。しかし、私が書物を抱えて舟に戻り、それを手にとり喜びに浸っているのを見ると、「趣味が昂じて馬鹿のようだ」といってみなで失笑するのだが、私はそんなことは気にしなかった。

書物好きなら誰しも覚えのある話、のようでもありますが、さすが、楊守敬ともなると、獲物は国宝クラスの宋版。さぞや気分がよかったことでしょう。

ただ、この本と足利学校本(すなわち山井鼎が異文を紹介した本)と、二つの宋版『尚書注疏』八行本が当時の日本に存していたことを楊守敬が認識していたか否か、多少、気にかかるところではあります。

楊守敬、宋版『尚書注疏』を買う の続きを読む

吉川幸次郎の『尚書注疏』跋


吉川幸次郎『尚書注疏』跋
吉川幸次郎『尚書注疏』跋

足利学校遺蹟図書館に蔵する『尚書正義』(『尚書注疏』)二十巻は、宋の紹興(1131-1162)・乾道(1165-1173)の頃に出版されたもので、国宝にも指定されている名高い本です。これについては、阿部隆一氏が「日本国見在宋元版本志経部」(『阿部隆一遺稿集』第一巻、汲古書院、1993年)頁256-269に詳述されています。

この足利学校本には覆刻本があります。、「この足利本は松崎慊堂(1771-1844)の校審により弘化四年(1847)熊本藩時習館に於て覆刻され流布し」た、と阿部氏が言うとおりです。

その版本の一つが、京都大学人文科学研究所にも収められています。これについて、梶浦晋氏が「人文研のアーカイブス4『尚書正義』」と題して、興味深い紹介をなさっています(『漢字と情報』4、2002年)。

この書は,広く流布している一般的なものであるが,書中各所に朱筆による校合が記されていることが注目される。卷第二十末尾に,吉川幸次郎による以下のような跋がある。

その上で跋が引用されていますが、ここに標点を加えて転載いたします。

京都古梓堂文庫有舊鈔本『尚書注疏』、舊林氏讀耕齋書。審其款式、當出自越刻八行本、而與足利學所藏宋本時有異同。蓋其所據之本、印較早、補版少也。又足利闕頁、此皆不闕、則虎賁中郎、誠足貴矣。

原書、今莫知所在。或云、楊惺吾東游時得宋刻一部、後歸黄氏紹箕、張氏之洞、今在天津李氏者即此。未見其書、難可臆定。今就時習館本、細爲挍勘、又留書景三十頁、併存之我庫云。

挍者、佐藤君匡玄、高倉君正三、梅原君慧運、白木君直也、安田君二郎。昭和十二年十一月起十六年二月訖。吉川幸次郎識於經學文學研究室

この吉川幸次郎の跋文について、少々、事実関係を補っておきます。

(1)吉川幸次郎が言う古梓堂文庫は、久原房之助(1869-1965)氏の文庫であり、かつて京都大学附属図書館に寄託されていましたが、1948年、東急の五島慶太氏に譲られ、現在では大東急記念文庫に伝えられています。

(2)林氏讀耕齋とは、林羅山の四男、林靖(1624-1661)のこと。この人が写本のもとの持ち主でした。

(3)吉川氏は、古梓堂文庫の旧抄本『尚書注疏』は、足利学校本と同じ南宋刊の越刻八行本を写した本であり、しかもその底本は、足利学校本に比して補版が少なかったらしい、と述べています。その写本は、現在、大東急記念文庫に収められていますが、阿部氏によると、近世初期の写本、とのことです(「本邦現存漢籍古写本類所在略目録」、『阿部隆一遺稿集』第一巻、所収)。そうであるとすると、羅山か読耕斎が写させた写本かも知れません。

(4)大東急本の底本は宋版であるはずで、その宋版は楊守敬(1839-1915)の手により中国に持ち帰られ、黄紹箕(1854-1908)、張之洞(1837-1909)の手を経て、李盛鐸(1859-1937)の有に帰したという話を吉川氏は伝えていますが、吉川氏自身はそれが事実なのか否か、判断を保留しています。これについて、阿部氏は足利学校本を論じる中で次のように言っています。

本版には他に、楊守敬が大阪にて購得して後に南皮の張制府に譲り、今、北京図書館に架蔵される存十六巻(巻七・八、一九・二〇の欠巻は足利学校本による影鈔本を配して完具、楊守敬の跋を附し、楊志・中版録69著録)が知られるにすぎず、中版録は同本を「補版絶少」と記している。(「日本国見在宋元版本志経部」)

「南皮の張制府」は、張之洞のこと。楊守敬が持ち帰り、いま中国の国家図書館(旧、北京図書館)に蔵するその本は、「中華再造善本」というかたちにより、2004年、影印、複製されました。

吉川幸次郎が『尚書正義』を校訂し、翻訳したことはよく知られています。数名の学者の力を借りて書き入れられた異文を持つ本書は、その時の「共同研究」の一過程を伝えるものといえそうです。

『説文解字注』保息局乙本


前回ご紹介した高橋由利子氏「段玉裁『説文解字注』保息局刊本の二種の異本について」は、段玉裁『説文解字注』の重要な版本、「保息局本」に関する基本となる研究です。

「経韵楼本のその後」について、たいへんに興味深い数々の事象が紹介されていますので、ぜひご一読ください。

経韵楼本『説文解字注』は嘉慶二十年(1815)に初めて印刷され、その後も数十年にわたってその「版木」が非常に重んじられました。この版木が太平天国や捻軍の侵攻で荒廃した蘇州の復興を助けた、という事実をこの論文を読んで知りました。今年、大きな災害を経験した我が国の復興を考えるヒントになるのでは、などとも思いました。

さて、この論文の中で高橋先生は、「乙本」について、「校勘を加えて新しく版木を作り直したのではなく、原刊本の經韵樓刊本の版木をそのまま大きな手を加えずに使用したもののようである」(p.103)とおっしゃっています。

つまり、保息局「乙本」は、段玉裁の経韵楼が作成した版木に、少しだけ修理を施したものを、同治十一年(1872)以降に印刷した本である、というのです。そうであるとするなら、経韵楼本と保息局「乙本」は基本的に同版、ということになります。

ところが、保息局本を見た私の印象は、「経韵楼本と保息局とは別版(別々の版木を用いて印刷したもの)」というものでした。そこで、両方の版本を左右において比較してみました。

保息局乙本が用いた版木はどのようなものか?調べた結果は以下の通りです。

部は、経韵楼の版木を用いている。それ以外の部分は、経韵楼印本をもとに精密に覆刻した版木を用いている。

全体を比較するのは難しいので、一篇上(巻首含む)を比べました。結果を記しておきます。

(一)経韵楼の版木を用いた部分、全15葉

巻首「説文解字注分巻目録」(4葉)、第15-20、23、24、27、28葉

(二)経韵楼印本を覆刻した版木を用いた部分(補版部分)、全33葉

巻首「王念孫序」(2葉)、第1-14、21、22、25、26、29-41葉

高橋先生は、おそらく(一)「経韵楼の版木を用いた部分」に相当する部分をご覧になって同版と判断されたのでしょう。私の初めの印象は、(二)の部分を見て得たものです。どちらもそれぞれの判断においては正しかったのですが、ともに一面的でした。

してみると、李鴻章の序に、経韵楼の版木が「經亂燬大半(混乱のせいで大半が焼けた)」といい、呉宗麟の識語に「是版之半(経韵楼の版木のなかば)」を彼の父が入手した、というのは、嘘ではなかったのでしょう。

補版は、原刻の経韵楼本とそっくりに作成されているので、相当よく見ないと違いが分かりません。いくつか、比べなくても分かるような明確な差異をメモしておきます。

王念孫序
王念孫序

1.王念孫の序の部分です。これは補版部分ですから、板が異なります。左側が原刻の板(経韵楼本)で、右側が補版(保息乙本)です。

匡郭は、補版のものが2mmほど大きい。

最終行冒頭の「書」字の形も異なります。

2b1経韵楼
2b1経韵楼
2b1保息乙
2b1保息乙

2.二篇下1葉、「尟」字の説解、「从是少」です。

保息乙本は、「少」を「也」に誤っています。

2b5経韵楼
2b5経韵楼
2b5保息乙
2b5保息乙

3.二篇下5葉、「逪」字の注、「旅酬行禮。一䢒一逪也」です。

保息乙本は、「酬」を「觥」の異体字(酉に光)の字に誤っています。

両者を比較する過程で、いろいろと面白い発見もあったのですが、それはまたあらためてお伝えしましょう。

なお、早稲田大学蔵の保息局本『説文解字注』は、WINEにて、写真が公開されています。お手持ちの経韵楼本影印本と比較なさるのも一興ではないでしょうか。

二種の保息局本『説文解字注』


高橋由利子氏「段玉裁『説文解字注』保息局刊本の二種の異本について」(『お茶の水女子大学中国文学会報』5,1986年4月)を読みました。「前言」によると、趣旨は以下の通り。

段玉裁の『説文解字注』はその原刊本である經韵樓刊本の他に、蘇州保息局刊本があり、保息局本と呼ばれている。
本稿はその保息局本について、現在二種類の異なる系統の版本が見られること、およびその相違点、またそれらの二系統の版本の成立の由来について考察を加えるものである。

この論文に書かれている主要な点を以下にまとめます。

一、現在、国内の以下の図書館に保息局本が存在する。

  • 東京大学附属図書館
  • 東京大学文学部漢籍コーナー
  • 早稲田大学図書館
  • 京都大学人文科学研究所
  • 京都大学文学部

二、保息本には二種類の系統があり、東京大学附属図書館の蔵本を「甲本」、それ以外を「乙本」と名付ける。

三、「甲本」には李鴻章の序があり、同治六年(1867)に刊行された。「乙本」には同治十一年の呉宗麟の識語があり、その年に刊行された。

四、両者は版が互いに異なるが、封面だけは同じで、紙質まで似通っている。

五、李鴻章(1823-1901)の序(実は馮桂芬の撰)によると、「甲本」はもともと李氏が入手した経韻楼本の版木(一部分)を補って完全なものにすることを意図したが、結局、すべての板を更新して成った。一方、呉宗麟の識語によると、「乙本」は呉宗麟の父が入手した経韻楼本の版木(一部分)を基礎にしている(下記「九」を参照)。

六、李鴻章・呉宗麟の父の入手した経韻楼本の版木というのは、どちらも金宝樹という蘇州の人の旧蔵であった。

七、李鴻章・呉宗麟とも、自分の力で作った新しい『説文解字注』の版木を保息局に寄付した。

八、保息局は出版機関ではなく、馮桂芬(1809-1874)が蘇州に設立した慈善施設であった。

九、乙本は、「校勘を加えて新しく版木を作り直したのではなく、原刊本の經韵樓刊本の版木をそのまま大きな手を加えずにしようしたもののようである」(p.103)。

以上、高橋氏の論文の要点をまとめました。25年も前のご研究ですが、今なおたいへんに有意義であると思います。

ただ、「乙本」の実態については、もう少し追究する余地があるようにも思われます。少なくとも、経韻楼本と保息局「乙本」の間に若干の文字の異同が存在することは事実です。

写真は、京都大学人文科学研究所蔵本のものです。