吉川幸次郎の『尚書注疏』跋


吉川幸次郎『尚書注疏』跋
吉川幸次郎『尚書注疏』跋

足利学校遺蹟図書館に蔵する『尚書正義』(『尚書注疏』)二十巻は、宋の紹興(1131-1162)・乾道(1165-1173)の頃に出版されたもので、国宝にも指定されている名高い本です。これについては、阿部隆一氏が「日本国見在宋元版本志経部」(『阿部隆一遺稿集』第一巻、汲古書院、1993年)頁256-269に詳述されています。

この足利学校本には覆刻本があります。、「この足利本は松崎慊堂(1771-1844)の校審により弘化四年(1847)熊本藩時習館に於て覆刻され流布し」た、と阿部氏が言うとおりです。

その版本の一つが、京都大学人文科学研究所にも収められています。これについて、梶浦晋氏が「人文研のアーカイブス4『尚書正義』」と題して、興味深い紹介をなさっています(『漢字と情報』4、2002年)。

この書は,広く流布している一般的なものであるが,書中各所に朱筆による校合が記されていることが注目される。卷第二十末尾に,吉川幸次郎による以下のような跋がある。

その上で跋が引用されていますが、ここに標点を加えて転載いたします。

京都古梓堂文庫有舊鈔本『尚書注疏』、舊林氏讀耕齋書。審其款式、當出自越刻八行本、而與足利學所藏宋本時有異同。蓋其所據之本、印較早、補版少也。又足利闕頁、此皆不闕、則虎賁中郎、誠足貴矣。

原書、今莫知所在。或云、楊惺吾東游時得宋刻一部、後歸黄氏紹箕、張氏之洞、今在天津李氏者即此。未見其書、難可臆定。今就時習館本、細爲挍勘、又留書景三十頁、併存之我庫云。

挍者、佐藤君匡玄、高倉君正三、梅原君慧運、白木君直也、安田君二郎。昭和十二年十一月起十六年二月訖。吉川幸次郎識於經學文學研究室

この吉川幸次郎の跋文について、少々、事実関係を補っておきます。

(1)吉川幸次郎が言う古梓堂文庫は、久原房之助(1869-1965)氏の文庫であり、かつて京都大学附属図書館に寄託されていましたが、1948年、東急の五島慶太氏に譲られ、現在では大東急記念文庫に伝えられています。

(2)林氏讀耕齋とは、林羅山の四男、林靖(1624-1661)のこと。この人が写本のもとの持ち主でした。

(3)吉川氏は、古梓堂文庫の旧抄本『尚書注疏』は、足利学校本と同じ南宋刊の越刻八行本を写した本であり、しかもその底本は、足利学校本に比して補版が少なかったらしい、と述べています。その写本は、現在、大東急記念文庫に収められていますが、阿部氏によると、近世初期の写本、とのことです(「本邦現存漢籍古写本類所在略目録」、『阿部隆一遺稿集』第一巻、所収)。そうであるとすると、羅山か読耕斎が写させた写本かも知れません。

(4)大東急本の底本は宋版であるはずで、その宋版は楊守敬(1839-1915)の手により中国に持ち帰られ、黄紹箕(1854-1908)、張之洞(1837-1909)の手を経て、李盛鐸(1859-1937)の有に帰したという話を吉川氏は伝えていますが、吉川氏自身はそれが事実なのか否か、判断を保留しています。これについて、阿部氏は足利学校本を論じる中で次のように言っています。

本版には他に、楊守敬が大阪にて購得して後に南皮の張制府に譲り、今、北京図書館に架蔵される存十六巻(巻七・八、一九・二〇の欠巻は足利学校本による影鈔本を配して完具、楊守敬の跋を附し、楊志・中版録69著録)が知られるにすぎず、中版録は同本を「補版絶少」と記している。(「日本国見在宋元版本志経部」)

「南皮の張制府」は、張之洞のこと。楊守敬が持ち帰り、いま中国の国家図書館(旧、北京図書館)に蔵するその本は、「中華再造善本」というかたちにより、2004年、影印、複製されました。

吉川幸次郎が『尚書正義』を校訂し、翻訳したことはよく知られています。数名の学者の力を借りて書き入れられた異文を持つ本書は、その時の「共同研究」の一過程を伝えるものといえそうです。

広告

「吉川幸次郎の『尚書注疏』跋」への5件のフィードバック

  1. 古勝 隆一先生
                       2014年12月24日
    ◎「吉川幸次郎の『尚書注疏』跋」。

    「虎賁中郎、誠足貴矣」の「虎賁中郎」とは、たれを指すのでしょうか?

    藤田吉秋

  2. 藤田様

    ご質問をお寄せ下さいまして、まことにありがとうございます。この部分、私には分からなかったのですが、このように考えてみました。

    『世説新語』言語篇に「(桓玄)問左右:「虎賁中郎省,應在何處?」有人答曰:「無省」」というのがあります。これをつかまえて、省略がないことを「虎賁中郎」と言ったのではないか、というのが私の推測です(省略ではなく、闕葉がないことなので、ぴたりと当たりませんが)。

    まったくの当てずっぽうですが、特定の人物を指すと言うよりは、本の状態を言ったもののように思います。

    お考えがございましたら、お聞かせ下さい。

    学退復

  3. 古勝 隆一先生
                       2014年12月24日
    ◎「省略がないことを『虎賁中郎』と言った」。
    先生のお説は正しいと思います。但し、『世説新語』・「無省」の「省」は役所の意味でしょうから、「虎賁中郎」を「省略(闕葉)無し」の典故として使えるのかどうか。吉川先生ならではの自我作古というものでしょうか。
    私は、「上杉安房守藤原憲實」を指したものか、とも思いましたが、そうではなさそうですね。「特定の人物を指す」と考えるのが頭の固い所です。藤田吉秋

  4. 藤田様

    ありがとうございます。自分でも根拠が足りないと思いましたので、この点を調べて、本日、ブログ記事にしました。ご一覧賜れば幸いです。

    考える手がかりをお与えいただき、本当にありがたいご縁です。心より感謝いたします。

    学退復

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中