「四郊」の支持者


讀書脞録
讀書脞録

「周の小学(子供のための学校)は国都の「西郊」にあった」、鄭玄はそう考えた。これが顧千里(1766-1835)の説です。

いや、「周の小学は国都の四方(東西南北)の郊外にあった」、鄭玄はそう考えたのだ。これが、段玉裁(1735-1815)の立場です。

『礼記』王制篇の「虞庠在國之西郊」の「西郊」は現行本の誤りで、「郊」が正しいという説は、段玉裁とも顧千里とも親交のあった孫志祖(1737-1801)が、その著『讀書脞録』にてはじめて唱えたものです。

讀書脞録七卷 續編四卷 清 孫志祖 撰 嘉慶四年 仁和孫氏 刊本 續編 嘉慶七年 刊 京大人文研 東方

くだんの考証は、『讀書脞録續編』に収められています。ということは、この考証は、嘉慶七年(1802)、孫氏が亡くなった翌年、世に問われたわけです。

孫氏が「四郊」を正しいと見る根拠は、以下の通りです。

  •  『北史』劉芳伝には、王制篇の経文が「虞庠在國之四郊」として引かれており、またそれについての詳しい説明が見える
  • 『礼記』祭義篇の鄭注には「四郊之虞庠」と見える。
  • 同じ祭義篇の正義に、梁の皇侃(488-545)の説を引いて「四郊皆有虞庠」という。

孫氏は、「孔穎達の見た『礼記』王制篇にはすでに誤字があり、孔穎達は誤字のある本によって解釈したので誤った」ものの、王制篇(及びその鄭注)の「西」字を「四」字に代えるだけで、すべての資料の整合性がとれる、と考えたわけです。

以上が「四郊」説を支持する学者の言い分です。現行本の経書の経文を変更するという大胆な試みですが、これもまた理屈の通る考え方ではありましょう。段玉裁はこの説をよしとしたのです。

【資料】

『北史』巻42、劉芳伝には、劉芳の上疏を載せており、学校制度に関する興味深い資料となっています。原文を下に引用しておきます。

自周已上,學唯以二,或尚東,或尚西,或貴在國,或貴在郊。爰暨周室,學蓋有六:師氏居内,太學在國,四小在郊。『禮記』云:「周人養庶老於虞庠,虞庠在國之四郊。」『禮』又云:「天子設四學,當入學而太子齒。」注云:「四學,周四郊之虞庠也。」『大戴』保傅篇云:「帝入東學,尚親而貴仁;帝入南學,尚齒而貴信;帝入西學;尚賢而貴德;帝入北學,尚貴而尊爵;帝入太學,承師而問道。」周之五學,於此彌彰。案鄭注『學記』,周則六學,所以然者,注云:「内則設師保以教,使國子學焉;外則有太學庠序之官。」此其證也。漢、魏已降,無復四郊。謹尋先旨,宜在四門。案王肅注云:「天子四郊有學,去都五十里。」考之鄭氏,不云遠近。

なお、『魏書』巻55、劉芳伝にも、同内容の上疏を引きますが、なんと『礼記』王制を引く部分、「虞庠在國之西郊」となっているのです!中華書局の標点本では、『北史』を根拠として、「郊」と改めていますが、劉芳の上疏の内容から判断して、これは合理的な処置であろうと思います。

広告

“「四郊」の支持者” への 2 件のフィードバック

  1. 古勝 隆一先生
                            2011年12月24日
    拝復。
    丁寧にお説き下さり、恐縮いたします。
    西嶋定生先生(1919~1998)が慶応の東洋史学科・大学院に講義に来られた折り(学生は5人ほど)、『後漢書』礼儀志と祭祀志とを読まれ、文献と遺蹟との関係をお話しになりました。その時に挙げられた論文「関于西安西郊発現的漢代建築遺址是明堂或辟雍的討論」(正確でないかも知れません)が20年前の私のメモにあり、また、使用テキスト・中華書局・標点本・P.3179の「『易傳太初篇』曰、『天子旦入東學、晝入南學、暮入西學。在中央曰太學、天子之所自學也』」、「『禮記(正しくは『大戴禮』)』保傅篇曰、『帝入東學、上親而貴仁。入西學、上賢而貴德。入南學、上齒而貴信。入北學、上貴而尊爵。入太學、承師而問道。與易傳同」には赤で印までしてあるのですが、西嶋先生からどういうお話しをうかがったか、覚えておりません(慚愧)。ただ一つ覚えているのは、「兵馬俑坑は四方に4つあるはずだ。なぜ中国は発掘しないのだろう」と言われたことです。4つあるというのはどこに書いてあるんだろうと思いながら、それは聞かずに終わりました。そんな思い出もあって、「西」と「四」と如何なる結論になるのか、楽しみです。
    藤田 吉秋・Eメール・・toubokuji@nifty.com

  2. 藤田さま

    いつもコメントをお寄せくださいまして、まことにありがとうございます。

    『後漢書』礼儀志、西嶋先生が読まれたのですね。ノートも貴重なものと存じます。私は小南先生の研究会で少し読みましたが、あまり明確に理解できないまま放置している状態です。

    漢の長安城、その南側にある礼の施設が明堂なのか何なのか?とても興味深い問題です。いずれ現地に行ってみたいものです。

    続きはまだ書いておりませんが、年内に完結させて、新たな年を迎えたいものと思っております。しばらくお待ちください。 学退上

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中