欧米の中国目録学研究


Chinese History欧米の漢学においては、中国目録学の研究はそれほど盛んではないようですが、現在、どこまでの蓄積があるのかを確かめたいと思っております。

手始めに、ウィルキンソン氏『中国歴史手冊』(ハーバード大学出版会、2000年)の第1部「基礎」、9章「書物の探し方」に見える、欧米の研究をリストアップしてみました。

Endymion Wilkinson,
Chinese History: a Manual, revised and enlarged,
Harvard University Press, 2000

いずれ、さらに増補を加えたいと思っております。

  • Cho-yüan T’an(Cheuk Woon Taam,  譚卓垣), The development of Chinese libraries under the Ch’ing dynasty, 1644-1911, China Commercial Press, 1935.
  • Achilles Fang, “Bookman’s Decalogue”, Harvard Journal of Asiatic Studies, Vol. 13, No. 1/2, Jun., 1950, pp. 132-173.
  • Achilles Fang, “Bookman’s Manual”, Harvard Journal of Asiatic Studies, Vol. 14, No. 1/2, Jun., 1951, pp. 215-260.
  • Karl Lo, “A Guide to The Ssŭ pu ts’ung k’an”, Harvard Journal of Asiatic Studies, Vol. 27, 1967, pp. 266-286.
  • Roger Pelissier, Les bibliothèques en Chine pendant la premierè moitie du XXe siècle , Mouton, 1971.
  • John H. Winkelman, “The Imperial Library in Southern Sung China, 1127-1279. A Study of the Organization and Operation of the Scholarly Agencies of the Central Government”, Transactions of the American Philosophical Society, New Series, Vol. 64, No. 8, 1974, pp. 1-61.
  • Susan Chan Egan, A Latterday Confucian: Reminiscences of William Hung (1893-1980), Harvard East Asian Monograph, 131, 1980.
  • Hok-lam Chan, Control of Publishing in China Past and Present, ANUP, 1983.
  • R. Kent Guy, The Emperor’s Four Treasuries : Scholars and the State in the Late Ch´ien-lung Era, Harvard University Press, 1987.
  • Ulrich Stackmann, Die Geschichte der chinesischen Bibliothek Tian Yi Ge vom 16. Jahrhundert bis in die Gegenwart, (Münchener ostasiatische Studien, no. 54) Franz Steiner, 1990.
  •  Jean-Pierre Drège, Les bibliothèques en Chine au temps des manuscrits : jusqu’au Xe siècle, EFEO and Maisonneuve, 1991.
  • Timothy Brook, “Edifying knowledge: The Building of School Libraries in Ming China”, LIC 17.1: 93-119, 1996.
  • Sharon Chien Liu, Libraries and Librarianship in China, Greenwood, 1998.
  • Nancy Lee Swann, Seven Intimate Library Owners, Harvard Journal of Asiatic Studies, Vol. 1, No. 3/4 (Nov., 1936), pp. 363-390.

【補1】以下の書物から、目録学に関する書を追補しました。(2012年4月27日)

Martina Siebert, Pulu : “Abhandlungen und Auflistungen” : zu materieller Kultur und Naturkunde im traditionellen China, Harrassowitz, 2006.

  • Susan Cherniack, “Book Culture and Textual Transmission in Sung China”, Harvard Journal of Asiatic Studies, Vol. 54, No. 1 (Jun., 1994), pp. 5-125.
  • Lucille Chia, Printing for Profit: The Commercial Printers of Jianzang, Fujian, (Song-Ming), Ph.D.Diss Columbia University.
  • P. A. Herbert, “From Shuku to Tushuguan: an Historical Overview of the Organisation and Function of Libraries in China”, in Papers on Far Eastern History, 22, pp. 93-121.
  • K´ang Wo, Historie de la bibliographie chinoise, Librairie Ernest Leroux, 1938
  • Taam Cheuk-woon, The Development of Chinese Libraries under the Ch´ing Dynasty, 1644-1911, Shanghai : Commercial Press, 1935.
  • Tsuen-Hsuin Tsien, “A History of Bibliographic Classification in China”, The Library Quarterly, Vol. 22, No. 4 (Oct., 1952), pp. 307-324.
  • Cary Y. Liu, The Ch´ing Dynasty Wen-yuan-ko Imperial Library: Architecture and the Ordering of Knowledge, Ph.D. Princeton, 1997.

【補2】Chelsea W. さまからのご教示により、以下の文献を追加します。(2012年4月28日)

  • Joseph P. McDermott, A Social History of the Chinese Book: Books and Literati Culture in Late Imperial China (Hong Kong: Hong Kong University Press, 2006).
  • Edwards, E. D. “A Classified Guide to the Thirteen Classes of Chinese Prose”, Bulletin of the School of Oriental and African Studies 12, no. 3/4 (1948): 770-88.
  • Robert M. Hartwell,  “A Guide to Documentary Sources of Middle Period Chinese History: Documentary Forms Contained in the Collected Papers (Wen-chi) of Twenty-One T’ang and Sung Writers”, Bulletin of Sung-Yuan Studies 18 (1986): 133-82.

【補3】以下の書物から、目録学に関する書を追補しました。(2012年5月2日)

Ulrich Stackmann, Die Geschichte der chinesischen Bibliothek Tian Yi Ge vom 16. Jahrhundert bis in die Gegenwart, Franz Steiner, 1990

  • Ernst Schierlitz, “Das Wen-Yüan-Ko der Ming-Zeit: Materialien zu einer Geschichte der chinesischen Palastbibliotheken”, Monumenta Serica, 3-2, pp.528-564, 1938.
  • Piet van der Loon, Taoist Books in the Libraries of the Sung Period: a Critical Study and Index, Ithaca Press, 1984.
  • Denis Crispin Twitchett, Printing and publishing in medieval China, Frederic C. Beil, 1983.
  • Tsien Tsuen-hsuin, “Paper and Printing”, in Science and civilisation in China. Vol. 5, Chemistry and chemical technology, Cambridge Univ. Press, 1985.
広告

“欧米の中国目録学研究” への 6 件のフィードバック

  1. 学退先生
    Wilkinsonよりのリストどうもありがとうございます。この章は私も以前読んだはずですが、こうしてリストを見てみると今まで気が付かなかった文献がたくさんあり、とても参考になります。

    これは目録学というよりは書物の文化史ですが、明清時代の個人コレクションの形成、保存、アクセス状態などを論じたもので、以下の本があります(特に第四・五章)。
    Joseph P. McDermott, A Social History of the Chinese Book: Books and Literati Culture in Late Imperial China (Hong Kong: Hong Kong University Press, 2006).

    又、これも目録学用語とは少し違いますが、主に文集などに現れる様々な文体の英訳、解説をしたものでこの二つがあります。
    — Edwards, E. D. “A Classified Guide to the Thirteen Classes of Chinese Prose.” Bulletin of the School of Oriental and African Studies 12, no. 3/4 (1948): 770-88.
    — Hartwell, Robert M. “A Guide to Documentary Sources of Middle Period Chinese History: Documentary Forms Contained in the Collected Papers (Wen-chi) of Twenty-One T’ang and Sung Writers.” Bulletin of Sung-Yuan Studies 18 (1986): 133-82.

    もしかしたら興味をお持ちになるかと思い、コメントさせていただきました。

  2. Chelsea さま、コメントくださいまして、まことにありがとうございます。

    専門家からご連絡をいただき、嬉しく存じております。欧文の研究は、私、本当に疎いため、ご指摘いただいて、たいへんありがたく思っております。さっそく、增補させていただきます。いずれ、見やすい形に整理するつもりです。

    中国のさまざまな種類の文体をどう訳するかという点については、参考文献をうかがいながら、David Knechtges先生の『文選』の翻訳を思い出しましたので、週明けにでも「目録学用語」に補いたいと思います。

    今後とも、ご教示ください。

    学退上

  3. 専門家だなんて、本当にお恥ずかしいです。文書・書籍の流通については現在勉強中ですが、目録学については全くの門外漢です。実は今、宋〜清代の書物の歴史に関する文献リストを作っていますが、今作成中の草稿だけここ(http://db.tt/oYFpu1G0)に二日間ほどアップしておきます。まだまだ補充・修正が必要ですが、とりあえずご参考になれば幸いです。

  4. Chelsea さま、今回は、たいへん貴重な目録をお示しいただきまして、恐縮しております。私のように道楽でしているのとは違うことですから、あまり人にお見せにならない方がよいようにも思いますが。とにかく、ありがたく頂戴しておきますが、データの活用については、今後、あらためて考えさせてもらいます。

    日本側の書誌の蒐集や文献の複写など、必要があれば、いつでもおっしゃってください。

    あらためてお礼申し上げます。

    学退上

  5. いえいえ、ただのリストなので作ること自体は勉強になりますが、出来たものは多くの方の役に立たせたいと思っています。もう少しちゃんとした形にしたら自分のブログに載せるつもりですが、なかなか手を入れる時間が取れないので先に作成中のものだけでもと、必要の方にはお見せすることにしています。なので、もし興味のある文献がありましたらどうぞご自由にお使いください。リスト全体を複製するのでない限り一部をブログにお載せになっても構いません。興味を持っていただけて嬉しいです。

  6. Chelsea W.さま

    さきほど、はじめてブログを拝見しました。ご研究の一端をこのようなかたちで拝見できることは、我々にとって、たいへんありがたいことですし、また、励みにもなります。http://yizhizhai.wordpress.com/

    頂戴しましたリストにつきましては、ありがたく活用させていただきますが、「易知齋雜記」にてリストが公開されますことを大いに楽しみにしております。

    今後とも、よろしくお願いいたします。

    学退上

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中