「九世紀初頭における天の議論」


先日、当ブログにてその名を挙げた、ラモント氏「九世紀初頭における天の議論―柳宗元「天説」と劉禹錫「天論」」。上編・下編(Part I, II)に分けられ、『アジア・メジャー』誌に載ったものです。今から40年近くも前に書かれたものながら、なお輝きを失っていないように思われます。

上編においては、殷・周から唐代に及ぶ「天」観の変遷と進展が概観され、さらに、「天説」へと至る柳宗元の「天」観の展開が詳述されています。

下編においては、韓愈・柳宗元・劉禹錫により一連の「天」の議論がなされた背景、そして劉禹錫の「天」観の展開と「天論」の分析。さらには、「天説」「天論」と柳宗元「答劉禹錫天論書」(『柳河東集』巻31)の英訳が附されています。

柳宗元に関する議論で注目されるのは、中唐春秋学と柳宗元との関係を述べた部分です。両者の関係については、太田次男氏「長安時代の柳宗元について」(『斯道文庫論集』2輯,1963年)を踏まえ、更に一歩進めて、呂温の「天」観が柳宗元に与えた影響を詳しく追っているところです(Part I, pp.196-199)。それら先行する議論を踏まえつつ、柳宗元は「天」についての議論をさらに大きく進めた、と評しています。

It would seem that Lü was still largely within the bounds of the more conservative type of scepticism, and it is obvious that Liu unlimately went beyond this to a more direct and critical attack not only on Han ideas about the relationship between man and Heaven but on the “spiritual” and purposeful nature of Heaven itself. (Part I, p.200)

また、柳宗元は800年前後、妻や母など、身近な人々を次々に失い、ことごとにつけて「天」に訴えかける文を作っていることも、松村真治「柳宗元の文学作品に見る合理主義的側面と非合理的側面の交錯」(『中国文学報』22輯,1968年)を参照しつつ、分析を加えています(pp.202-203)。

下編においては、林紓(1852-1924)の議論を紹介しつつ(林紓『韓柳文研究法』からか)、韓・柳・劉氏の「天」の議論がなされた背景を探っています(Part II, pp.37-)。林氏は、韓愈が「天」を説いた直接の動機は、失脚した柳宗元を慰めるためであった、と推測します。これを受け、呉文治『古典文學研究資料彙編 柳宗元卷』(中華書局,1964年)及び侯外廬『中国思想通史』(人民出版社,1962,63年)は、814年という年に「天」の議論が行われた、と推測します。一方、ラモント氏は、「805年における、柳・劉両氏の失脚を発端としているのではないか」という別の推測をしています(p.39)。これには、説得力があるように思われます。

また、「天論」に見える劉禹錫の思想について、杜佑の法治主義(Legalism)から影響を受けているのではないか、という推測が、なされています(p.45,59)。これにも注目すべきでしょう。また、劉禹錫が、柳宗元とは違い、一行(683-727)という僧侶が先鞭を付けた『易』の「数」の世界に没入し、それが「天論」に反映しているというのも重要な指摘です(pp.50-54)。

柳宗元「天説」と劉禹錫「天論」とは、もちろん比較の対象となりますが、内容的には「天論」の方がはるかにしっかりとまとまっているので、この一連の議論は、「「天論」に至る道」ととらえることが可能でしょう。ラモント氏のこの論文も、常に柳・劉の両氏が比較しつつ、やはり主眼を「天論」の解明に置いています。「天論」を読む際、今なお参照すべき業績であると思えます。

附録とされている、「天説」「天論」の英訳も、まだ十分に検討していませんが、あらためて精読してみたいものです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中