藝文印書館本『十三經注疏』について


「十三経注疏」は、儒家の経典(けいてん)たる「十三経」の本文と、標準的な注釈を示すものとして重んじられています。そして「十三経注疏」と一口に言う場合には、阮元(1764-1849)が嘉慶二十年(1815)に整理、出版した通称「阮元本」(文選本、南昌府学本などとも)をもっぱら念頭に置くことが多いようです。その書誌を掲げておきます。

重栞宋本十三經注疏 坿校勘記

清 阮元 撰校勘記 清 盧宣旬 摘録   嘉慶二十年 南昌府學 據儀徵阮氏文選樓藏宋本重刊  184册

  • 周易兼義九卷 坿音義一卷 坿注疏校勘記九卷 坿釋文校勘記一卷 魏 王弼 注 晉 韓康伯 注 唐 孔穎達 疏 唐 陸德明 撰音義
  • 附釋音尚書注疏二十卷 坿校勘記二十卷 漢 孔安國 傳 唐 陸德明 音義 唐 孔穎達 疏
  • 附釋音毛詩注疏二十卷 坿校勘記二十卷 漢 毛亨 傳 漢 鄭玄 箋 唐 陸德明 音義 唐 孔穎達 疏
  • 附釋音周禮注疏四十二卷 坿校勘記四十二卷 漢 鄭玄 注 唐 陸德明 音義 唐 賈公彥 疏
  • 儀禮疏五十卷 坿校勘記五十卷 漢 鄭玄 注 唐 賈公彥 疏
  • 附釋音禮記註疏六十三卷 坿校勘記六十三卷 漢 鄭玄 注 唐 陸德明 音義 唐 孔穎達 疏
  • 附釋音春秋左傳注疏六十卷 坿校勘記六十卷 晉 杜預 注 唐 陸德明 音義 唐 孔穎達 疏
  • 監本附音春秋公羊注疏二十八卷 坿校勘記二十八卷 漢 何休 學 唐 陸德明 音義 □ 闕名 疏
  • 監本附音春秋穀梁注疏二十卷 坿校勘記二十卷 晉 范甯 集解 唐 陸德明 音義 唐 楊士勛 疏
  • 論語注疏解經二十卷 坿校勘記二十卷 魏 何晏 集解 宋 邢昺 疏
  • 孝經注疏九卷 坿校勘記九卷 唐 玄宗李隆基 注 宋 邢昺 校定
  • 爾雅疏十卷 坿校勘記十卷 晉 郭璞 注 宋 邢昺 校定 □ 闕名 音
  • 孟子注疏解經十四卷 坿校勘記十四卷 漢 趙岐 注 宋 孫奭 疏

しかしながら、阮元本の原刻版本そのものは貴重なものですから、多くの場合、一般の学者や学生は、この版本を影印出版という技法により複製したものを用いています。台湾の藝文印書館本が代表的なものでしょう。1955年に出版されたのち、何度も再版され、さらに2001年、新たに「初版」として出版されました。

  • 『十三經注疏』藝文印書館, 1955年(中華民国44年)
  • 『十三經注疏』藝文印書館, 2001年(中華民国90年) ISBN 957-520-029-2
90年版
90年版
49年版
49年版

最近、『礼記正義』を読んでおり、気になるところがあるので、中華民国44年版の再版である民国49年版と、中華民国90年とを比較してみたのですが、内容が完全に同一ではないことに気がつきました。

『礼記正義』巻32、第6葉表、8行b、2文字目を見ると、前者では「由」、後者では「出」となっているのです。私は「由」が正しいと思っています(原刻本が手元にないので、確認できませんが)。

この間の事情は判然としませんが、影印本といっても、手が加えられていることは確かです。実は、この種の改変については、以前から知ってはいたのですが、「影印本の危うさ」はもっと広く認識されてもよい、と考え、今回ご紹介してみました。

同書をお持ちの読者におかれましては、当該部分、お手元の藝文本がどのように作っているか、ご教示くだされば幸いです。また、原刻の阮元本に当たって確かめてくだされば、なお助かります。

「帯」は無用である


『礼記』喪服小記に、次の経文があります。

齊衰,惡筓以終喪。

斉衰(しさい)の場合、(女性は)粗末な髪飾りを着け、(そのまま)喪を終える。

近しい人が亡くなった時の定めである喪服(そうふく)には、五種類あります。

  • 斬衰(ざんさい)。最も重い喪服で、子が父に服したり、父が長男に対して服する場合のもの。
  • 斉衰(しさい) 。斬衰に次いで重く、子が母に服したりする場合のもの。
  • 大功。斉衰に次いで重く、男子がすでに嫁いだ姉妹に服したりする場合のもの。
  • 小功。大功に次いで重く、男子が伯祖父母に服したりする場合のもの。
  • 緦麻(しま)。最も軽い喪服で、男子が族曾祖父母に服したりする場合のもの。

『礼記』喪服小記には、二番目に重い服である斉衰の場合、女性は粗末な髪飾りを着け、喪を終える、と書いてあるわけですが、なぜか、これに対して鄭玄の注は、髪飾りだけでなく、帯をも説明しているのです。

筓所以卷髮,帶所以持身也。婦人質於喪,所以自卷持者,有除無變。

髪飾りは髪をまとめるための道具であり、帯は身を持するためのものである。婦人は喪においては簡素であり、それゆえみずから髪をまとめたり身を持したりするものには、(喪を終えて)やめることだけが定められており、途中で変更することはない。

一般的に『礼記正義』は、阮元が整理して校勘記を付けた南昌府学本が用いられていますが、この部分、次のような校勘記が付けられています。

齊衰惡笄以終喪 閩、監毛本同。石經同。岳本同。嘉靖本同。衞氏集說同。《考文》引古本、足利本,齊衰下有帶字。段玉裁挍本云:「惡笄下應有帶字。按注云:笄所以卷髮,帶所以持身。先釋笄,後釋帶,是脫帶字,不當在惡笄上。正義亦云:此一經明齊衰婦人笄帶終喪無變之制,亦先言笄,後言帶。是皆惡笄下應有帶字之確證。段玉裁是也。正義出經文此句二見,並脫帶字,亦當補。○按:段玉裁又云:《儀禮》喪服布總箭笄疏引《喪服小記》云:「婦人帶惡笄以終喪」,有帶字而在惡笄之上,是各本不同也。

段玉裁の説に基づき、「齊衰,惡筓帶以終喪」と、「筓」の下に「帶」字があるのが正しい、という判断です。鄭玄が「筓」と並べて「帶」をも解いているのが主たる根拠とされています。

しかしこれに対し、ひとつの反証があります。先日、ご紹介した『礼記子本疏義』に、鄭注「筓所以卷髮,帶所以持身也。婦人質於喪,所以自卷持者,有除無變」を釈して、次のようにいうのがそれです。

艷言帶耳。

この短い一文はなかなか難解ですが、「修辞を美しくして帯にも言及しただけである」の意ではないかと思うのです。少なくとも、「耳」とは、経文にない「帶」字に注が言及したことに対する、疏義の説明ではありましょう。

そうであるとすると、少なくとも皇侃(488-545)、鄭灼(514-581)らが見た『礼記』の経文には、「帶」の字がなかった道理です。字を補うのは性急に過ぎるように思われます。

なお、北京大学出版社版『礼記正義』(1999年、横排簡化字版)では、次のような経文を掲出しています。

齊衰,惡筓,帶以終喪。(p.956)

阮元校勘記を引用して、それを根拠に字を補ったわけです。さらにまた、この経文に対応する疏の部分にも、経文の引用があるのですが、そこでも同様に「帶」字を補って標点しています(p.957)。

字を補うことが無根拠というわけではないのですが、上記の句読は問題です。これでは意味をなしません。少なくとも、「筓」の後の読点は削除すべきでしょう。

「百部叢書集成」所収の「古逸叢書」


古逸叢書本論語集解
古逸叢書本論語集解

清末の黎庶昌(1837-1896)は、19世紀末、出使日本大臣として日本に滞在しました。そして楊守敬(1839-1915)の助力を得て、光緒十年(1884)、日本に伝えられた古写本・古版本を覆刻しました。それが世に名高い、「古逸叢書」です。

古逸叢書 清 黎庶昌 輯   光緒十年 遵義黎氏日本東京使署 刊本  49册

その子目は、以下の26種です。

  • 爾雅三卷 晉 郭璞 注 覆宋蜀大字本
  • 春秋穀梁傳十二卷 坿考異一卷 晉 范甯 集解 唐 陸德明 音義 清 楊守敬 撰考異 宋紹熙本
  • 論語十卷 魏 何晏 集解 日本正平本
  • 周易六卷 坿晦奄先生校正周易繫辭精義二卷 宋 程頤 傳 宋 呂祖謙 撰坿録 元至正本
  • 孝經一卷 唐 玄宗李隆基 注 舊鈔卷子本
  • 老子道德經二卷 晉 王弼 注 集唐字本
  • 荀子二十卷 唐 楊倞 注 宋台州本
  • 南華眞經注疏十卷 晉 郭象 注 唐 成玄英 疏 景宋本
  • 楚辭八卷 坿辯證二卷 坿後語六卷 宋 朱熹 集注併撰辨證後語 景元本
  • 尚書釋音二卷 唐 陸德明 撰 景宋蜀大字本
  • 玉篇零本殘四卷 又二卷 梁 顧野王 撰 景舊鈔卷子本
  • 廣韻五卷 坿校札一卷 宋 陳彭年 等奉敕撰 清 黎庶昌 撰校札 景宋本
  • 廣韻五卷 宋 陳彭年 等奉敕撰 景元泰定本
  • 玉燭寶典十二卷 隋 杜臺卿 撰 景舊鈔卷子本
  • 文館詞林殘十四卷 唐 許敬宗 等奉敕輯 景舊鈔卷子本
  • 琱玉集殘二卷 □ 闕名 撰 景舊鈔卷子本
  • 姓解三卷 宋 邵思 撰 景北宋本
  • 韻鏡一卷 □ 闕名 撰 景日本永祿本
  • 日本國見在書目録一卷 日本 藤原佐世 撰 景舊鈔卷子本
  • 史略六卷 宋 高似孫 撰 景宋本
  • 漢書食貨志一卷 漢 班固 撰 唐 顏師古 注 景唐鈔本
  • 急就篇一卷 漢 史游 撰 景小島知足仿唐石經體鈔本
  • 杜工部草堂詩箋四十卷 外集一卷 補遺十卷 傳序碑銘一卷 詩話二卷 坿年譜二卷 宋 魯訔 編次 宋 蔡夢弼 會箋 宋 黃鶴 撰補遺 宋 趙子櫟 撰年譜 景宋麻沙本補遺用高麗繙刻本
  • 碣石調幽蘭一卷 陳 丘公明 撰 景舊鈔卷子本
  • 天台山記一卷 唐 徐靈府 撰 景舊鈔卷子本
  • 太平寰宇記殘六卷 宋 樂史 撰 景宋本

この「古逸叢書」は、いまなお重宝する叢書で、影印本も出ていて便利なのですが、残念ながら、現在訪問中のミュンスター大学には蔵していません。唯一あるのが、台湾で影印された「百部叢書集成」に収める「古逸叢書」です。「百部叢書集成」は、叢書の叢書、とも呼ぶべきもので、その名の通り、重要な叢書100部を収録しています。これは、実に有益なものです。

百部叢書集成 藝文印書館 輯 民國五十三年至五十九年 臺北藝文印書館 景印本

この「百部叢書集成」には、「古逸叢書」を収めるのですが、少し問題があります。4種の書物が、あえて外されているのです。以上の「古逸叢書」子目では、それらを青色の文字で表記しています。

「「百部叢書集成」に収める他の叢書にすでに収録したものは省く」という方針のようです。たとえば、「古逸叢書」には正平本の『論語集解』が覆刻されているのですが、これについて、「百部叢書集成」は次のように断ったうえで、「古逸叢書」本の影印を省略しています。

選ばれた百部の叢書のうち、「知不足斎叢書」「古経解彙函」にいずれもこの書(『論語集解』)がある。「古逸叢書」には『集解』しかないが、「知不足斎叢書」本にはさらに『義疏』も含まれる。「古経解彙函」本は、「知不足斎叢書」本に基づく。それゆえ影印は「知不足斎叢書」に入れる。

同じ『論語集解』であっても、版が貴重であるからこそ「古逸叢書」に収められているわけです。それと内容の重なる『論語義疏』が「知不足斎叢書」にあるからといって、これを省いてよい道理はありません。重複して同じ書物を載せたくないという意向は分からなくもないのですが、これは欠陥というべきでしょう。「古逸叢書」に載せる序文や解題が省かれているのも問題です。

今回、はじめて「百部叢書集成」所収の「古逸叢書」を見て、この問題の大きさに気がつきました。