『殷契選釋』


辭條選釋の例
辭條選釋の例

甲骨文を独習しようと思い立ちました。現在、訪問学者として在籍中のミュンスター大学漢学東亜学研究所には、文字学の専門家、ウルリヒ・ウンガー教授(Professor Ulrich Unger)が、かつていらしたこともあり、甲骨・金文に関する図書も充実しています。今回、その書架から、自分の目的にかなう一冊を求めました。

速習のため、以下の条件にかなう書物が必要でした。

  • 初心者向けのもの。
  • 洋装1冊本で、厚冊でないもの。
  • 甲骨文を模写したものと、その釈読が対比してあるもの。
  • 一文字ごとの説明でなく、甲骨の文に即したもの。

探してみると、『殷契選釋』という書物が見つかりました。

『殷契選釋』游壽主編,王明閣、李連元合編,
黒龍江人民出版社,1985年

  • 凡例
  • 序言(李學勤)
  • 前言(游壽)
  • 辭條選釋(p.1-92)
  • 辭片選釋(p.93-188)
  • 字形表(p.189-270)
  • 本書所引甲骨著錄主要書目
  • 後記(王明閣)

王明閣氏の「後記」によると、李学勤氏のもとで学んだ王氏が、哈爾浜師範大学に戻って教鞭を執ることとなり、そこで初心者向けの教材として甲骨文読解の手引きを執筆しました。それが本書のもととなっているようです。王氏が始めた仕事が知られて正式に出版される運びとなり、主編に游寿氏、もう一人の編者に李連元氏を得て、完成したもの、とのことです。

まず「辭條選釋」では、400例が選ばれ、甲骨文の模写と釈読が掲載されています。私はそれまで甲骨文を学んだ経験がなかったので、自習のために釈読は欠かせません。分量が適切で、頻出の文字・文言を多く載せているので、一通り目を通すと、簡単なものが読めるようになりました。

以上の「辭條選釋」は甲骨文の短文をベタ書きにしたものですが、これを習得すると、次の「辭片選釋」に進みます。この章では、甲骨の実物に即して形と文字とが模写されており、それを読む訓練をするものです。学びやすく工夫されているように思われ、快適に進みました。これも分量は十分でした。

文字の判定に疑問のあるところ、さらに未釈読の部分などがあり、素人の眼にも瑕疵があると思えるところもありましたが、それは私のような初心者の段階ではあまり問題になりません。むしろ、個別の字の釈読にいくつか疑問を抱くことができ、引き続き研究書に当たってみたい、という願望も生まれました。

何しろ、もう30年近くも前に編まれた手引きです。専門家が本書をどのように判断なさるのか、それは分かりませんが、甲骨文の初歩を自習したいという私の目的には、大いにかなうものでした。本書を読了した翌日、さっそく楊樹達『積微居甲文説・耐林廎甲文説・卜辭瑣記・卜辭求義』(上海古籍出版社,1986年)を読み、いくつかの疑問は解決され、さらに新たな興味もわきました。

広告

『積微居甲文説』


『説文解字』に興味を持っているにも関わらず、これまで甲骨文・金文などの古文字については、まとまった勉強をしてきませんでした。先週、ふと思い立って、甲骨文を学び初め、まず一通り、初級の内容は習得したようなので、一歩進んで、楊樹達(1885-1956)の『積微居甲文説』を読んでみました。

楊樹達『積微居甲文説・耐林廎甲文説・卜辭瑣記・卜辭求義』
上海古籍出版社,1986年,「楊樹達文集」5

『積微居甲文説』の構成は、こうなっています。

卷上 說字之文(凡33篇)

  • 第1類 識字之屬(凡11篇)
  • 第2類 說義之屬(凡13篇)
  • 第3類 通讀之屬(凡6篇)
  • 第4類 說形之屬(凡3篇)

卷下 考史之文(凡20篇)

  • 第1類 人名之屬(凡7篇)
  • 第2類 國名之屬(凡5篇)
  • 第3類 水名之屬(凡2篇)
  • 第4類 祭祀之屬(凡2篇)
  • 第5類 雜考之屬(凡4篇)

あわせて53篇、1953年の自序がつけられており、1940年代以後、随時、書きためられたもののようです。上巻「說字之文」は文字自体に即した考証で、下巻「考史之文」は史実に即した考証となっています。

20世紀の初頭、殷の甲骨文の存在が知られるようになって以来、幾多の学者が研究を重ね、1940年代には、すでに相当の学説が蓄積されていたようです。楊氏のこの研究も、序文に明記されているとおり、王国維(1877-1927)、郭沫若(1892-1978)らの学説を踏まえ、独自の見解を提示したものです。

上巻「說字之文」は、いかにも小学家の面目躍如という印象で、『説文解字』に対する習熟はさすがと思いました。下巻「考史之文」では、後世の文献と比較して史実の考証が行われていますが、さらに第5類、雜考之屬「甲骨文中之四方風名與神名」では甲骨文に見える四方の風とそれを司る神の儀礼が明かされており、また「甲文中之先置賓辭」では目的語の倒置という文法現象が説明されるなど、豊富な内容を備えています。

私はかねがね、楊樹達の考証を尊敬してきましたが、如何せん古文字を知らないので、彼の著作の大部分を鑑賞できずにおりました。この機会に本書を読むことができ、大いに満足しております。今日の研究水準からすると、すでに古くなっている部分も多いかと思いますが、しかしそれでも私はここを足がかりに漢語を見てゆきたいと思っております。

思い出話を一つ。今世紀初頭のことでしたが、京都の清水寺にて、有名な白川静氏(1910-2006)のご講演をうかがったことがあります。その中で、白川氏は聴衆に向かい、「甲骨文は一週間もあれば、基礎が習得できるのですよ」とおっしゃいました。聴衆の多くは白川氏のファンらしく、そのことばを碩学一流のユーモアと受け止め、笑い声が起こりました。しかし私はその時、「これは、きっと本当のことだろうな。いつか一週間の時間を費やし、甲骨文を学んでみよう」と思ったのでした。今回、その機が到来したというわけです。もちろん、門外漢のにわか勉強にすぎませんが、読める字が増えたこともまた事実であり、そのきっかけを与えてくださった白川氏の学恩に感謝しております。

「帯」があったという証拠


「帯」は無用である」と題して、先日、このブログに一文を書きました。現行の『礼記』喪服小記に「惡筓以終喪(女性は粗末な髪飾りを着け、そのまま喪を終える)」とありますが、段玉裁は「惡筓以終喪」というのが正しく、現行本は「筓」字の下に「帶」字を脱している、と主張します。

しかし『礼記子本疏義』によると、同書の著者である皇侃(488-545)、鄭灼(514-581)らが見た『礼記』の経文には、もともと「帶」がなかったらしい、というのが、上記の文章の論点です。

読者の藤田吉秋様が、コメントをお寄せくださり、『經義述聞』巻15「齊衰惡笄」によると、王念孫は「惡筓以終喪」とするのが正しいと考えていた、とご教示くださいました(藤田様ご本人は字を足さぬのが適切とお考えである旨、申し添えます)。王氏は、賈公彦『儀礼疏』の引く「喪服小記」二条と、山井鼎『七経孟子考文』の引く「古本」「足利本」を根拠とし、そのように考えました。

そこでは、「古本」「足利本」が重要な根拠とされているのですが、この両者は、古くから日本に伝わっていた系統の本です。少し一般化して言うなら、この部分、日本の伝本は「惡筓以終喪」と作った、というわけです。気になりましたので、これを確認しておきます。

日本に伝わる『礼記』の古写本として、いくつかの本が知られていますが、いま、簡便にそれらの写真を見られないので、古写本に基づいて本文が作られたと考えられる、古活字本に当たりました。

sangfuxiaoji1
谷村文庫本『礼記』

京都大学図書館機構では、一部、善本の写真を公開しており、その中に、『礼記』の古活字本(17世紀初か)二種がありますので、それらを見ました。まず第一は、谷村文庫の本です。

  • 書名       礼記 20巻
  • 文庫名等       谷村文庫
  • 画像の有無   画像あり
  • 冊数       10
  • 年   刊(古活字版)
  • 形態事項       26.7×19.5 (cm)*帙入
  • 写刊の別       刊
  • 請求記号       1-64/ラ/2貴
  • 登録番号       RGTN:763738

そしてもう一種は、清家文庫の本です。

sangfuxiaoji2
清家文庫本『礼記』
  • 書名       礼記
  • 文庫名等       清家文庫
  • 画像の有無   画像あり
  • 冊数       10
  • 形態事項       刊
  • 写刊の別       刊
  • 請求記号       1-64/ラ/3貴
  • 登録番号       RGTN:87675

写真版をもとに比較してみたところ、少なくとも、「喪服小記」の該当部分を含む葉は、両者、同版の関係にあるようです。確かに王念孫の主張どおり、両者とも、「惡筓以終喪」と作っています。

『礼記』古活字版の本文を系統的に調べてみたわけではありませんが、わが国に古く伝えられた本の中に(おそらくは遣唐使がもたらした本の中に)、王念孫の考えたような「惡筓以終喪」と作る本があり、古活字版はその本文を受け継いでいる、とはいえそうです。

しかしその事実は、現行本同様に「惡筓以終喪」と作る本がもともとなかった、ということを意味せず、かえって南朝に伝えられた本は、現行本と同然であった、となお推測できます。これは「「帯」は無用である」に書いた通りです。

言い換えると、『礼記正義』の編者、孔穎達の見た『礼記』と、その同時代人たる『儀礼疏』の著者、賈公彦の見た『礼記』とでは、おそらく文字が異なっていたであろう、と考えられるのです。