『殷契選釋』


辭條選釋の例
辭條選釋の例

甲骨文を独習しようと思い立ちました。現在、訪問学者として在籍中のミュンスター大学漢学東亜学研究所には、文字学の専門家、ウルリヒ・ウンガー教授(Professor Ulrich Unger)が、かつていらしたこともあり、甲骨・金文に関する図書も充実しています。今回、その書架から、自分の目的にかなう一冊を求めました。

速習のため、以下の条件にかなう書物が必要でした。

  • 初心者向けのもの。
  • 洋装1冊本で、厚冊でないもの。
  • 甲骨文を模写したものと、その釈読が対比してあるもの。
  • 一文字ごとの説明でなく、甲骨の文に即したもの。

探してみると、『殷契選釋』という書物が見つかりました。

『殷契選釋』游壽主編,王明閣、李連元合編,
黒龍江人民出版社,1985年

  • 凡例
  • 序言(李學勤)
  • 前言(游壽)
  • 辭條選釋(p.1-92)
  • 辭片選釋(p.93-188)
  • 字形表(p.189-270)
  • 本書所引甲骨著錄主要書目
  • 後記(王明閣)

王明閣氏の「後記」によると、李学勤氏のもとで学んだ王氏が、哈爾浜師範大学に戻って教鞭を執ることとなり、そこで初心者向けの教材として甲骨文読解の手引きを執筆しました。それが本書のもととなっているようです。王氏が始めた仕事が知られて正式に出版される運びとなり、主編に游寿氏、もう一人の編者に李連元氏を得て、完成したもの、とのことです。

まず「辭條選釋」では、400例が選ばれ、甲骨文の模写と釈読が掲載されています。私はそれまで甲骨文を学んだ経験がなかったので、自習のために釈読は欠かせません。分量が適切で、頻出の文字・文言を多く載せているので、一通り目を通すと、簡単なものが読めるようになりました。

以上の「辭條選釋」は甲骨文の短文をベタ書きにしたものですが、これを習得すると、次の「辭片選釋」に進みます。この章では、甲骨の実物に即して形と文字とが模写されており、それを読む訓練をするものです。学びやすく工夫されているように思われ、快適に進みました。これも分量は十分でした。

文字の判定に疑問のあるところ、さらに未釈読の部分などがあり、素人の眼にも瑕疵があると思えるところもありましたが、それは私のような初心者の段階ではあまり問題になりません。むしろ、個別の字の釈読にいくつか疑問を抱くことができ、引き続き研究書に当たってみたい、という願望も生まれました。

何しろ、もう30年近くも前に編まれた手引きです。専門家が本書をどのように判断なさるのか、それは分かりませんが、甲骨文の初歩を自習したいという私の目的には、大いにかなうものでした。本書を読了した翌日、さっそく楊樹達『積微居甲文説・耐林廎甲文説・卜辭瑣記・卜辭求義』(上海古籍出版社,1986年)を読み、いくつかの疑問は解決され、さらに新たな興味もわきました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中