現代漢語と古代漢語


昨日、『古代漢語』(修訂本,商務印書館,1999年)を紹介し、同書の中に「詞義分析舉例」というセクションがあり、重要な語彙を説明している、と指摘いたしました。

「詞義分析舉例」の第一として「古今詞義不同辨析例」(同書上冊の99-122ページ)が載せられています。これは、古代漢語と現代漢語とで、ことばの意味が変化している例を取り上げて説明したもので、大いに興味を引かれました。

かねがね私は、古代漢語を学ぶには現代漢語の学習が必須であると主張しているのですが、現代漢語を基礎として古代漢語を学ぶためにも、両者の差に敏感であるべきと心得ております。現代漢語(中国語)を学びさえすれば、古代漢語(文言文)が読める、というほど、簡単ではありません。

『古代漢語』では「古今詞義不同辨析例」として、39の例を挙げています。

「愛」「謗」「幣」「斃」「兵」「池」「除」「黨」「貳」「訪」「憤」「糞」「羹」「購」「館」「國」「恨」「給」「憐」「臉」「賂」「勤」「窮」「去」「勸」「乳」「色」「售」「樹」「睡」「塘」「涕」「誣」「寫」「臭」「淫」「獄」「逐」「走」

ざっと見渡して、現代漢語と古代漢語の差、お分かりになりますか?たとえば「走」は、現代漢語では移動する、歩く意となっており、走る意が失われています。これなどは、分かりやすい例でしょう。しかし中にはよく話を聞いてみないと分からないものもあります。

「学退筆談」では、次回、これら39の例を簡単に紹介したいと思います。よろしくお付き合いください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中