『周易集解』宋刊本


田中慶太郎(1880-1951)『羽陵餘蟫』(文求堂書店、1938年)に、唐の李鼎祚『周易集解』の条があり、次にようにいいます。

支那では是書の影宋寫本は稀に傳はつてゐるが宋刊本は無い。ところが昨年神田教授が歐州旅行中、獨逸國で宋刊本を發見せられた。『書誌學』昭和十二年二月號に詳細なる同教授の論文が載せられてある。(p.10)

この宋刊『周易集解』、神田喜一郎(1897‐1984)が1936年、ドイツのベルリンにあった、プロイセン州立図書館(Preußische Staatsbibliothek)で見出したものです。

同館は現在、ベルリン州立図書館(Staatsbibliothek zu Berlin)と名を変えていますが、実はこの図書館に、その『周易集解』は存在していません。戦争に巻き込まれ、長らく行方知れずになっていたそうです。

それが近年、京都大学の高田時雄教授により再発見されました。2009年11月に中国国家図書館が開催した古文献学国際学術研討会にて、「宋刊本『周易集解』的再發現」として発表された内容です。

私はその間の事情を知らずにいたのですが、高田氏の発表を聞いた中国国家図書館の李致忠氏が「唐李鼎祚『周易集解』略考」(『文献』2010年第4期)という論文を書かれ、かえってそれによって状況を理解しました。

それによると、高田氏は2007年2月、その本の巻八・九(一冊)と巻十(一冊)、合わせて二冊を、ポーランドのクラクフにあるヤギェウォ大学のヤギェウォ図書館(Biblioteka Jagiellońska)において再発見なさったとのことです(神田氏が見た時には十巻とも揃っていたとのこと)。第二次世界大戦中の1941年以降、プロイセン州立図書館からは多くの図書が疎開させられたとのことで、この本も転変を経てクラクフに行き着いたものらしく、その経緯は高田氏が詳しく発表なさったはずです。

李氏によると、この本は南宋の嘉定五年(1212)に鮮于申が刻したもの。毛晋(1599‐1659)の旧蔵品で、後に清朝の皇帝の有に帰し円明園にあったものとのこと。ひと目、拝みたいものと思い、ミュンスター大学のミヒャエル・ヘッケルマン氏に頼んで、ヤギェウォ図書館に問い合わせてもらったところ、何とすでに電子化されて公開されてることが分かりました。

まったく驚くべき時代になったものです。ポーランドに蔵されている、毛晋の蔵書印が麗々しく捺された紛うことなき宋刊本を、じっくりとオンラインで鑑賞できるのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中