光緒刊本『東塾讀書記』


広州版『東塾読書記』
広州版『東塾読書記』

近ごろ、陳澧(ちんれい,Chen Li,1810-1882)の『東塾読書記』を読みました。有名な書物ですが、これまで通読してみたことはなかったのです。

著者の陳澧は広東番禺の人。字は蘭甫、号は東塾。道光十二年(1832)の挙人。『東塾読書記』のほか、『声律通考』『切韻考』『漢儒通義』などの著作があります。

数年前、京都大学人文科学研究所に蔵する同書、すなわち光緒年間広州刊『東塾読書記』を調べたことがあります。それを思い出しましたので、その版本の概要を載せておきます。

子部 儒家類 考訂之屬
東塾讀書記二十五卷 佚稿一卷
清 陳澧 撰   光緒中 廣州 刊本  7册
(『東塾讀書記』)原闕卷第十三第十四第十七至第二十第二十二至第二十五
京大人文研 東方 子-II-3-64

本書の巻数は25巻となっていますが、これは陳澧が目録だけ作ったものの、未完に終わった部分を含んだ巻数です。以下の巻については、本書の目録に「未成」とされています。

卷十三「西漢」/卷十四「東漢」/卷十七「晉」/卷十八「南北朝隋」/卷十九「唐五代」/卷二十「宋」/卷二十二「遼金元」/卷二十三「明」/卷二十四「國朝」/卷二十五「通論」

それを除く巻、すなわち完成された巻を以下に示します(「西漢」巻は未完ではありますが、一応、最終冊(第七冊)に収められるという、便宜的な処置になっています)。

  • 卷一「孝經」
  • 卷二「論語」
  • 卷三「孟子」(以上,第一冊)
  • 卷四「易」
  • 卷五「書」
  • 卷六「詩」(以上,第二冊)
  • 卷七「周禮」
  • 卷八「儀禮」
  • 卷九「禮記」(以上,第三冊)
  • 卷十「春秋三傳」
  • 卷十一「小學」(以上,第四冊)
  • 卷十二「諸子書」
  • 卷十五「鄭學」(以上,第五冊)
  • 卷十六「三國」
  • 卷二十一「朱子書」(以上,第六冊)
  • 卷十三「西漢」(未成,第七冊)

この光緒年間刊の広州版は、『東塾読書記』の版本としては最も古いもの。巻首には、同治十年(1871)二月の陳澧の「自述」と、それに対する門人、廖廷相(1842-1897)の案語があります。その廖氏の案語に「(光緒)八年正月二十二日、先生卒、年七十有三。所著『東塾讀書記』、得十二卷、又三卷、已刻成」と見えますので、この本は光緒八年(1882)に陳澧が逝去した後、門人の手によって出版されたものと知られます。

この書物は、考証でもメモでもなく、まるで学生に語りかけるように書かれており、実に活き活きとしています。特に礼と小学の部分の記述に感動しましたが、それはいずれ紹介することといたしましょう。
光緒刊本『東塾讀書記』 の続きを読む

「清代経学著作叢刊」


清代経学著作叢刊『礼経学』
清代経学著作叢刊『礼経学』

昨年6月、北京大学出版社から「清代経学著作叢刊」というシリーズが出ました。繁体字、横組み。子目は以下の7点です。

  • 張惠言『周易虞氏義』劉大鈞校點 2012.6
  • 焦循『雕菰樓易學』陳居淵校點 2012.6
  • 王鳴盛『尚書後案』顧寶田、劉連朋校點 2012.6
  • 凌廷堪『禮經釋例』彭林點校 2012.6
  • 曹元弼『禮經學』周洪校點 2012.6
  • 孔廣森『春秋公羊經傳通義』崔冠華校點 2012.6
  • 劉逢禄『春秋公羊經何氏釋例』鄭任釗校點 2012.6

私はこのうち、曹元弼(1867-1953)の『礼経学』を買って読んでいます。難読で知られる『儀礼』を、「明例」「要旨」「圖表」「會通」「解紛」「闕疑」「流別」という、七つの観点から解説した概説書です。

宣統版『礼経学』
宣統版『礼経学』

同書はもと宣統元年(1909)に出版されたもので(右の写真をご参照ください)、新式標点本はこれまで出版されていないと思います。

もともとの『儀礼』が難しいので、読んですらすらと分かるとまではゆきませんが、私のように学の浅い者にとっては、標点本の手軽さは、なんと言ってもありがたいものです。

まだ読み終えていませんが、この「清代経学著作叢刊」の出版をよろこび、ここに記しておきます。彭林先生の標点なさった『禮經釋例』も、ぜひ読ませてもらうつもりでいます。

平仄に着目して、古文を読む


啓功『詩文声律論稿』(中華書局,1977年)は、平仄(ひょうそく)という手がかりによって中国の詩文を読み解く著作です。唐代の近体詩や六朝後期の駢文が、平仄のルールにしばられていることは、よく知られることです。またその萌芽として、漢代の詩文などにおいてもすでに平仄が意識されていたらしく、啓功氏が賈誼「過秦論」を挙げて説明したことを、昨日、紹介しました。

六朝から唐代にかけて発達した「駢文」は平仄の調和を追求した美文ですが、平仄を過度に整えたせいもあり、唐代の中期には表現が固定化・陳腐化してきていました。そこで韓愈らが徹底的に駢文を批判し、「古文」という文体の「復活」を唱えたのです。

唐代以来の「古文」は駢文を否定した上で成り立ったわけですが、では、その「古文」では、平仄が無視されているのかどうなのか。啓功氏は、「古文」でもちゃんと平仄が意識されている、というのです。啓功氏が分析する王安石「讀孟嘗君傳」は、「古文」の代表作。その文をまずはお示ししましょう。

世皆稱孟嘗君能得士,士以故歸之,而卒賴其力,以脫於虎豹之秦。 嗟乎!孟嘗君特雞鳴狗盜之雄耳,豈足以言得士?不然。擅齊之彊,得一士焉,宜可以南面而制秦,尚何取雞鳴狗盜之力哉?雞鳴狗盜之出其門, 此士之所以不至也。

これを、啓功氏は次のように分析します。平声は朱で、仄声は青で強調します。二文字を一単位とし、それを「節」と呼び(昨日いった「小箱」)、その二文字目が平字のものを「平節」、仄字のものを「仄節」といっています。

世 皆稱 孟嘗君 能 得士, (平節/仄節。抑調)
士 以故 歸之, (仄節/節。揚調

而 卒賴 , (仄節/仄節。抑調)
以 於 虎豹 之秦。 (平節/仄節/平節。揚調)

嗟乎! (平節)
孟嘗君 特
雞鳴 狗盜 之雄 耳, (平節/仄節/平節。揚調)
豈足 以言 得士? (仄節/節/仄節。抑調

。 (平節。揚調)
齊 之彊, (平節/平節。揚調)
得一 士, (仄節/平節。揚調)
宜 可以 面 而 , (仄節/仄節/平節。揚調)
尚 取 雞鳴 狗盜 之 ? (仄節/平節/仄節/平節。揚調)
雞鳴 狗盜 出 其門, (平節/仄節/仄節/平節。揚調)
此士 之 所以 不至 也。 (仄節/仄節/仄節。すべて抑調で、断定的に言い切る)

「不然。擅齊之彊,得一士焉,宜可以南面而制秦,尚何取雞鳴狗盜之力哉?雞鳴狗盜之出其門」まではすべて揚調で興奮気味に表現し、最後の一句「此士之所以不至也」を抑調で自信をもって言い切る。こんな感じです。

皆さんも、「平仄」を意識して中国文を読んでみませんか?

『詩文声律論稿』


啓功『詩文声律論稿』を読みました。啓功氏(1912-2005)については、自伝を紹介したことがありますので、ご記憶の方もいらっしゃるかと思いますが、本書は啓功氏が中国の詩文における「平仄(ひょうそく)」の問題を取り上げた一書です。

啓功『詩文声律論稿』
中華書局,1977年

平仄といえば、多くの人が、「唐詩の作詩上の決まりごと」と理解されていると思います。もちろんそれは誤りではなく、本書『詩文声律論稿』でも、大きな紙幅を近体詩(律詩と絶句)の説明にあてています。

しかし本書の題名に「詩文」「声律」の語が含まれることからも分かるように、より一般的に中国語で書かれた韻文・散文の声律が、本書では取り上げています。詩ばかりでなく、『史記』の文章や、駢文・宋詞・元曲まで、実に広く中国文の声律が論じられているのです。

平仄というのは、もともと「決まりごと」だったわけではなく、次第に意識されるようになった音の美しさを、後の世の人が「決まりごと」としてまとめたものですから、唐代の詩より以前から平仄が存在したのは当然です。

啓功氏は、二文字を一つの単位とし、それを小箱(盒)にたとえます。二文字のうち、一文字目を箱のふた(盒蓋)に、二文字目を箱の本体(盒底)に見立てるのです。そのうち後者がより重いこともまた箱と同様で、駢文でも近体詩でも、二文字目の平仄は、互い違いにしなくてはなりません。

たとえば杜甫の詩に次の一聯が見えます。いま「盒底」だけをとりあげ、平声を赤で、仄声を青で示してみましょう。

徑 曾 客 
門 始 君 

「徑」が仄、「曾」が、「客」が仄。そして「門」が平、「始」が仄、「君」が平。互い違いに排列されています。さらには、こうして並べてみれば明らかなように、同時に「徑」が仄でその隣の「門」が平、「曾」が平でその隣の「始」が仄、「客」が仄でその隣の「君」が平となるようにも排列されているのです。

「盒底」の平仄を交互に配るという決まりが守られていることが分かります。それ以外にも各句の末字も平仄を違えねばなりません(この場合、「掃」が仄、「開」が平)。

こういうことは『唐詩概説』などにも書いてある近体詩の決まりですが、それを小箱に見立てて説いたところが愉快です。

なお、ある漢字が平声であるか、仄声(上声・去声・入声)であるかを知るためには、漢和辞典をめくればよいのですが、調べなくても、中国語の「普通話」を学習した日本人ならば、ある程度、見当がつきます。

さて、以上はむしろ常識に属する平仄の話ですが、啓功氏が強調するのは、ほとんどすべての中国文は平仄を意識して書かれているということです。賈誼の「過秦論」に人名を列記して、「有寧、徐、蘇、杜之屬為之謀,齊、周、陳、昭、樓、翟、蘇、樂之徒通,吳、孫、帶、兒、王、田、 廉、趙之朋制其兵」とあるのですが、この列記にすら、(交互というわけではありませんが)平仄が意識されているというのですから、驚きです。

平仄は近体詩だけのものではありません。

平仄の平というのは、啓功氏によれば抑揚の揚、つまり高く上がった調子。仄とは抑、つまり低くおさえた調子を表現します。この抑揚により、中国文の声律が支えられているとみるわけです。本書の末尾に書かれた啓功氏の言葉を味わい、見習いたいものです。

うまく文章を読み上げる人は、文中の思想や感情を伝えるだけでなく、声律の重要な鍵をも表現することができるものなのだ。