魏晋南北朝時代の石刻に見える漢字


数年前から、井波陵一教授をリーダーとして、京都大学人文科学研究所に蔵する拓本を読んでいます。私もその末席に連なっており、魏晋南北朝時代の石刻の拓本に親しむ機会を得てきました。

それら石刻に刻まれた漢字は、基本的に現在我々が読み書きするそれと大きく違いはしませんが、後世のように強い規範意識がはたらいていたわけでもないらしく、同じ文字についても、実にさまざまに書かれています。今では、筆画の微小な違いを味わうのも、楽しみのひとつとなっています。

南北朝時代の石刻に見える異体字を調べる工具書としては『碑別字新編』(秦公輯、文物出版社、1985年)があり、私も重宝しています。またネット上には、「拓本文字データベース」という便利な道具もあります。ボックスに文字を入れるだけで、さまざまな異体字が調べられます。

しかし同じ字であるのに、形がばらばらで、決まった「正しい」書き方がないというのは、後世の基準で律すれば、かなり無秩序で、いい加減なことにも見えます。「魏晋南北朝の石刻に見える字はいい加減だ」という見方が、研究者にもあります。

毛遠明氏「魏晉南北朝漢字的特徵及規律」(《山西大學學報(哲學社會科學版)》35-6, 2012年11月)は、そのような見方に対するひとつの反論です。この時代の石刻資料に見える漢字には、理性的に書かれた字と、非理性的に書かれた字があるが、理性的な字、まともな根拠のある字の方が多い、というのが、毛氏の考え方です。

魏晋南北朝時代は、漢代の隷書から規範的な唐代の楷書に向けて漢字が変化・定着してゆく過渡期に当たり、その展開が複雑であるのですが、複雑ではあるが、必ずしも無秩序とはいえない、というわけです。

石刻に見える「表」字の例
石刻に見える「表」字の例

たとえば、楷書で書かれている石刻の中に、たまに篆書の要素が現れていたりすることにも指摘がありました。決してでたらめに書かれたものではありません、先祖返りのようなものでしょうか。「表」の篆文は「衣」の間に「毛」を書く形ですが、まさにそのような形が石刻に見えます。この形の「表」は、先日の研究班で見かけたばかりでしたので、面白く感じられました。

上部を「山」に作る「歳」
上部を「山」に作る「歳」

また「止」の要素を「山」と書く例、反対に「山」の要素を「止」と書く例、「口」の要素を「ム」と書く例、「ム」の要素を「口」と書く例なども挙げられています。これらは、帰納的にもっとたくさん用例を引き出せると思います。時間があれば、『碑別字新編』を用いて挙例してみたいものです。

【追記】

ツイッターにてさるお方が、次の書物をすすめてくださいました。読んでみたいと思います。

  • 陸明君『魏晉南北朝碑別字研究』(文化藝術出版社 2009.1)
広告

「魏晋南北朝時代の石刻に見える漢字」への6件のフィードバック

  1. これに関しては、毛遠明先生自身の著書『漢魏六朝碑刻異体字研究』(2012、商務印書館)がありますし、『漢魏六朝碑刻異体字字典』という字典も刊行される予定だそうです。

    また、魏晋南北朝の石刻の異体字については欧昌俊、李海霞『六朝唐五代石刻俗字研究』(2004、巴蜀書社)や郭瑞『魏晋南北朝石刻文字』(2010、南方日報出版社)があります。

    また、漢から五代までの簡帛、石碑の字体をまとめた臧克和主編『漢魏六朝隋唐五代字形表』(2011、南方日報出版社)もあります。

  2. 「魏晋南北朝の石刻に見える字はいい加減だ」という考え方には、碑学派・帖学派というような、清朝の書論の影響がありそうですね。
    そもそも「正しい字」という考え方が幻だと僕は思います。

  3. 中川さま

    コメントくださいまして、ありがとうございます。楷書については、藤枝晃氏「楷書の生態」(『日本語の世界』3、「中国の漢字」、1981年)が参考になると思いますが、藤枝氏はそこで次のように書かれています。

     八世紀後半になって、この伝統的標準字体(学退注:虞世南らの字)には文字学上正しくないものが多く含まれているから、正しい字体にもどすべきであるとの運動が起こった。これが実行に移されて結局は『康煕字典』から現代の諸字典に正体とする書体に落ち着く。だから、楷書には大きく分けて八世紀以前に標準とせられていた字体と、現代の諸字典が正体とする字体との両様が存するのである。(p.311)

    顏之推は、南北朝の終わりから、俗体字をずいぶん批判しています。藤枝氏の文章にも、顔師古『顔氏字樣』、顔元孫『干祿字書』、そして顔真卿に至る顔氏が、「家学」として「楷書の正体化運動」を行った様子が描かれています。

    この流れの先にあるものとして、「開成石経」があるのでしょうが、これを見て「異体字・俗体字が多い」とぼやく人が少ないところからすると、現代人が持っている「正しい字」という観念は、かなりの部分、唐代人の考えに影響されているように思いますが、いかがでしょうか。長々と失礼いたしました。

    学退復

  4. 釈迦に説法なんで、大変恥ずかしいのですが、僕の理解している範囲で書いてみます。専門家ではないので間違いがあるかもしれません。
    さて、楷書が完成したとされるのが唐代なんで、唐代が一つの規範です。さらにそのもとは王羲之に行き当たります。
    唐代以降明代まで、王羲之~唐代の書を法帖によって書を学ぶようになります(帖学派)が、清朝になって相次いで出土した北魏の碑を評価するようになります(碑学派)。
    碑学派の言い分は、法帖は何度も重刻されていて信用できない、隷書の正統である北朝の碑を規範にすべきだというものです。
    このエントリの論争は帖学派と碑学派の考え方と似ているので面白いと思ったのです。
    『康煕字典』は、清朝考証学の考え方から『説文解字』の篆書を正しい字形として、新たに楷書を作り上げました。これは活字体の規範として現在に至ります。ここでまた新しい「正しい字」が出てきたことになります。

  5. 中川さま

    コメントくださいましたのに、お答えできずに申しわけございません。最初のコメントをいただいた時に、「どうも議論がかみ合っていないのでは?」と感じたのですが、一週間ほど考えてみまして、やはりかみ合っていないのだと思います。

    貴兄のお書きになった内容は、如何に書法を学ぶか、というポイントに着目したものであるように思いました。書を学ぶとき、王羲之をはじめとする南帖と、北魏の碑、どちらを規範とすべきか、という問題と、それをめぐる議論は、十分に興味深いものではあります。しかしそれと「魏晋南北朝の石刻に見える字はいい加減だ」という印象とは、一応、無関係のように思うのです。

    むしろ、隷書・楷書で字を書く場合、文字学上に根拠のある字を「正しい字」と認め、それを用いるべきだ、という主張に基づいて、「いい加減」「誤っている」という批判が生まれたと考えます。

    世俗では、「惡」の上部を「西」と書く、「亂」の左側を「舌」と書く、などという批判は顔之推『顔氏家訓』書証篇に見えています。おそらく意識としては、篆文に根拠のある字を隷書や楷書で書きたい、という方向だと思います。その意味では、『説文解字』こそが「正字」の意識の基礎となる書物です。

    『説文解字』の後には西晋の『字林』や梁の『玉篇』なども、「正しい字」にこだわった字書であったように想像します(慧琳『一切経音義』に「『字林』云:苾,大香也。從艸必聲」と見え、漢字の構成要素を記述したことが分かります)。唐代以降の展開も、このような「漢字の構成要素を厳密に表記すべきである」という考えの人によって支えられたのではないでしょうか。

    その意味では、写字の手本として北碑・南帖、どちらかよいか、という議論とは重なるところが少ないと思うのです。

    「正字」意識をつきつめてゆくと、かなり息苦しくなりそうで、厳しい目から見ると、北碑南帖はいうまでもなく、歐陽詢・虞世南の碑や天平写経も、「正しくない」字で満ちあふれている、ということになります。そのような不寛容な「正字意識」はあやうい、と考えて、南北朝の石刻の文字を紹介した次第です。むしろ、書道におとりくみの方は、漢字の「多様性」を認識なさり、楽しんでいらっしゃるのでは、と想像しております。

    以上、一週間かけて思ったことを述べましたが、もし論点を取り違えているところがありましたら、ぜひご指摘ください。

    学退復

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中