徐時儀校注『一切經音義三種校本合刊』


「ぶつける」という意味を表す「棖觸」という語彙につき、こだわって調べていたところ、白須裕之先生から、興味深い事実を指摘していただきました。この「棖觸」は、唐代以前には「掁觸」「摚觸」「樘觸」「撐觸」「撑觸」「㲂觸」「𢾊觸」などとも表記し、隋以前の漢訳仏典に広く見られ、唐代の玄應の『一切經音義』には、その指摘が多い、という事実です。これについては、いずれ網羅的に資料を挙げてみましょう。

この語彙を調べてあらためて思ったのですが、唐の玄應『一切經音義』と、同じく唐の慧琳『一切經音義』の二書は、中国中古のことばを知る上で絶好の資料というべきです。漢訳された仏典は、この時期の中国語を考えるための素晴らしい資料であり、そして、その仏典を語学的に解釈したこの二つの音義書が、資料的にたいへん貴重である、という意味です。

この二つの『一切經音義』、資料としてはよく知られ、利用されてきてもいたのですが、これぞという定本がなく、その出版が待たれていました。そこで登場したのが、この本です。

  • 徐時儀校注『一切經音義三種校本合刊』上海古籍出版社,2008年
  • 王華權、劉景雲編撰『一切經音義三種校本合刊索引』上海古籍出版社,2010年

この本は、前述の玄應・慧琳の『一切經音義』のほか、遼の希麟『續一切經音義』もあわせて校勘・標点を施したものであり、これまでの渇を癒してくれました。

その後、ほどなく同じ校訂者により、次の書物が出版されました。

  • 徐時儀校注『一切經音義三種校本合刊附索引(修訂版)』上海古籍出版社,2012年

この本の出版説明を見たところ、前者が品切れになり、また不備も見つかったので、そのために修訂版を出版したもののようです。内容をざっと比べてみたところ、大差は見出せませんでした(体例の不統一を修正したところはあるようですが)。もし古い版を安価に入手できるようであれば、私はそちらをおすすめします。

いずれにせよ、かなり信頼できる『一切經音義』の校本が世に問われたことは、喜ばしい限りです。

広告

「徐時儀校注『一切經音義三種校本合刊』」への4件のフィードバック

  1. 古勝 隆一先生
                            2013年6月29日
    ◎「これぞという定本がなく」。

    山田孝雄編『一切経音義索引』(東京・西東書房・大正14年)の巻末に「一切経音義刊行の顚末」(大正十一年五月二十五日・山田孝雄識)という一文が載せられています。山田博士(1873~1958)の「又識」を打ち出してみました。

    前文稿成りて森博士を東京帝室博物館なる總長室に訪ひて閲を請ひしは實に五月二十五日にてありき。かくて僅か一月餘にして博士忽ち白玉樓中に入りたまへり。本書成るあらばまさに韋編三絶の概あらしめむと樂んで期待しをられしものを、今空しく仝博士好學の記念となりしこそうたてけれ。人事の憑むべからざること殆ど夢の如きかな。筆を閣いて靜かに故人の風丰を追懷するのみ。
    大正十一年十二月一日     山田孝雄又識

    森鷗外(1862~1922)の命日は、7月9日。私も年令だけは鷗外と同じになってしまいました。「韋編三絶の概あらしめむ」の気持ちだけは持ちたい思います。

    藤田吉秋

  2. 藤田様

    お返事差し上げるのをすっかり失念しておりました。五ヶ月以上もの日時がむなしく過ぎてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。

    さて、山田孝雄編『一切経音義索引』を確認しようと思いつつ、日々の生活に紛れてその機会を得ておらず、この点につきましても情けなく存じております。これもご縁ですので、年末にはなんとか見たいと思っております。博物館長であった森鴎外ともつながる話であったとは、たいへん面白いことです。

    時節柄、ご自愛ください。ご無沙汰いたしましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

    学退復

  3. 古勝 隆一先生
                            2013年12月3日
    ◎「博物館長であった森鷗外」。
    お答え恐れ入ります。鷗外の肩書きは「帝室博物館總長」が正しいようです(昭和22年5月3日国立博物館官制の公布施行により、館長と名称が変わった)。http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000054600
    も一人、鷗外博士の恩顧を受けた大矢透博士(1851~1928)の自伝をネットからコピーしておきます。

    當時(大正八年三月)帝室博物館の總長は故森林太郎博士であつたが、非常に好學の人で、自分に對し奈良で研究した方がよいと勸められ、終に思ひ立つて奈良へ移住し、同年より大正十二年まで、足掛げ五年閒同地に居住し、專念研究に沒頭し、大震災の五日前に歸京した。
    この奈良の在住中は、正倉院の御本をはじめ、畿内各古社寺その他舊家所藏の古典を出來得るかぎり研究した。恰もよし、正倉院聖語藏の古經卷が修繕のため奈良帝室博物館内に保存せらるゝに逢ひ、森總長の好意にて、三年閒内覽研究の便宜を與へられた。このことはいまなほ自分の感謝措く能はざるところである。

    支那の反切の學問は、文字に對しては最も重要なるもので、したがつて韻鏡と共に假名の研究には須臾も離るべからざるものである。そこでこの反切の起原については、必ず魏の孫炎を稱するを常としてゐる。ところが、自分が研究の結果、李賢注後漢書和帝紀の記述から押して、後漢時代すでに説文音あることを明かにすることを得、同時に魏の孫炎の説は誤りであることもわかる。これらの詳細は拙著について知られたいが、久しく反切のはじめを魏の孫炎となし來れる唐宋以後の碩學鴻儒の確信も、一朝にして東洋における而も自分の如き老學究のために破られたといふも、奇とすべきことである。

    森鷗外「奈良五十首」
    はやぶさの 目して胡粉の 註を讀む
    大矢透が 芒なす髮

    藤田吉秋

  4. 藤田様

    お返事くださいまして、まことにありがとうございます。そうですか、当時は帝室博物館「総長」が正しい職位の名でしたか。

    大矢透氏の自伝もお示しいただき、ありがとうございました。聖語蔵の経巻を修理の間に閲覧したとは興味深いことですね。聖語蔵は、デジタル化が進行中とのことですが、実物はやはり格別だと思いますし、当時の興奮が伝わってくるかのようです。
    http://www.fujifilm.co.jp/corporate/environment/socialcontribution/shosoin/

    森鴎外の蔵書のうち、東大に鴎外文庫として蓄えられたものを、学生時代、嬉々として眺めていました。東大受け入れ後になされたらしい装丁はあまりよくありませんでしたが、鴎外旧蔵というだけで、感動していました。

    玄應音義などの音義書を国語学の専家が研究なさっていることは存じあげていたのですが、これまで、まともに読んでみたことがありません。これを機に勉強出来ればと思っております。

    学退復

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中