『経典釈文』の新標点本


『経典釈文』は南朝の経学(『老子』『荘子』を含む)を知る上で不可欠の文献であり、その意義は今さら言うまでもありません。

『経典釈文』の流布本には、徐乾学(1631-1694)の「通志堂経解」本と、盧文弨(1717-1796)の「抱経堂」本の二種があります。両者とも、宋本を影写した、明末の葉林宗の本に基づくそうです。このうち、前者の「通志堂経解」本がより広く読まれています。

中華書局ではその「通志堂経解」本を影印して、さらに黄焯(1902-1984、字は耀先、黄侃の甥)という学者の校勘記をあわせて出版しています。現状では、黄焯の校勘記を参照しつつ「通志堂経解」本を利用するのが最も便利だと思います。

  • 『經典釋文』中華書局、1983年。
  • 黄焯彙校『經典釋文彙校』中華書局、1980年。
  • 黄焯、鄭仁甲編『經典釋文索引』中華書局、1997年。

なお『経典釈文』の体例を示し先行の注釈を総括した「序録」部分については、次の文献を参照することが必須です。

  • 呉承仕『經典釋文序録疏證』中華書局、1984年。

そのほかに、清朝の学者たちが見ることのできなかった宋元逓修本『経典釈文』が清朝の内府に秘蔵されていたのですが、この本は現在、北京の国家図書館に収められており、一九八〇年代に上海古籍出版社から影印されています。できればこれも手もとに備えたいところです。

  • 『經典釋文』上海古籍出版社、1985年。

そのような認識でいたところ、昨年末、『経典釈文』の点校本が出版されました。

  • 張一弓點校『經典釋文』上海古籍出版社、2012年。

よい標点本があれば役に立つはずだと思い、一本、買い求めたのですが、この本はただ国家図書館本を底本とし、「通志堂経解」本を対校本として整理しただけのもので、がっかりしました。『経典釈文』には誤りが多く、黄焯の校勘記なしではほとんど読むに耐えません。黄焯の校勘記を反映していないこの標点本、利用の価値は低いように思います。

一例を挙げましょう。『経典釈文』毛詩音義上(通志堂本の三十四葉裏、点校本の109頁)に「枏也」を釈して「沈云:孫炎稱:荊州曰,揚州曰。重實揚州人,不聞名枏」とありますが、これは「荊州曰,揚州曰」としなければ(黄焯の引く段玉裁の説)、とうてい意味が通りません。梁の博士、沈重が「わたくしは実に揚州の者だが、揚州で(ユズリハを)枏と呼ぶなんて聞いたことがない」と言っているのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中