疏議か疏義か?


滂熹齋本『唐律疏議』
滂熹齋本『唐律疏議』

銭大群「『唐律疏議』結構及書名辨析」(『歴史研究』2000年4期)を読みました。

注釈書としての『唐律疏議』の性質を述べ、さらに書名に含まれる「疏議」という文字の当否を考証した論文です。

この『唐律疏議』と呼び習わされる書物は、『旧唐書』刑法志に「於是太尉趙國公無忌……等,參撰『律疏』,成三十卷,(永徽)四年十月奏之」とあり、また同書の経籍志に「『律疏』三十卷,長孫无忌撰」と見えるように、唐代においては『律疏』と呼ばれていました。

また、敦煌から見出された同書の残巻にも、「律疏」の題を有する本(『敦煌石室砕金』に収める徳化李氏旧蔵本)があります。この残巻は現在、杏雨書屋に蔵され、「羽020R」の番号を振られています。『敦煌秘芨』影片冊一(杏雨書屋、2009)pp.172-177を参照。

ところが宋代以降、書名が変化したようで、現在、『唐律疏議』『唐律疏義』『故唐律疏議』などの名称で知られています。中でも、『唐律疏議』の名が最も一般的と言えましょう。

銭氏が紹介するとおり、「疏議」という二文字については、すでに王重民(1903-1975)による1942年の考証があり、『敦煌古籍叙録』(中華書局、1979年、145頁)に収められています。

それによると、『唐律疏議』の多くの本は律・注・疏をあわせたものだが、「疏議曰」と標示して疏の文を示している。ところが、善本である滂熹齋本(「四部叢刊三編」に収める。宋版とも言われるが、実は元版とのこと)では、「疏議曰」の「疏」字だけを陰刻で刻み、反転させている。そこから、「疏」というのは標記にすぎず、「疏議」という熟語ではないことが分かる。また敦煌本の『律疏』は、「疏」を標示せず、直接に「議曰」と書いている。元版で、「疏議」の二字を陰刻で刻むものがあるのは誤り、とのこと。

この王氏の議論は正しいと思います。つまり、「疏議曰」の「疏議」を、二字つなげて読むのはいけません。

銭氏は王氏の議論を踏まえてさらに議論を進め、元代の柳贇が同書を『唐律疏義』と呼んだのは許容範囲内だが、後人が本文中に見えた「疏議」を書名に持ち込み、『唐律疏議』と命名したのは誤りだ、と言っています(「後代所以有《唐律疏議》名,原因只是一個:把“疏”與其下的“議曰”簡單地合成為“疏議曰”,又從而把它理解為“疏議”之書“曰”,於是就把這部書名之為“疏議”」,117頁)。

ただ、「書名として、疏義が正しく疏議は誤り」というポイントに、過度にこだわる必要はないように思います。

本文に見える「疏議曰」の「疏」が、単なる標記に過ぎないことを知っておりさえすれば、『唐律疏議』という通名を使っても特に問題ないように考えます。

また四庫全書本は、書名を『唐律疏義』とし、他の本が「疏議曰」「議曰」としている部分を、すべて「疏義曰」としています。銭氏は四庫全書本をよい本だとおっしゃっていますが、「義曰」は不適当な用字であると感ぜられます。

しかしながら、「『唐律疏議』の疏は、「議」と「問答」、二つの部分から成り立っており、両者の関係は平行並立」とする指摘などは、深く肯かれるところです。

注釈書として『唐律疏議』を見る場合、参照すべき論文であると考え、ご紹介しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中