『仏典はどう漢訳されたのか』


出版されたばかりの、船山徹『仏典はどう漢訳されたのか―スートラが経典になるとき』(岩波書店、2013年12月)を読みました。

仏教が中国にはじめて伝えられたのは、前漢時代のことであったようですが、後漢時代、二世紀ごろにもなると、いくつもの仏教経典が漢語に翻訳されるようになります。「漢訳仏典」と呼ばれるものです。本書は、翻訳文献としての漢訳仏典に焦点を合わせた、はじめての本格的な概説書です。

長い歴史を持ち、現代にも生きている漢訳仏典。葬儀や法事で僧侶があげるお経や、『般若心経』の写経などを通じ、日本人にとっても馴染み深いものです。また「縁起」「輪廻」「世界」などのことばも、すべて漢訳仏典に由来します。

そんな親しみのあるものについて、総括的な概説書がこれまでなかったことは、奇異にすら感じられるかもしれません。しかし、漢訳仏典の概説を書くためには、並外れた力量が必要で、インド・中国のみならず広く諸地域の仏教に通じ、語学的にも、サンスクリット・パーリ語などのインド語、漢語(文言文と現代漢語)、古いチベット語、さらには英語・ドイツ語などの現代のヨーロッパ諸言語を自在に操る学者でなくては、この仕事はしおおせぬことです。ようやく「其の人」が出現したのです。

インドからやって来た仏教は、漢人に大きな衝撃を与えました。それまで接触してきた「夷狄」とは明らかに異なる、押しも押されもせぬ大文明との邂逅。それは、はじめての経験でした。しかもそれが宗教であったことは、とりわけ重要です。宗教は、信念のみならず、生活や文化全般に大きなインパクトを与えるからです。

中国は、インドの宗教を如何に受け入れたのか。これが本書のテーマです。以下の構成により、翻訳としての漢訳仏典の真相が解き明かされます。

  • 第1章 漢訳という世界へのいざない―インド、そして中国へ
  • 第2章 翻訳に従事した人たち―訳経のおおまかな歴史
  • 第3章 訳はこうして作られた―漢訳作成の具体的方法と役割分担
  • 第4章 外国僧の語学力と、鳩摩羅什・玄奘の翻訳論
  • 第5章 偽作経典の出現
  • 第6章 翻訳と偽作のあいだ―経典を“編輯”する
  • 第7章 漢訳が中国語にもたらしたもの
  • 第8章 根源的だからこそ訳せないもの
  • 第9章 仏典漢訳史の意義

漢人から見れば外国人に当たる僧侶たちの活躍や、中国人による仏典「編輯」の問題、何とかして原典の意を尽くそうとする翻訳者たちの苦悩、新たな仏教語の導入により新しい色彩を与えられた中国語の様相などなど、内容は豊かで、しかもグローバル化しつつある現代社会にも通じるテーマです。

第8章「根源的だからこそ訳せないもの」は、特に興味深く読みました。たとえば、「聖」の一語をとっても、中国が如何に仏教を摂取したのかという問題や、さらにはその後、唐代にキリスト教(ネストリウス派)がやって来たときにも、仏教語の一環としての「聖」なる語が用いられた事実が提示されており、翻訳という行為の深みを感じることができます。

漢訳仏典は、そのように実に重層的に成り立っているわけです。本書は、その重層性を生み出した背景を全面的に開示したものと言えます。

インドも中国も、日本人からすれば外国のことではありますが、どちらも我々の生活や考え方と切っても切れない文化です。現代の気鋭の日本人学者により、本書が我々日本人に向けて書かれたことに、大いなる意義を感じました。

広告

史記という熟語


同じ韻部に属する二字を合わせた熟語を「畳韻語」と呼んでいます。古い漢語には、おびただしい数の畳韻語が存在しており、そのうち、「丁寧」「辟易」「芍薬」「沐浴」などの熟語は、今の日本語にも遺っているほどです。

「史記」の上古音について、王力氏は*ʃǐɘ kǐɘと推定しています。二字とも「之部第一」と呼ばれる韻部に属しています。「史記」という語は、「史官の記録」というほどの意味ですが、現在では司馬遷の著作の書名(もとは『太史公』『太史公書』といいました)として、より広く知られています。「史記」という語も、(ゆるやかに言えば)よく熟した畳韻語のひとつのようです。

『説文解字』(三篇下、史部)で「史」の字を見ると、次のように説かれています。

史,記事者也。从又持中。中,正也。

この「史,記事者也」のところを、試みに王力氏の推定する上古音で示してみましょう。

*ʃǐɘ, kǐɘ dʒǐə ȶiɑ ʎia.

「史」「記」「事」の三文字が、すべて「之部」に属することが分かります。「記事」もまた、畳韻語です。

これはおそらく偶然ではなく、『説文解字』を書いた許慎が、あえて似た音を持つ字を用いて、「史」を説明したものと考えられます。

『説文解字』では、しばしば同部の字を用いて文字の説明をおこなっています。たとえば一篇上(一部)に見える「吏,治人者也」の「吏」「治」はともに「之部第一」に属し、また三篇上(共部)に見える「共,同也」の「共」「同」はともに「東部第十」に属します。

このような文字どうしを「畳韻の関係にある」といいます。

畳韻。漢語を学ぶ上で、かなり重要な手がかりであるように思っています。

上古音を覚えたい


このところ、中国語史の概説として名高い王力『漢語史稿』(重排本、中華書局、1996年)を読み返しています。その第11章は上古音(漢代以前の漢語の音)の解説で、王氏自身の研究成果にもとづき、合計29部に韻部を分けています。

それぞれの部に、例として二字の熟語、いわゆる「畳韻語」が主として並んでおり、次のように注記されています。

これらの例は二字で連なったもので、記憶の方便のために過ぎない。すべてが連綿字というわけでもない。これらの例によって、諧声符を手がかりに多くの字の韻部を類推できよう。(pp. 74-77)

以前読んだときには目にとまらなかったのですが、つまりこれらの例は、記憶すべきもののようです。たとえば、「流求*lǐɘu gǐɘu」「憂愁*ǐɘu dʒǐɘu」はともに幽部第四、などと覚えてゆけばよいのでしょう。

例には推定音価がついていなかったので、郭錫良『漢字古音手冊』(北京大学出版社、1986年)をもとに、音を書き入れてみました(この手冊は王力氏の学説に依拠しています)。ただし、声調は省略してあります。

自分の学習用のメモであり、本来、人様にお示しするものでもないのですが、備忘のためにここに掲載しておきます。

  • 之部第一 *-ɘ

胚胎*p‘uɘ t‘ɘ 始基*ɕǐɘ kǐɘ 母子*mɘ tsǐɘ 事理*dʒǐɘ lǐɘ 鄙倍*pǐɘ bɘ 紀載*kǐɘ tsɘ 史記*ʃǐɘ kǐɘ

  • 職部第二 *-ɘk

戒備*keɘk bǐɘk 服食*bǐwɘk ȡǐɘk 惑慝*ɣuɘk t‘ɘk 崱屴*dʒɘk lǐɘk

  • 蒸部第三 *-ɘŋ

崩薨*pɘŋ xɘŋ 升登*ɕǐɘŋ tɘŋ  稱懲*ȶ‘ǐɘŋ dǐɘŋ  能勝*nɘŋ ɕǐɘŋ  冰凝*pǐɘŋ ŋǐɘŋ  鄧馮*dɘŋ bǐwɘŋ  蹭蹬*ts‘ɘŋ dɘŋ

  • 幽部第四 *-ɘu

皋陶*kɘu ʎǐɘu 綢繆*dǐɘu mǐɘu 周遭*ȶǐɘu tsɘu 蕭條*siɘu diɘu 流求*lǐɘu gǐɘu 老幼*lɘu iɘu 壽考*ʑǐɘu k‘ɘu 優游*ǐɘu ʎǐɘu 憂愁*ǐɘu dʒǐɘu 椒聊*tsǐɘu liɘu

  • 覺部第五 *-ɘuk

鞠育*kǐɘuk ʎǐɘuk 覆育*p‘ǐɘuk ʎǐɘuk 苜蓿*mǐɘuk sǐɘuk 肅穆*sǐɘuk mǐɘuk

  • 宵部第六 *-au

逍遙*sǐau ʎǐau 招搖*ȶǐau ʎǐau 號咷*ɣau dau 窈窕*iau diau 渺小*mǐau sǐau 夭矯*ǐau kǐau 嫖姚*p‘ǐau ʎǐau 驕傲*kǐau ŋau 高超*kau t‘ǐau

  • 藥部第七 *-auk

確鑿*k‘eauk dzauk 卓犖*teauk leauk 綽約* ȶǐauk ǐauk 芍藥*ʑǐauk ʎǐauk

  • 侯部第八 *-o

傴僂*ǐwo lǐwo 句漏*ko lo 侏儒*ȶǐwo ȵǐwo 須臾*sǐwo ʎǐwo

  • 屋部第九 *-ok

沐浴*mok ʎǐwok 瀆辱*dok ȵǐwok 觳觫*ɣok sok 岳麓*ŋeok lok 剝啄*peok teok

  • 東部第十 *-oŋ

童蒙*doŋ moŋ 朦朧*moŋ loŋ 崆峒*k‘oŋ doŋ 共工*gǐwoŋ koŋ 蔥蘢*ts‘oŋ loŋ 從容*ts‘ǐwoŋ ʎǐwoŋ 洶湧*xǐwoŋ ʎǐwoŋ 邦封*peoŋ pǐwoŋ

  • 魚部第十一 *-ɑ

祖父*tsɑ bǐwɑ 吾予*ŋɑ ʎǐɑ 狐兔*ɣɑ t‘ɑ 吳楚*ŋɑ tʃ‘ǐɑ 葫蘆*ɣɑ lɑ 孤寡*kɑ koɑ 租賦*tsɑ pǐwɑ 補苴*puɑ tsǐɑ 古雅*kɑ ŋeɑ 舒徐* ɕɑ zɑ 居處*kǐɑ ȶ‘ǐɑ 除去*dǐɑ k‘ǐɑ 嗚呼*ɑ xɑ

  • 鐸部第十二 *-ɑk

落魄*lɑk p‘eɑk 廓落*k‘uɑk lɑk 絡繹*lɑk ʎiɑk 赫奕*xeɑk ʎiɑk

  • 陽部第十三 *-ɑŋ

倉庚*ts‘ɑŋ keɑŋ 滄浪* ts‘ɑŋ lɑŋ 螳螂*dɑŋ lɑŋ 兄長*xiwɑŋ tǐɑŋ 卿相*k‘iɑŋ sǐɑŋ 光明*kuɑŋ miɑŋ 剛強*kɑŋ gǐɑŋ 倘佯*t‘ɑŋ ʎǐɑŋ 汪洋*uɑŋ ʎǐɑŋ 蒼茫*ts‘ɑŋ mɑŋ 彷徨*bɑŋ ɣuɑŋ 商量*ɕǐɑŋ lǐɑŋ 景象*kiɑŋ zǐɑŋ

  • 支部第十四 *-e

睥睨*p‘ie ŋie 支解*ȶǐe ke 斯此*sǐe ts‘ie 佳麗*ke lǐe

  • 錫部第十五 *-ek

蜥蜴*siek ʎǐek 辟易* bǐek ʎǐek 滴瀝*tiek liek 策畫*tʃ‘ek ɣwek

  • 耕部第十六 *-eŋ

蜻蜓*tsieŋ dieŋ 精靈*tsǐeŋ lǐeŋ 聲名*ɕǐeŋ mǐeŋ 崢嶸*dʒeŋ ɣoeŋ 丁寧*tieŋ nieŋ 娉婷*p‘ǐeŋ dieŋ 輕盈*k‘ǐeŋ ʎǐeŋ

  • 脂部第十七 *-ei

階陛*kei biei 麂麋*kǐei mǐei 次第*ts‘ǐei diei 指示*ȶǐei ȡǐei

  • 質部第十八 *-et

垤穴*diet ɣiwet 一七*ǐet ts‘ǐet 實質*ȡǐet ȶǐet 吉日*kǐet ȵǐet

  • 真部第十九 *-en

秦晉*dzǐen tsǐen 天淵*t‘ien iwen 神人*ȡǐen ȵǐen 年旬*nien zǐwen 新陳*sǐen dǐen 親信*ts‘ǐen sǐen

  • 微部第廿 *-ɘi

依稀*ǐɘi xǐɘi 徘徊*buɘi ɣuɘi 崔嵬*ts‘uɘi ŋuɘi 虺隤*xǐwɘi duɘi 悲哀*pǐɘi ɘi 瑰瑋*kuɘi ɣǐwɘi 玫瑰*muɘi kuɘi 水火*ɕǐwɘi xuɘi

  • 物部第廿一 *-ɘt

鶻突*ɣuɘt duɘt 密勿*mǐɘt mǐwɘt 鬱律*ǐwɘt lǐwɘt 畏愛*ǐwɘt ɘt

  • 文部第廿二 *-ɘn

晨昏*ʑǐɘn xuɘn 根本*kɘn puɘn 渾沌*ɣuɘn duɘn 悶損*muɘn suɘn 困頓*k‘uɘn tuɘn 逡巡*ts‘ǐwɘn zǐwɘn 紛紜*p‘ǐwɘn ɣǐwɘn 存問*dzuɘn mǐwɘn

  • 歌部第廿三 *-a

羲媧*xǐa koa 綺羅*k‘ǐa la 嵯峨*dza ŋa 蹉跎*ts‘a da 阿那*a na 羈縻*kǐa mǐa

  • 月部第廿四 *-at

豁達*xuat dat 契闊* k‘iat k‘uat 蔽芾*pǐat pǐwat 滅裂*mǐat lǐat 決絕*kiwat dzǐwat 折閱*ȶǐat ʎǐwat 雪月*sǐwat ŋǐwat

  • 寒部第廿五 *-an

丹晚*tan mǐwan 顏面*ŋean mǐan 燕雁*ian ŋean 關鍵*koan gǐan 餐飯*ts‘an bǐwan 寒暄*ɣan xǐwan 完全*ɣuan dzǐwan 片段*p‘ian duan 判斷*puan duan 簡慢*kean mean 閒散*ɣean san 團欒*duan luan 輾轉*tǐan tǐwan 攀援*p‘ean ɣǐwan 贊歎*tsan t‘an 汗漫*ɣan muan 泮喚*p‘uan xuan 燦爛*ts‘an lan 叛亂*buan luan

  • 緝部第廿六 *-ɘp

集合*dzǐɘp ɣɘp 雜沓*dzɘp dɘp 什襲*ʑǐɘp zǐɘp 執拾*ȶǐɘp ʑǐɘp

  • 侵部第廿七 *-ɘm

陰暗*ǐɘm ɘm 深沉*ɕǐɘm dǐɘm 侵尋*ts‘ǐɘm zǐɘm 浸淫*ts‘ǐɘm ʎǐɘm 衾枕*k‘ǐɘm ȶǐɘm 吟諷*ŋǐɘm pǐwɘm 降減*koɘm keɘm 隆冬*lǐɘm tuɘm

  • 葉部第廿八 *-ap

蛺蜨*kiap siap 唼喋*ts‘iap diap 躞蹀*siap diap 涉獵* ʑǐap lǐap

  • 談部第廿九 *-am

沾染*tǐam ȵǐam 瀲灩*lǐam ʎǐam 巉岩*dʒam ŋeam 纔暫*ʃeam dzam

上古音を覚えたい の続きを読む

鳳凰出版社版『説文解字注』


数年ほど前、段玉裁『説文解字注』の標点本が出版されました。『説文解字注』、上下冊、許惟賢整理、鳳凰出版社、2007年。これまでは『説文解字注』といえば、嘉慶二十年(1815)に段氏自身が刻した経韵楼本やその影印本ばかり利用してきましたが、何と言っても標点本は手軽です。

この鳳凰出版社版の『説文解字注』、かなりよい出来で、通読のためにふさわしい本と言えましょう。 この数年、我々のグループ「点注会」は、『説文解字注』を会読しており、先週、三篇下までを読み終えました。鳳凰版の標点本を時々、参照しているのですが、いくつか鳳凰版の誤りが目につきましたので、三篇下についてのみ、備忘のために記しておきます。亀甲括弧の中が段玉裁注です(適宜、省略してあります)。校誤は漢語で記します。

  • 㱾,㱾,大剛卯也,㠯逐精鬽。从殳,亥聲。(鳳凰版第215頁,經韵樓本第二十七頁)

按:「㱾改」,經均樓本亦同,然宜作「㱾攺」。『説文解字注』第三篇下,攴部云:「攺,㱾攺,大剛卯㠯逐鬼鬽也。从攴,巳聲。讀若巳」,音余止切(鳳凰版第225頁,經韵樓本第四十頁)。

  • 尋,繹理也。〔……《方言》曰:「尋,長也。海岱大野之閒曰尋,自關而西,秦晉梁益之閒凡物長謂之尋。」《周官》之法,度廣爲尋。古文《禮》假尋爲燅。《有司徹》:「乃燅尸俎。」注:「燅,温也。」古文燅皆作尋,《記》或作尋。《春秋傳》:「若可尋也,亦可寒也。」……〕(鳳凰版第216頁,經均樓本第三十頁)

按:「《周官》之法,度廣爲尋」一文,《方言》(第一)文,引號有誤,當改。

又按:「古文燅皆作尋,《記》或作尋。《春秋傳》:「若可尋也,亦可寒也。」」,此亦《儀禮・有司徹》鄭注文,當改引號。

  • 寇,暴也。〔暴當是部之曓,……。〕(鳳凰版第223頁,經韵樓本第三十七頁)

按:「本」當作「夲」。本書十篇下,夲部:「夲,進𧼈也。从大十」,音土刀切(鳳凰版第869頁,經均樓本第十五頁)。

  • 斆,覺悟也。从,尚矇也。〔下曰:「覆也。」尚童矇,故敎而覺之。此說從之意。……〕聲。(鳳凰版第226頁,經韵樓本第四十一頁)

按:「冂」字四見,均當作「冖」。本書七篇下,冖部:「冖,覆也。从一下垂也」,音莫狄切(鳳凰版第617頁,經韵樓本第三十六頁)。

又按:「臼」當作「𦥑」。本書三篇上,𦥑部:「𦥑,叉手也」,音居玉切(鳳凰版第189頁,經韵樓本第三十九頁)。

これらの誤りは、すべてメンバーの指摘によるものであり、特に白須裕之先生がお気づきになったものが多いこと、ここに明記します。 標点本は確かに便利ですが、全面的には依拠できるわけではありません。経韵楼本を主とすべきことは、今後も変わらないようです。

有文斎主人的博客


有文斎主人的博客
有文斎主人的博客

中国の大学で教鞭を執っている畏友が、「有文斎主人的博客」という興味深いブログを書いています。

漢学に関することを中心としてお書きになっていますが、この有文斎主人、どうやら本名を表に出していらっしゃらないので、ここでも名を伏せておきます(ただ、詳しくブログを読めば分かりますが)。

讀上海古籍出版社張一弓點校本《經典釋文》」と題された2013年12月4日付の記事には、私も登場していますので、漢語をお読みになる方は、ぜひご一読ください。

残念ながら、中国ではWordPressのサイトが読めないそうなので、向こうから私のブログを読んでもらうことは難しいのですが、こちらからは問題なく向こうのブログを読めます。こうして海の向こうでの有文斎主人の活躍を思うと、私にとっても大きな励みになります。

また、面白い記事があればご紹介します。

『文史通義注』


文史通義注
文史通義注

葉長青撰、張京華点校『文史通義注』 (華東師範大学出版社、歴代文史要籍注釋選刊、2012年)を購入しました。

章学誠(1738-1801)が著した『文史通義』は、経書などの中国古典をひとつの「るつぼ」に入れて煮溶かして、それを精製して創り上げた、斬新な作品であると言えます。

「六経皆史」説(「すべての経書は、もともと古代の史官の実用的な書物であった」とする説)のみが突出して有名ですが、そればかりでなく、中国古典の一大総括として読むことができる著作です。

その『文史通義』の注釈書としては、すでに葉瑛撰『文史通義校注』(中華書局、1985年)があります。それとは別に、本書、葉長青『文史通義注』が存在することは知っていたのですが、葉長青(1899-1946?)の成果はすでに葉瑛(1896-1950)の注釈に取り込まれているものと思い込んでおり、『文史通義注』を見ずに済ませていました。

ところが、本書に冠せられた張京華氏の「整理弁言」を読み、認識を一新しました。

この59ページにも及ぶ「整理弁言」に述べられたことは、重要かつ多岐にわたっており、簡単にまとめることはできませんが、特に驚いたのは、葉長青の説を葉瑛が多数、剽窃している、という指摘です。たとえば、44ページから始まる第9節には、葉長青の誤りを葉瑛がそのまま引き写している例が挙げられています。

その上、葉長青『文史通義注』は章学誠に対する独自の批判を行っており、いかにも志の高い人の書いた文章と見えます。少し目を通した印象としても、大いに読み応えのある注釈と感じられました。

となると、葉瑛『文史通義校注』のみに依拠して『文史通義』を読解するわけにはゆかず、是非とも、この葉長青『文史通義注』を読まねばならぬ道理です。

この本は、この11月に福建省のアモイを訪れた際、厦門大学校門近くの名刹、南普陀寺の向かいにある書店で見つけて購入しました。前言によると、葉長青は福建閩県の人、厦門大学の教育系を卒業後、同大学の国文系の助教、金陵大学の国文系教授、無錫国学専修学校の教授を歴任したとのこと。アモイのバスにゆられながらその前言を読み、深い縁を感じました。