孟子の時代の環境破壊


山東省淄博市の臨淄区は、かつて春秋・戦国時代の大国、斉の都、「臨淄」があったところ。

その臨淄の南には牛山という山があり、もともと樹木の生い茂る美しい山であったのが、孟子の時代にはすでに伐採され、また家畜の放牧のせいで、禿山になっていたそうです。

孟子曰:「牛山之木,嘗美矣。以其郊於大國也,斧斤伐之,可以為美乎?是其日夜之所息,雨露之所潤,非無萌蘖之生焉,牛羊又從而牧之,是以若彼濯濯也。人見其濯濯也,以為未嘗有材焉,此豈山之性也哉?雖存乎人者,豈無仁義之心哉?其所以放其良心者,亦猶斧斤之於木也。旦旦而伐之,可以為美乎?」

孟子がいわれた。「牛山は以前は樹木が鬱蒼と生い茂った美しい山であった。だが、斉の都、臨淄という大都会の郊外にあるために、大勢の人が斧や斤(まさかり)でつぎつぎと伐りたおしてしまったので、今ではもはや美しい山とはいえなくなってしまった。

しかし、夜昼となく生長する生命力と雨露のうるおす恵みとによって、芽生えや蘖(ひこばえ)が生えないわけではないが、それが生えかかると人々は牛や羊を放牧するので、片はしから食われたり踏みにじられたりしてしまい、遂にあのようにすっかりツルツルの禿山となってしまったのである。今の人はあのツルツルの禿山を見れば、昔から木材となるような樹木はなかったのだと思うだろうが、木のないのがどうして山の本性であろうか。いやいや、決して山の本性ではないのだ。

〔ただ山ばかりではない、〕人間とてもそれと同じこと。生来持って生まれた本性の中に、どうして仁義の心(良心)がないはずがあろうか。ただ、人がそういう本来の良心を放失(なく)してしまうわけは、やはりまた、斧や斤(まさかり)で木を伐るのと同じなのだ。毎日毎日、牛山の木を伐るように物慾という斧斤(おのやまさかり)が良心という木を伐り去ったなら、どうして心が美しい〔良心のある人だ〕ということができようか。 (小林勝人訳注『孟子』下冊、岩波文庫、1972年。p.244-245)

『孟子』告子篇上に見える、有名な一節です。人間の良心を山の草木になぞらえているわけですが、ただの喩え話ではなく、孟子の時代、斉の環境破壊がかなり深刻であった事実がここから分かります。材木を採るために山の木を斬り、食肉用の家畜を放牧して山を荒らすことは、孟子にとって、邪悪な、いまわしい行いであったに違いありません。

ジャレド・ダイアモンド『文明崩壊』(楡井浩一訳、草思社、2005年)には、木を斬ることから文明が滅んだ例が数多く載せられています。『孟子』のこの一節、環境史の面から読むことも可能でしょう(おそらくその試みは、すでになされていることと思います)。

孟子と同じ戦国時代の思想を反映するらしい『荘子』にも、木を斬る話が少なからず見えており、そこでも樹木を材料とのみ見なすことへの強烈な批判が見られます。たとえば人間世篇の匠石の話など。

人類が環境破壊に対して抱いた違和感。その原初のかたちが、『孟子』や『荘子』に見えるように思います。

孟子の時代の環境破壊 の続きを読む

人名と『説文解字』


陳垣『中国仏教史籍概論』巻二には、『続高僧伝』(巻十一、法侃伝)の次の文を引きます。

侃初立名,立人安品。後値內道場沙門智騫曰:「侃之為字,人口為信,又從川字。言信的也」。因從之。

法侃は、初め名前を付けたとき、人偏に品を置く形(「偘」の字)にしていた。後に内道場の沙門智騫に会った所、「侃という字は、人の口を信となし(人に口と書くのは信という意味であり)、また川の字に従う。言葉に信頼性があり明らかなことである」と言うので、これに従った。(知泉書館版、p.71)

陳垣はこの一節を根拠として、智騫という僧が小学に詳しかったことを証しています。まことに注意深い読書というべきです。

当時、南北朝時代から唐代にかけての頃、「侃」の字はしばしば「偘」とも書かれました。しかしながら、智騫は「侃」と書く方が、「偘」と書くよりもよいと考え、用字を変えることを法偘に助言した、というわけです。智騫のこの説、実は『説文解字』に拠っているのです。

侃,剛直也。从㐰,㐰,古文信;从川,取其不舍晝夜。『論語』曰:「子路侃侃如也」。(『説文解字』十一篇下、川部)

侃とは、剛直のこと。㐰に従い、㐰は「信」の古文、(さらに)川に従い、昼夜を問わずに流れることをいう。『論語』に「子路は侃侃如たり」とある。

「侃」は「㐰」(=信)と「川」とを組み合わせた「会意」の字であるから、「偘」と書いてしまってはその原義が伝わらない、と智騫は考えたのでしょう。当時、『説文解字』が実用されていたことを示す興味深い例です。

ただ、智騫が言ったという、「言信的也」の言葉はよく理解できません。「的」字は何らかの誤字なのでしょうか。

『中国仏教史籍概論』日本語版


最近、陳垣(1880-1971)の名著、『中国仏教史籍概論』(中華書局、1962年。初版の序文は1955年10月)の日本語版が出版されました。

西脇常記・村田みお訳『中国仏教史籍概論』、知泉書館、2014年1月

中国仏教史籍概論
中国仏教史籍概論

陳垣の書物を日本語に訳したものとして、かつて野口善敬氏による訳註、『訳註清初僧諍記―中国仏教の苦悩と士大夫たち』(中国書店、1989年)が刊行されました。

それに続き、本書、『中国仏教史籍概論』が日本語に訳されたわけです。陳垣の学問を敬愛する者として、陳氏の業績が日本の読者にとって身近なものとなったことを嬉しく思います。

本書は、中国仏教史にも造詣の深い陳氏が、史書としての内容を備える仏教関連書籍を解説したものです。それらの書物により史実を考証することに主眼が置かれているため、中国仏教の概説というわけではありません。

あわせて六巻、目録書や僧侶の伝記など、三十五部の書物を紹介しています。もともと戦前、陳氏が講義用に書いた原稿を、解放後に出版した著作とのこと。

  • 巻一 『出三蔵記集』/『歴代三宝記』/『開元釈教録』
  • 巻二 『高僧伝』/『続高僧伝』/『宋高僧伝』
  • 巻三 『弘明集』/『広弘明集』/『法苑珠林』/玄応『一切経音義』/慧苑『華厳経音義』
  • 巻四 慧琳『一切経音義』/希麟『続一切経音義』/『輔行記』/『景徳伝燈録』/『五燈会元』
  • 巻五 『宝林伝』/『北山録』/『伝法正宗記』/『釈門正統』/『仏祖統紀』/『法蔵砕金録』/『道院集要』
  • 巻六 『禅林僧宝伝』/『林間録』/『羅湖野録』/『仏祖通載』/『釈氏稽古略』/『神僧伝』/『大蔵一覧』/『法喜志』/『長松茹退』/『呉都法乗』/『南宋元明僧宝伝』/『現果随録』

目録学の基本書、『四庫全書総目提要』の内容を基準として、それに補正を加えるスタイルで上記の仏教関連書籍を解説しています。陳氏の考証は着実、学風は端正で、今なお輝きを失っていません。

「民国時代の優れた学術成果について、我が国の漢学は十分に吸収出来ていないのではないか」、と常々遺憾に思ってきましたが、このような名著の翻訳は、研究者へのよい刺激となるとともに、読書界の渇を癒すものでもあるに違いありません。

日本語版の「訳者あとがき」によると、西脇氏が学生諸氏とともに訳稿を作られたのを基礎とし、西脇・村田両氏があらためて訳注を検討し、統一をはかり、注記も大幅に加えて成稿を得たもの、との由。よく練られた訳文からは、陳垣の語気まで伝わるようです。この日本語版の登場を心より喜んでいます。 『中国仏教史籍概論』日本語版 の続きを読む