孟子の時代の環境破壊


山東省淄博市の臨淄区は、かつて春秋・戦国時代の大国、斉の都、「臨淄」があったところ。

その臨淄の南には牛山という山があり、もともと樹木の生い茂る美しい山であったのが、孟子の時代にはすでに伐採され、また家畜の放牧のせいで、禿山になっていたそうです。

孟子曰:「牛山之木,嘗美矣。以其郊於大國也,斧斤伐之,可以為美乎?是其日夜之所息,雨露之所潤,非無萌蘖之生焉,牛羊又從而牧之,是以若彼濯濯也。人見其濯濯也,以為未嘗有材焉,此豈山之性也哉?雖存乎人者,豈無仁義之心哉?其所以放其良心者,亦猶斧斤之於木也。旦旦而伐之,可以為美乎?」

孟子がいわれた。「牛山は以前は樹木が鬱蒼と生い茂った美しい山であった。だが、斉の都、臨淄という大都会の郊外にあるために、大勢の人が斧や斤(まさかり)でつぎつぎと伐りたおしてしまったので、今ではもはや美しい山とはいえなくなってしまった。

しかし、夜昼となく生長する生命力と雨露のうるおす恵みとによって、芽生えや蘖(ひこばえ)が生えないわけではないが、それが生えかかると人々は牛や羊を放牧するので、片はしから食われたり踏みにじられたりしてしまい、遂にあのようにすっかりツルツルの禿山となってしまったのである。今の人はあのツルツルの禿山を見れば、昔から木材となるような樹木はなかったのだと思うだろうが、木のないのがどうして山の本性であろうか。いやいや、決して山の本性ではないのだ。

〔ただ山ばかりではない、〕人間とてもそれと同じこと。生来持って生まれた本性の中に、どうして仁義の心(良心)がないはずがあろうか。ただ、人がそういう本来の良心を放失(なく)してしまうわけは、やはりまた、斧や斤(まさかり)で木を伐るのと同じなのだ。毎日毎日、牛山の木を伐るように物慾という斧斤(おのやまさかり)が良心という木を伐り去ったなら、どうして心が美しい〔良心のある人だ〕ということができようか。 (小林勝人訳注『孟子』下冊、岩波文庫、1972年。p.244-245)

『孟子』告子篇上に見える、有名な一節です。人間の良心を山の草木になぞらえているわけですが、ただの喩え話ではなく、孟子の時代、斉の環境破壊がかなり深刻であった事実がここから分かります。材木を採るために山の木を斬り、食肉用の家畜を放牧して山を荒らすことは、孟子にとって、邪悪な、いまわしい行いであったに違いありません。

ジャレド・ダイアモンド『文明崩壊』(楡井浩一訳、草思社、2005年)には、木を斬ることから文明が滅んだ例が数多く載せられています。『孟子』のこの一節、環境史の面から読むことも可能でしょう(おそらくその試みは、すでになされていることと思います)。

孟子と同じ戦国時代の思想を反映するらしい『荘子』にも、木を斬る話が少なからず見えており、そこでも樹木を材料とのみ見なすことへの強烈な批判が見られます。たとえば人間世篇の匠石の話など。

人類が環境破壊に対して抱いた違和感。その原初のかたちが、『孟子』や『荘子』に見えるように思います。

【追記】

現在、牛山の緑はすでに回復されているそうです。下記のサイトをご覧ください。そこでは、孟子が「はじめての環境保護人士(最早的环保人士)」として紹介されています。

http://www.liketrip.cn/niushan/jieshao/

牛山の緑がもどったことは、まことに慶賀すべきことですが、話はそれで終わりません。人間と環境との関わりは、人間が生存し続ける限り、いつまでも続く、根の深い問題であると思うのです。

広告

「孟子の時代の環境破壊」への2件のフィードバック

  1. 古勝 隆一先生
                  2014年3月6日
    ◎「『孟子』告子篇上に見える、有名な一節」。
    『漢語大詞典』6-P.226には、「牛山」・「牛山下涕」・「牛山木」・「牛山客」・「牛山淚」・「牛山悲」・「牛山歎」が熟語として並んでいて、僅かに一例「牛山木」の説明のみに『孟子』が引かれています。一方、「牛山下涕」を始めとする他の熟語は、ご紹介の「liketrip.cn」に引かれた「景公流涕、晏子獨笑」の話から派生したものばかりです。また唐詩にも、

    景公 一何愚
    牛山 淚相續・・・李白

    無作 牛山悲
    惻愴 淚沾臆・・・李白

    古往 今來 只如此
    牛山 何必 淚霑衣・・・杜牧

    など、「景公流涕、晏子獨笑」を典故とした作品が幾つかあります。『孟子』よりもこちらの話の方が中国人には知られたものなのでしょうか。私は『孟子』の話は存じていましたが、「景公流涕、晏子獨笑」はあらためて『列子』を参照しました。
    現在、寿命は延び(高齢化・處之不去之)、後継者は乏しく(少子化・不至於君)、人間の循環のバランスが崩れつつある、と見受けられます。
    ※『列子』力命篇第6
    晏子對曰、「使賢者常守之、則太公・桓公將常守之矣。使有勇者而常守之、則莊公・靈公將常守之矣。吾君方將被蓑笠而立乎畎畝之中、唯事之恤。行假(何暇)念死乎?則吾君又安得此位而立焉?以其迭處之迭去之、至於君也。而獨爲之流涕、是不仁也。見不仁之君、見諂諛之臣。臣見此二者、臣之所爲獨竊笑也」。
    藤田吉秋

  2. 藤田様

    コメント下さいまして、ありがとうございます。おっしゃる通り、牛山と言えば斉の景公が涙を流したところ、という方が、よく知られているようですね。『辞源』を見ても、『晏子春秋』と杜牧の詩が載っているだけでした。

    死にたくない、と言う君主を「不仁」と諫める、面白い話ですね。

    学退復

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中