「三国仏法伝通史観の功罪」


石井公成氏「三国仏法伝通史観の功罪―相互交流するアジア仏教の視点から」(増尾伸一郎、松崎哲之編『交響する東方の知―漢文文化圏の輪郭』(知のユーラシア5)、明治書院 、2014年)を拝読。「功罪」ということばを含むそのタイトルからも予想されたとおり、刺激的な文章でした。

アジアにおける仏教史の実態を見えなくさせた原因の一つは、「天竺→唐→本朝(日本)」という順序で仏教が伝わり、日本に正しく保存されているとする三国仏法伝通史観だろう。(同書、p.57)

文章はこのように始まります。仏教の日本伝来を、インドから中国へ、中国から日本へ、という直線的で一方的な図式でとらえることの危うさが、さまざまな角度から、豊富な事例に基づいて語られています。

この「三国仏法伝通史観」なる仏教観、空海の頃に芽生え、凝然(1240-1321)によって大成されたもので、凝然においては「南都仏教を中心として鎌倉時代の諸宗の正統性を強調するため、その起源を求めて釈尊までの教理的なつながりをさかのぼっておいたうえで、それを釈尊以来の系譜として示そうとしたものにほかならない」、とのこと(p.57)。

直線的な系譜を書こうとするこの種の単純化は、決して日本にのみうかがえるわけではなく、いろいろなタイプのナショナリズムとも結びつき、昔から今に至るまで存在しているとのこと。

石井氏は、そのような単純化に当てはまらない事例が、アジア仏教史に数多くあることを示し、いわゆる「三国仏法伝通史観」を突き崩しています。

興味深いのは、石井氏がその種の偏った見方を単に否定するのではなく、自分自身が特定の見方をしていることの自覚を持つよう、うながす点です。

伝通史観は、自分にとって望ましい系譜を探し求め、時に創作する試みにほかならない。われわれに必要なことは、自分が心の奥でどのような系譜を望んでいるか、それはなぜなのかを、できるだけ自覚するようつとめ、自説にとって都合の悪い事例から逃げずに真正面からむかいあい、できるだけ幅広い視点から相互影響の実態について検討し続けていくことだろう。(pp. 81-82)

自分自身に引きつけても、思い当たる節があります。物事が一方向に進むのではなく、複雑にからみあい相互に影響を与え合うこと、それが多くの局面における事態の真相であるのかもしれません。過度の単純化にあらがうことは、粘り強い精神力を要することですが、学者自身が自己を見つめ直す契機にもなりえましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中