空格ひとつ


光緒二十一年本『墨子閒詁』
光緒二十一年本『墨子閒詁』

名著として知られる、孫詒讓(1848-1908)の『墨子閒詁』。

孫氏は光緒二十一年(1895)、木活字本として本書を出版しました。この版は三百部しか印刷されず(後述する光緒三十三年の孫氏識語に「以聚珍版印成三百部」と見えます)、流布は少ない本です。

墨子閒詁十五卷 目錄一卷 附錄一卷 後語二卷
淸 孫詒讓 撰 光緒二十一年 瑞安孫氏 活字印本

ただ孫氏自身、誤りが多いことを気にしたらしく、後にあらためて木板本を作り、光緒三十三年(1907)の四月にそのための識語を書いています(宣統二年本の總目の後ろに見える)。その木板本は孫氏の亡くなった後、宣統二年(1910)になって出版されたもののようです。

ある研究会で、この光緒二十一年活字本と宣統二年整版本とを比較しました。光緒二十一年本には、たくさんの訂正があります。その多くは誤字をホワイトで消したうえで、毛筆で訂正するか、スタンプを押して訂正するか、あるいは紙を貼り付けて訂正してあります。おそらくこれらは、孫詒讓自身の指示で行われた訂正であろうと想像します。

見たところ、その訂正の結果は宣統二年本によく反映されているようでした。しかし、訂正が反映されていない部分をひとつ見つけました。それは、黄紹箕(1854-1908)の跋文中の次の一節にあります。

備城門以下二十□篇,今亡九篇。(宣統二年本による)

光緒二十一年本黄跋
光緒二十一年本黄跋

光緒二十一年本では、「二十二篇」と誤り、そのうえで下の「二」字に縦の線二本を書き加え、□の形に書き直しています。これは空格であり、光緒二十一年本の訂正のしかたを見ると、衍字を削除する記号(現在の校正でいうトルツメ)であると判断できます。

そうであるならば、改めて版を作る場合には「備城門以下二十篇」とするのが正しい道理です。宣統二年本が、「備城門以下二十□篇」と空格を残したのは小さな瑕疵でありました。

この誤りは、現在もっとも流布している新編諸子集成所収の点校本にも引き継がれています。お手もとの本を一度、ご確認ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中