『漢代婚喪礼俗考』の引書


このごろ同志社大学大学院の授業で、楊樹達(1885-1956)の著書、『漢代婚喪礼俗考』(商務印書館、1933年)を読んでおります。漢代の習俗を理解するための良い手引きですし、この際、楊樹達の書いたものをもう少し読んでおきたいという気もありました。

もちろん内容はしっかりした書物なのですが、本書の中にたくさん引用されている資料について、少しばかり問題を感じています。『漢書』『後漢書』などについては問題ないものの、それ以外の書物を引用する場合、かなり明白な「孫引き」が存在しているのです。

後漢の鄭衆の『百官六礼辞』、『婚礼謁文』(及び『婚礼謁文賛』)は、後漢時代における婚礼のあり方を伝える重要な文献でありながら、今は失われており、『通典』や『藝文類聚』『初学記』『太平御覧』などに引用された佚文を利用するしか手がありません。

楊樹達も『通典』や類書などの名を挙げて資料を並べますが、実は、直接に資料を見ていない可能性が濃厚です。楊氏の列記する資料に誤字が多いことが気になり、調べてみたところ、その誤りが厳可均(1762-1843)『全後漢文』巻二十二の誤りを踏襲するのではないか、と、思いあたりました。受講生の堀祐輔さんも資料に当たって、その推測を補強してくださいました。

『全後漢文』は、厳可均の『全上古三代秦漢三国六朝文』746巻の一部で、後漢時代の佚文を網羅的に集めた書物。そこには鄭衆の書物の佚文も集めてあるので、どうやら楊樹達はこれをそのまま拝借したようです。その際に誤字まで引き継いでしまったのでしょう。

一例を挙げると、第一章「婚姻」第二節「婚儀」に引く『婚礼謁文賛』に、『太平御覧』巻八百三十からとして、次の資料を載せます。

長命之縷,女工所為。

これは、『全後漢文』も同文ですが、現在、『太平御覧』を読む際によく利用されている四部叢刊三編本では、以下の通りとなっています(句読は私に加えたもの。以下同じ)。

長命之縷,女工所制。縫君子裳,高松為例。

「制」「例」と韻を踏み、こちらこそが完全な文であるはずで、『全後漢文』の引用は文が崩れていることが分かります。

張刻『太平御覧』
張刻『太平御覧』

ちなみに、清朝の『太平御覧』の版本はいくつかありますが、たとえば嘉慶十四年(1809)の張海鵬従善堂刊本では、以下のように作っています。

長命之縷,女工□□□□所為例。

つまり、「所」の上の四文字が闕字になっているのです。おそらく厳可均が見た本にも似たように闕字があったのでしょう。もしかすると、厳可均は張海鵬刊本そのものを見たのかもしれません。そして、苦し紛れに「女工所為」の形に仕立てた、と想像できます。

もし楊樹達が『太平御覧』を直接に見たのであれば、この闕字についての言及があってしかるべきでしょう。直接に見ていないからこそ、このような誤りが出たのです。また『婚礼謁文賛』「九子之墨」の出所を『太平御覧』巻六百二(正しくは六百五)と誤るのも、『全後漢文』の誤りの踏襲です。

楊樹達が厳可均の誤りを引き写してしまったという推測は、まず間違いありません。この種の誤りが多いところが『漢代婚喪礼俗考』の信頼性を傷つけてしまっており、これは残念なことです。『漢代婚喪礼俗考』の版を新しく作る際には、こういった誤りを是非とも修正すべきでしょう。

広告

「『漢代婚喪礼俗考』の引書」への2件のフィードバック

  1. 古勝 隆一先生
                  2014年7月10日
    ◎「長命之縷、女工所制。縫君子裳、高松爲例」。

    馬国翰氏(1794~1857)の『玉函山房輯佚書』は「『所』下缺七字」としていますから、馬氏の見た『太平御覧』は、

    長命之縷、女工所□。□□□□、□□爲例。

    となっていたのでしょうか。張刻『太平御覧』の

    長命之縷、女工□□。□□所爲例。

    とはだいぶ違います。

    馬氏は、「長命之縷、女工所製。縫衣延壽、(缺二字)爲例」とまで復元していますが、「缺二字」の「高松」を補えば、下記②の本文になると思います。

    ①長命之縷、女工所制。縫君子裳、高松爲例。
    ②長命之縷、女工所製。縫衣延壽、高松爲例。

    ①と②と、いずれが良いのでしょうか?
    楊氏の手許には、馬氏輯本も無かったのでしょうか?意外です。

    『玉函山房輯佚書』
    https://archive.org/stream/02097599.cn#page/n20/mode/2up

    藤田吉秋

    1. 藤田様

      ご指摘くださいまして、まことにありがとうございます。私の見た『太平御覧』でいうと、南海李氏 據鮑崇城校宋本重刊 光緒十八年という本が、まさに

      長命之縷,女工所□□□□□□□為例。
      http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/kanseki?record=data/FA019705/tagged/0380020.dat&back=1

      と作っていました。この光緒版のもとになった、嘉慶十二年鮑氏刊本は未見ですが、おそらく馬氏の見たのはこの本文を持つ本だと推測します。

      なお、江戸時代の安政二年に出た活字印本の『太平御覧』があり、この本では最後の三文字を「私為例」と作っており、「松」が崩れて「私」となっています。

      一口に『太平御覧』といっても、以前はいろいろな版本があったものだと認識を新たにしました。

      楊樹達は、おそらく『玉函山房輯佚書』に当たることさえもしなかったのですね。疎漏と言われてもしかたないようです。

      「縫君子裳」か「縫衣延寿」、どちらがよいかについては、継ぎ接ぎのない本文である、前者がよいと思っております。「延寿」は「高松」からの連想で出てきたことばではないのでしょうか?

      学退復

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中